ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

毎日12時更新

40080321 - Lotto A



オススメはダンボールで髑髏と薔薇をDIYすることです。
形が違うからバレる?

バレるからいいんじゃないです!!

子供の注意力を育てるには気づきが大切です。
しかし注意力は自分で身につけるものだと思います。

気がつけば勝てるようになる

この感覚を覚えさせるにはDIYが一番だと思います。
またDIYだと、多少乱暴に扱っても気を揉まなくて良いのでいいですね。



40080451 - Fetti A
❶最後のタイルを取るのは真ん中が奇数種類なら最初に取った方
❷序盤は失点よりも盤面埋めを重視
❸減点は0以下にならないので、序盤の大量失点は可能
❹一番やってはいけないのは4個、5個並べる列を1ターンで並べ切らない
❺相手に失点させるよりも自分の盤面埋めを優先させた方が良い場合もある
❻終了トリガーは自分でひく
❼縦揃え・全色揃えを終了までに最低でも一つずつ達成する
❽全色揃えした場合はすぐに終了させる

アズール 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2018-02-24



 

40080625 - Piombo
TF3=サンダーフォース3

メガドライブミニW
セガゲームス
2019-09-19


D3S_2456 - Dumont A


いつも目にするけど何故か話題にならない「気になるボードゲーム」略して

きにボド 

今回はイノベーションについて取り上げます。

イノベーション紹介はこちら

世間でも数少ない

ボロカスにレビューしても誰も嫌な気分にならないゲーム

じゃないでしょうか?
しかしBGGだとほどほどに高い順位です。

さてどちらの評価が正しいのでしょうか?


【外観】
一見すると文明発展系ゲームの知的な雰囲気を醸し出しています。
これがゲーム内容との乖離の始まりです。

【コンポーネント】
さて肝心の中身ですが、実体は(ほぼ)カードのみという潔さです。
しかし同じカードは1枚も無いので、次はどんなカードが出るか?楽しみになります

【ゲーム内容】
実際にプレイしてみましょう。
このゲームは1の時代(原始時代)から10の時代(現代)までのカードをプレイし、文明を発展させていくゲームです。

5種類の属性があり、それぞれのジャンル毎にカードを発展させ、各時代を制圧することで勝利を目指します。
最大の特徴は複雑な勝利条件と、特殊な日本語、そして

”人類の歴史は戦争の歴史だ!!"

という作者のメッセージが伝わってくるような攻撃性です。

しかし実際にプレイしてみると時代が進む度に凄まじいインフレが起きるため、一方的に攻撃される事は稀です。やったらやり返される、ということですね。

【拡張性】
さて拡張はいくつか出ていますが、日本語化されているエコーズに触れましょう。
なんか追加されているカードが妙に庶民的だったりします。
タイプライターとかカラオケとかMP3とか

ジミヘンとか

火薬と人工知能と核分裂とジミヘンが同じ土俵で競い合うって、ちょっと凄くないですか?
こんなカオスなゲームは他に無いですし、それで(多少破綻しているが)ゲームの体裁を成しているところが凄いです

そしてタイトルがイノベーションなんて気取ったタイトル名なので、中身を誤解されやすいのかも?
「スーパー文明大戦〜アインシュタインとナポレオンがカラオケで対決したら核分裂してドリー爆誕!?」とかにした方がわかりやすいと思います

評価が低い理由はプレイ回数の少なさだとおもいます。
4人でプレイしたら、全カードの1/4しか自分でプレイしません。
このゲームは同じカードは1枚だけなので、全容を把握しないまま評価しているのでしょう。
またカードの巡り合わせが悪かった場合も評価が下がります。
これはRAと同じです。

熱い展開としては

原始から中世にかけて一方的に攻撃されていたのに、なんとか耐えていたら近代で逆転勝利

とかでしょう。

それも人類の歴史ということです。


 

40060415 - Goya y Lucientes A
老害ゲーマーの週末


メガドライブミニW
セガゲームス
2019-09-19

↑このページのトップヘ