これ、いるのか……

さて、今年度の拡張で一番の目玉といえば、やはり宝石の煌き 都市でしょう。
ルールはメーカーのHPを見てもイマイチよくわかりませんが、とりあえず発売しました。
しかしこれだけシンプルな拡張が約5000円です。

簡単にいえば

完全日本語版GWT(ルールブックは不完全)とほぼ同額

という拡張です(すっごく大雑把な認識)。

そこで、実際テストプレイできそうな拡張は城塞(城塞駒でカード予約のようなことができる)くらいしかないので、さっそく試してみました。

【城塞の簡単なルール(HP直訳)】
カードを購入するたびにカードに自分の城塞を置くか、除去できる。
3個城塞があると連続買いできる。

さて、実際テストプレイ(2人プレイ)するとそこまでインフレ化するか?と言われると全くしません。
というのも連続買いが難しいからです。相手の城塞を除去できるので、どちらかといえば邪魔しあうと連続買いなど発生しない気がします。
そして英語版のルールには買うとあったのですが、これは勿論無料ではない、という認識でいいんですよね??
ここら辺が曖昧ですが、まあ仮に無料だとしたら、万難を廃して止めにかかるので、やっぱりあまりプレイ感がかわらないんですけど、これ入れる意味ありますかね?

3人プレイなら影響がありそうですけど、なんかキングメーカー問題がモロに出そうで、無駄にヘイト値を貯めそうなんですけど、どうなんですかね??トップ目を潰すのに城塞を使うと、漁夫の理とか普通にありそうですね。やっぱりお仕事を強要されるんでしょうか??そうなると、せっかく初心者向けのゲームだったのにいきなり出すハードルが上がりますね。

これなら、完全日本語版グレートウェスタントレイル(ルールブックは不完全)をおススメしたいところです。





 ↑

よくみたらグレートウェスタントレイルは完全日本語版ではなく、日本語版です。
これはルールブックの和訳が不完全であることをきちんと開示しているいい商品ですね、さすがアークライトです!!



しつこい