ボクはいーぐるすを応援するよ(鳥つながりで)!!

いよいよ、NFL2017もスーパーボウルだけとなりました。
カンファレンスファイナルの結果と合わせて、スーパーボウルの大局観を考えてみます。
まずは、JAX 対 NEです。

JAXは明らかに自滅でしたね、勝てる試合を落としたんで、勿体無い感じがしました。
特に追いつかれ始めてからのオフェンスのコールが微妙すぎで、なぜ残り5分でパスを投げて、時計を止める選択をしたのか?と小一時間半ほど問い詰めたくなります。

一方でNEはWRアメンドラの大活躍がありましたが、それまでに様々なトリックプレイを行っていたので、やっぱりキツイ試合だったんだと思います。グロンカウスキーの負傷退場も痛かったのですが、JAXにランプレイでかなり時間を使われていたので、最後までわからない良い試合でした。

JAXの敗因は?と言われると、必死さがないプレイコールでしょう。
前半残り1分近くあったのに、攻撃を丸ごと放棄して後半を迎えてしまいました。

確かに4点差があり、その前のJAXのディフェンスが良くなかったので、そのような選択もあるかもしれません。
しかし負けたら終わりのプレイオフ、しかも相手は絶対王者のNEにそのような甘いコールで勝てるだろうか?と思うわけです。仮に前半最後のプレイでフィールドゴールを入れていれば、多少楽な展開もありえたかもしれません。結局JAXはディフェンスこそNE相手でもある程度機能していましたが、オフェンスはランプレイという強みを生かしきれなかったという印象でした。

一方でNEは序盤に4thダウンギャンブルをするなど、プレイオフらしいリスクの高いコールを行いつつも、微妙に点差が離された中盤でも我慢してパントをする、というところが忍耐強かったですね。
こういう試合をされると、NEは絶対王者なんですけど、応援したくなってしまいます。


次にMIN VS PHI です。
こちらの試合は前半で勝負ありだったかもしれません。
後半まるまる残っていましたが、後半最初のドライブでタッチダウンを取られてしまった時点でちょっと緊張の糸が切れてましたね。

もともとMINはディフェンスが素晴らしい(リーグ1位)チームですが、17点をオフェンスだけで返す力は持っていません。点の取り合いを望んでいないチームが無理に点を取りにいけばターンオーバーを多発するのもやむなし、といった感じでしょう。

後半こそPHIのQBフォールズの出来は最高でしたが、前半はそこまで良くありませんでした。明暗を分けたのは守備の出来です。
どちらのチームも良いディフェンスでしたが、MINのディフェンスはツメが甘くタックルミスも何回かありましたが、PHIは序盤にインターセプトしたり、MINのロングドライブをターンオーバーしたり、要所にビックプレイがありましたので、その差が前半の点差になり、後半の大量得点につながったと思います。

【スーパーボウル2017展望】

さてPHIとNEですが、PHIディフェンスの調子が良いので、おそらくNEは(ターンオーバーがなければ)17点くらい取るのが限界かなぁ?という気がします。特にPHIディフェンスのフロント7は強力なので、JAX戦同様、リスクの高いオフェンスコールをしなければ容易に点を取ることはできないでしょう。

となってくるとスーパーボウルの鍵を握るのは、PHIのQBフォールズの出来とランプレイによる時間の消費だと思います。

カンファレンスファイナルこそ良いレーティングを残したフォールズですが、前半は危ないプレイもありました。
(恐らくそんなことはないと思いますが)PHIがフォールズのパス中心で攻めるようなことになれば、自滅する可能性もあります。PHIがアジャイとブラントのラン中心で攻めると、NEはかなり苦しい戦いになると思います。二人共に実力は充分(ブラントは昨年までNEですし)ですから、スクリーンパスを含めたランプレイが成功するようだとPHIに時間を使われて僅差で負ける、ということも考えられます。

現時点では戦力的にはややPHIに分がありそうですが(特にディフェンスの仕上がりが良い)、JAX対NEのカンファレンスファイナルのような良いゲームになりそうで楽しみです。