ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

毎日12時更新


さて 一口にボードゲームといってもテーマは多岐にわたります。

大人も子供も楽しめなくてはいけない、

という条件がついたら、出せるボードゲームって減っちゃうような気がします。
というわけで子供とプレイしにくい(説明するのが面倒くさい)ゲームを挙げていきます。

○仮面の使者
⇒レビューがほとんどないので、どういうゲームかイマイチわかりにくいですが、パズル色の強い陣取りっぽいゲームです。
さて何が18禁かというと(それほどでもない)、やはり高級売春○が出てくるところです。←あんまり伏せていない。
子供に説明しにくいと思いますが、どうやって説明すればいいんですかね?
必要悪を教えるのって難しいです。

○ホワイトチャペル
⇒テーマが切り裂きジャックなので、設定からして説明しにくいゲームです。
まあ適当に鬼ごっことかお茶を濁してもいいんですけどね、それって教育として正しいのか逡巡します。
かといって100年以上前のロンドンに娼○の内○を取り出して○す殺人○が居たんだよ…なんて話をしても、そもそも

ロンドンってなに?

ってなるので、まあテーマが子供向けではないですな。

○ダイスシティ
⇒とてもよくできているダイスゲームだと思いますよ、街コロのパワーアップ版みたいな感じで。
しかし子供とプレイするには直接攻撃が多すぎるのが欠点です。
子供は泣いたり、怒ったりしますからね。
でも情操教育にはいいのでしょうか?
まあ攻撃なしの無難ルールでプレイすればいいんですけど‥
それだったら街コロをプレイしましょう。



 



鳥が好きなら買ってもいいんじゃないですかねー

さてウィングスパンがとうとう発売になります。
ランダムに場に出るカードでエンジンを作る、という比較的ありがちなシステムを



というテーマでコーティングしたなかなかの作品だと思います。
それにしても最近のBGGはすぐに順位が上がるのでダボハゼのようにすぐに買っていくと、あっという間に棚からボードゲームがはみ出てしまいます。

ベスト3人でプレイする環境があれば買ってもよいでしょう
 


【概要】
2人専用カードゲーム。

保安官と銀行強盗に
分かれて戦っていきます。

評価;C

面白さ(☆1〜3) ☆2
⇒基本的にはどんどんカードを
出していくゲーム(特に保安官側)
あまり考える内容ではないです。

内容物(☆有無)
☆1
⇒カードの絵は美麗です

入手(☆有無)
☆0
⇒古いゲームです。
書泉に売っていたような気もします。

合計 ☆3 


決められたターンを耐えると銀行強盗の
勝利というカードゲームです。

このターン制限が、プレイヤーに
考えさせない、兎に角ひたすら撃つ
ゲーム性にしているような気がしない
でもないです。

キャラクターカードに強さの概念が殆ど
ないため、撃たれては出てくるという
使い捨て感があります(特に銀行強盗側)。

キャラクターのカードが
1枚毎に書き込んである割には
(しかも全員設定がある!!)
使い捨て扱いになっている点は
残念ですが、

犯罪者には一分の情けも不要

という発想なのでしょう。

【プレイのコツ】
○(必須)取説でフレーバーテキストを読む
⇒全文英語、しかもすぐ死ぬキャラクター
ばかりですが、思い入れを増やすためにも
読んでおきましょう。

16人の銀行強盗全員が
別のキャラクターという時点で、
どこか力のかけ方を間違えている
感じはありますね。

○とにかく攻撃する
⇒このゲームはとりあえず手持ちのカードを
どんどん出していく感じです。
華麗なコンボもカウンティングもあまり
意味はなく、兎に角カードを出して相手を攻撃します。


大味であまり考える要素がないなぁ、

と考えがちですが、一方では初心者向けとも
言えるでしょう。

カードのデザイン自体はとても綺麗ですし。
西部劇が好きな方にはうってつけなゲームです。

ルート 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2019-08-29


勝った者が正義

さてボードゲーマーにはお口が上手な方が多いので、いたるところで舌戦が繰り広げられております。
一昔前の囲碁棋士には結構多弁な方もいて、趙治勲は雄弁な棋士の代表格といえるでしょう。

趙治勲はその著作で露骨に宇宙流を非難するあたり、

さすが闘争心の強い韓国人

と舌を巻いたものです。
囲碁の場合、同じゲームをプレイしていますから、舌戦を繰り広げても

結局強い方が正しいことを言っているよね

と納得できる点が良いですね。
その点ボードゲーマーの方々も見習うとよいでしょう。

ということでボードゲーマー同士で言い合いになったら是非プレイしてほしい、実力勝負なボードゲームをあげてみます。

①囲碁、将棋、チェスなどの伝統アブストラクト
→ガチンコ対決が期待できます

②ワードバスケット
→口が達者な方が勝ちますね

偏見


③おっぱいおしりサンシャイン
→カードのエロさで主義主張の違いも忘れそうですね 

ボードゲーマーならボードゲーマー同士、つまらないロジックではなく実力で勝負したいものです。

 

タルギ 完全日本語版
コザイク(cosaic)
2013-10-01

サンダーストーン 拡張セット4「ソーンウッドの猛襲」 完全日本語版








アークライト
2012-12-08

こちらは駿河屋だと5700円買い取りなので、転売したら2000円くらい儲かりますね。
交通費と手間がかかりますが‥‥‥



オレが若え頃はよお、ナンパしたレコと一晩中トワイライトストラグルしたもんだ

さて東京03の動画ばかり見ていても時間が過ぎていくだけですから、おすすめ2人プレイボードゲームを挙げていきます。


2人でプレイできる転売不要な入手しやすいゲームを挙げていきます。

○世界の七不思議デュエル
→カードをツリー状に並べて取っていくだけの簡単ルールに深い駆け引きを与えた要因はやはり軍事力でしょう。
これは図書館でナンパした勉強ができそうな大学生と是非プレイしたいゲームですね(ゲス)




○指輪物語対決
→プロのゲームデザイナーが作ると、キャラクターゲームはこうなります、という神ゲームです。
クニチーのベスト2人専用ゲームに挙げられることも少なくありません。
一方で原作を知らないとどうしようもないところがあります。
これは映画館でナンパした映画マニアっぽい高校生と是非プレイしたいですね(ゲス)



 

○グランドオーストリアホテル
→複数人対応ですが、実質2人専用でしょう。なぜなら要素を詰め込みすぎているので複数人プレイでは待ち時間が長すぎる、他プレイヤーによる揺らぎでさらにゲームがカオス化する=運要素が高くなりすぎる、という欠点を包含しているからです。
一方で2人であればちょうどよいインタラクション、基本ソロプレイでも考えることが多い、ということでまさにヘラクレスなゲームです(ほぼ神ってことです)
これはレストランでナンパしたウェイトレスと是非プレイしたいですね(ゲス)


 

↑このページのトップヘ