ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

2016年03月

そろそろ桜も咲くころになりました。
というわけで、花見にもって行きたいゲームを挙げていきます。

〇ドブル
⇒The 誰でもプレイできるゲーム。
2枚のカードに描かれている共通の絵を指摘するだけの簡単なお仕事ですが、色々なプレイ方法があります。
場所をとらないことも重要な要素です。

〇戦国時代
⇒誰でもプレイできるダイスゲーム。 
和風な雰囲気と桜がよくフィットします。
サイコロをなくさないように上手く振るのが大人の流儀でしょう。

〇5本のきゅうり
⇒The 誰でもプレイできるカードゲーム。
きゅうりトークンをなくしそうなら、枝豆をきゅうりかわりにプレイすればよいでしょう。
カードがよごれないようにこまめに手を拭くのが大人の流儀です。
緑とピンクがアンバランスながらも美しいコントラストを生み出すことでしょう。 

〇ドミノ
⇒簡単ルールで誰でもプレイできる数字合わせです。
ドミノの利点は、酒で濡らされても牌なので拭けばよい、ということでしょう。
プラスチックのほうが重宝します。
今春こそドミノのルールを覚えて、宴会部長を奪取しましょう!!

まあ自分がプレイしたいゲームを持っていくといいんじゃないでしょうか、私はブルームーンレジェンドあたりを持っていきたいですね。 

【特殊能力】
インストール時に1クレジット得る(1回)
⇒クレジットを稼ぐ手段が少ないコーポにはうれしい能力ですが、1クレジット。


【資財】
〇アドニスキャンペーン
⇒クレジット12を置き、ターン最初に3もらえる
かなり強力ですが、4クレジット必要なので、2回以上使用できないと赤字になります。

〇攻撃的秘書
⇒アドバンストークン1つと2クレジットにつき、プログラムをひとつトラッシュできる
こちらもかなり強力です。
ジンテキで罠の代わりに入れてもいいような気がします。
アドバンスしないと能力が使えないので、気をつけましょう。

【任務】
〇人造労働者
⇒4クレジットで2クリック
クレジット効率がよくありませんが、コンボで使用します。
慢性的にクレジットが不足しがちなコーポなので、使える場面は限られそうですが、2クリック増えると色々できそうです。

〇ミラーモーフからの出荷
⇒手札から3枚インストールできる(インストールコストはかかる)
一気に場にカードを出せます。

【アイス】
〇ヘイムダル、イチ、ヴィクター1.0
⇒プログラムを破棄したり、ブレインダメージを与えることができる反面、クリックでサブルーチンを解除できる脆さがあります。
ランナーはできるだけクリック(手数)を残した状態でランするほうがよいでしょう。

〇ロトターレット(セントリー)
⇒ プログラムを1つトラッシュできます。
数少ないまともな性能のアイスです。

流れとしてはアドニスキャンペーンでクレジットを稼ぎ、強力なアイスで計画書を守り得点化する、ということでしょう。
初めてプレイするには使いやすいカードがそろっています。
 

シェイパーの基本戦略をまとめました。

【特徴】
〇プログラムかハードウェアのコストを1下げる
⇒プログラムとハードウェアをどんどんインストールする戦法、ということですか…

【イベント】
〇ディーゼル
⇒3枚カードを引く
ランの前に使用したいレッドブル 

〇修繕
⇒アイスにバリア、セントリー、コードゲートの属性を与える
アイスブレイカーの対象にする、ということでしょう。
修繕⇒各種アイスブレイカーがコンボ、ということになりますね。

〇創造物の目
⇒R&Dへのランを行い、成功すると2枚追加でアクセスできる。
2クレジットの割には強い?
序盤に使うと成功率が上がりそうですが、クレジットを貯めるのが大変そうです。

【プログラム】
◯アイスブレイカー各種
➡一通りのパターンのアイスブレイカーがあります。

◯マグヌス・オプス
➡1クリック2クレジットになる
このゲームではお金がないとなにもできないので、重要です。
ハードウェア2を使うので、ハードウェアを増強しないとアイスブレイカーをインストールできなくなる可能性があります。

◯ネットシールド
⇒ダメージを1減らす。
前述マグヌス・オプスをインストールすると、ネットシールドまでインストールする余裕はないかもしれません(ハードウェアは初期だと4)
手札次第といったところでしょうか

