追い続けることに疲れた……

ボードゲームのブームは昨今のSNSによる情報発信と密接にリンクしている。
ボードゲーマーをつないでいるのはSNSで、不特定多数のプレイヤー同士、出会うことができるようになった。

それに伴い情報もどんどん入ってくる。
1000人いれば1000タイトルのオススメボードゲームが流れてくる。

ボードゲームは(特に日本では入手しにくいから)入手することに快感を覚える。
私もそうだった。

しかし今は情報を集めること、あるいは情報が耳に入ってくることに疲れてしまった。

私もとっくに人生の折り返し地点を過ぎている。
このままどんどんボードゲームを増やしていっても、全く上達しないまま人生が終わってしまう。

せめて買ったボードゲームは町内会で一番強い、くらいにはやり込みたい、と思うのがボードゲーマーの心理ではないだろうか?

1個極めるのに100回プレイしたとして、200時間。
50個極めるのには10、000時間かかるのだ。

というわけで、これからは手元にあるゲームを大切に攻略しつつ情報を発信していければ幸せな気がする