誰でもプレイ可!!

さてフルーツジュースというボードゲームがアークライトから日本語化されました。
ぱっとみた感じは普通のワーカープレイスですが、中身がレガシーシステムということで、まあ単にどんどん新しいアクションカードが出てくるだけ、とも言えます。でもランダムに切ったカードが出てくるイノベーションは雑とか言われて、順番に出てくるとレガシーシステムになる、っていうのもへんな感じですよね。
イノベーション好きとしては、是非レガシーシステムを導入したいところです(それって単なる積みこみじゃないですか?)
ところでレガシーって聞くといつもこの曲を思い出します。




ボードゲームの話に戻ります。

フルーツジュースはフリーゼの「ボードゲーマーよ、もっと何度も同じゲームをプレイしよう」というアンチテーゼじゃぁないか?と思うわけです。
504は似たコンセプトで見事にコケたわけですけど、今回はうまくいったようですね。

まあゲーム内容が子供向けワーカープレイスなので、レガシーシステムを搭載しなくても子供はなんども遊びたがるんじゃない?とか思うわけですが、楽しければ問題はないわけで、BGGで600位ですからこれはもうマストバイというしかないでしょう。




 
最近アークライトの作品はすぐ品切れになってしまうので、手に入れたい方は早めに買うと良いです。
ただアークライトの場合、品切れは一時的なものですので、時間が経てばいずれ入荷されます。

というわけで、待っている間は気長にマンションオブマッドネスでもプレイすれば良いのではないでしょうか?