〇ラビットホール
⇒リンク強度+1、追加でラビットホールを引ける
リンク強度ってデッキによっては重要なんですが、コーポのデッキによって異なります。
タグされないコーポのデッキだとあまり意味ないです。
しかし一部のカードはタグから強いので、入れておいて良いでしょう。

プログラムをインストールしやすい反面、お金が溜まりにくかったり、コーポを妨害する方法に乏しい印象があります。
そういった意味で初心者に向いていると思います。
 

最終戦はリアルでみることができませんでしたが、結果だけみると僅差だったみたいですね。
途中は白がよく見えるんですが、結果3、4目差ならば挽回したんでしょうか。
もちろんプロは1目を争うような世界だから完敗なのかもしれませんけど。
だんだん人間同士の試合のように見えてくるのは気のせいでしょうか…

これからアルファ碁が打った手を解析するプロ棋士がいるかどうか知りませんが、今回の対局を通じて更に人間が打つ手も深まればよいですね。
そしてイ・セドルが更に上手くなって人間相手敵なしになっていたら面白いです。
 

囲碁がここまで話題になることは世界的にないかもしれませんが、この瞬間を見ることができただけで幸せでした。
私も時間を見つけて棋譜を並べてみたいです。まあ素人が並べても、得られるものはないかもしれませんが…

すっかり忘れていた共通カード編です。

共通カードは文明固有カードより能力は低いですが、ひく枚数が多いので重要です。

【オススメカード】
〇入植者
⇒固有カードの建物コストを木に換えることができます。
かなり強いカードなので、相手が建てたら破壊します。

〇勝利点稼ぐカード
⇒全84枚中、30枚以上あります。
資源を変換するカードを入手できたら積極的に建てましょう。
また建築時に勝利点を稼ぐカードは建てる時期により有効度が異なります。
文章をよく読んで使用します。

〇オススメ略奪資源
⇒食料を略奪できるカードで略奪⇒貿易収入は序盤だとかなり強力です。
積極的に使っていきましょう。

意外と相手に建てられると面倒なカードもあります。
ローマ以外は貿易収入などを有効活用して剣を複数手に入れて破壊しましょう。

また共通カードの建築コストは木で払うことが多いので、もし共通カードを積極的に建てる方針であれば木を入手する手段を確保しておくとよいでしょう。
 

ブルームーンレジェンドの種族ヴァルカで特徴的なカードをピックアップしていきます。

【特徴】
〇火の攻撃力が一番高い

〇ドラゴン魅了

【キャラクターカード】
〇スコーチ、フレームブレス
⇒攻撃力が6以上で高いです。
このカードを出すときは勝ちたいです。

〇エンバー、シンダー
⇒相手のカードを制限したり、捨てさせます。
攻撃力が低いので、単体で勝つのは厳しいです。
消耗戦になってから最後に使いましょう

【サポートカード】
〇恐怖の亡霊
⇒追加で1体ドラゴンを引き寄せる。
使いどころが肝要です。

【リーダーシップカード】
〇ドラゴン魅了
⇒火8を捨てるとドラゴン1体を引き寄せられる強カード。
使いどころは最後が良いでしょうか。
リーダーシップカードなので、使った後に戦闘で引き寄せることも可能です。

〇魔術召喚
⇒アクティブなカードを手札に戻します。
強いキャラクターカードを戻すのが良いでしょうか。


キャラクターカードが火の精霊みたいです。
カード性能自体はかなり高いので初心者向けです。
適当にカードを出していても強いです。

しかしただ強いカードを出しているだけだと息切れするので、ある程度カードをためることも重要になってくるでしょう。

ブルームーンレジェンドの種族ホークスで特徴的なカードをピックアップしていきます。

【特徴】
〇平均的な攻撃力

〇手札に戻るサポート、ブースターカード

〇地味な嫌がらせカード

【キャラクターカード】
〇ベセニター
⇒撤退した場合、相手がドラゴンを引き寄せられない。

一手相手を無駄にさせることができます。
勝負手が来そうなときに先んじて置いておく感じです。
ボクシングでいうところのクリンチです。

〇サロガカナス
⇒手札を2枚捨てさせる。
すぐに使っても効果的ですが…

〇レダミカナス
⇒追加で1体ドラゴンを引き寄せる。
攻撃力が2/2で弱いので、前述サロガカナスとコンボで使いたい気がします。

〇ティルコメダス
⇒相手にサポート、ブースターカードを使用できないようにします。
得意の嫌がらせですね。
レフェリーが見えないところで腕を押さえる感じでしょうか。

