ボードゲームを買っていると、この絵は損しているな~と思うことがよくありますよね。

というわけで、箱絵で損をしているランキングをまとめました


【1位】プリンセスワンダー
⇒内容はアラカルトなので、お得だと思います。
萌え全開の絵なので、手に取るオタクは少ないでしょう。


【2位】アクアスフィア
⇒全てオープン情報でプレイする硬いゲーム性です。
しかし箱絵は似つかわしくない軽いタッチでゲーム内容を勘違いさせそうです。

【3位】アビス
⇒濃いクリーチャーのドアップ正面図を箱一面に描いた意欲的な一品。
5種類あっても、全てクリーチャーという点が替り映えしません。
豪のアビス、萌えのプリンセスワンダーといったところでしょうか。
もちろん、ゲーム内容を全く想像できないので、損をしています。

まあこれらの作品はやっちまった感もありますが、どれもゲーム内容は面白いので、目をつぶってあげるとよいでしょう。