いつの間にかフェードアウトされたようですわ

さて昨年発売され、瞬殺でしたにもかかわらず、話題に全くならなかった宝石のきらめき拡張がリリースされます。




シンプルイズベストな宝石の煌きに多少複雑な要素が加わる

という拡張です(すっごく大雑把な認識)。

これは良し悪しだなぁ〜という感じです。

実際テストプレイできそうな拡張は城塞(城塞駒でカード予約のようなことができる)くらいしかないので、時間があるときに試してみるといいでしょう。

【城塞】
脳内でシミュレートしてみると、今までは無駄なカードを買わなかったけど、カードを買うことで予約(のようなこと)ができるようになるので、多少ゲーム速度が上がる、という感じでしょうか。
全体的にインフレ化する傾向の拡張が多いですね。
じゃあそれがいいか?と言われると、宝石の煌きに、そのような複雑さは求められていないような気もします。

例えば特殊能力バリバリの東洋カードが入ると仮定すると、インストしている最中に

「じゃあ追加するカードを全部説明してください」とか

「じゃあ僕にだけカードを見せてください」とか

「(無言でカードを漁る)」になり

インストに時間がかかってしまいます。

5分でインスト、15分のサクサクプレイ、しかもカード運があるので、素人でも勝てる可能性がある枠として唯一無二の存在だった宝石の煌き(スプレンダー)が、どこにでもある中途半端な拡大再生産になってしまった、のかもしれませんが、まぁ発売されて一年もたつのに

「ゲーマーにはマストハブの拡張」とか

「ゲーマーには必須の拡張」とか

「持っていて問題ない」とか

出てくるかとおもいきや

”そもそも感想が全くでないくらいプレイされていない”

というオチだった時点で、

”とりあえずシンプル系だったら、アズールをプレイしていればいいや、拡大再生産じゃないけど”

となったのかもしれません。
まあ、そんなアズールも、もう話題になりませんが笑
ちょっとボードゲームのトレンドがすぐに変わってしまうので、ついていけないですね…