〇野心の鷹ハンク
⇒フリット族と保護アイコンキャラクタ以外無視できるという強キャラです。
使いどころが肝要です。

【ブースター】
〇ブーメラン
⇒手札に戻ってきます。
ホークスはブースターが少ないので重要です。

【サポート】
〇誘導ミサイル
⇒手札に戻ってきます。
重要カードです。

【リーダーシップ】
〇頭脳流出
⇒相手のターンに1枚しかカードをプレイできなくする。
実質サポート、ブースターカードを使用できなくするので、レダミカナスとコンボで使用するんですかね?
サポートカードも必要そうですが…


キャラクターカードが爺さん婆さんばかりの、現在の日本を象徴するようなデッキです。
カード性能自体はオーソドックスですので、基本ルールを理解するにはうってつけです。

しかし見た目どおり老獪なプレイが必要になるので、うまく扱えるようになるにはそれなりの経験が必要そうです。
撤退するところはあっさり撤退しつつ、相手の思惑を外すようにしましょう。




いやーすごかったですね、第4戦。
どう見ても負け寸前から粘り勝ちするあたりが、さすがイ・セドル、といったところでしょう。
私は15時過ぎから出かけちゃいましたし、何がおきるかわかりませんね、碁は。

中盤にあそこまで有利な場面でいきなりアルファ碁の手がちぐはぐになった理由はなんですかね?
厚みがいきなり薄くなると評価しきれない、ということでしょうか?
それよりもイ・セドルの割り込みが凄い手で対応できなかったということでしょうか?
並みの棋士だったら盤面真っ黒で、投了してもおかしくない場面で、本当に凄いと思います。

これまで完全無欠のように見えたアルファ碁だったので終わり方はあっけなかったです。
事実中盤まで地合では圧勝に見えました。
序盤が強すぎて中盤不利になることが無く、挽回する手まで学習していないから?
そして悪あがきの手があまり悪あがきになっていないのも学習していない手ということでしょう。

バグっぽい勝ち方のように見えますが、これでいいと思います。
知能対決なので、勝てばいい。


第5戦が火曜日なので、休めないんですが見たかった…

アルファ碁VSイ・セドルの第3戦を見ていたんですが、解説の高尾さんによると途中で大石取れたのにソッポで大場にいったみたいですね。

なんだかレベルが違いすぎてかわいそうになりましたね。
でも5戦まで契約しているみたいなので、続けるんでしょうね。
そうそう、井山さんは十段初戦取ったみたいです。

さて囲碁の話はここまでで、 ブルームーンレジェンドの話です。

ブルームーンレジェンド
2人専用のカードゲームです。

【こんな人におすすめ】
・TCGをやりたいけど、なかなか相手が見つからない

・いまさらやるにしても金も時間もかかるし…

・初心者でもすぐにできるのがいいな~

・濃い絵に耐性がある

ブルームーンレジェンドは9種族から好きな種族デッキを選び戦うカードゲームです。
ルールは簡単で、カードに付いている火か大地の数字比べをするだけ。
そして数字比べの結果をドラゴンでやり取りし、最終的に手元にドラゴンの多いほうが勝ちとなります。
誰でもプレイできますね。
またカード枚数も30枚なので、すぐに終わります。

このゲームの素晴らしいところは
①ルールがTCGと比べて簡単、でもしっかりとした駆け引きが存在する
⇒数字の大小を比較するだけなので、誰でもできますね。
そして相手の手を読む必要があります。

②手札の回転が早く、カードマネジメントに苦労しにくい
⇒カードゲームは多かれ少なかれカードマネジメントに苦慮します。
特にTCGはデッキの回転が重要な要素になります。
ブルームーンレジェンドでは手札がどんどん補充されるので、カードマネジメントが比較的楽なので、勝負に没頭できます。

【プレイのコツ】
〇まずは基本デッキでやってみよう
⇒初心者相手には重要です

〇何回かやってみよう
⇒初心者が魅力に気づくまでやります

〇相手を気持ちよくさせるプレイを心がけよう
⇒華麗なコンボを決められて喜ぶ相手はいません。
ご機嫌取りプレイに徹することも重要です

絵のテイストがかなり濃いので、その点は全く女性向けではありません。
しかし面白さと簡易さの両立具合は、2人専用ゲームでもトップクラスでしょう。

ここまで簡単で奥が深いのに、1箱ですむカードゲームはあまりないです。
アンドロイドネットランナーも素晴らしいゲームですが、初心者にはこちらのほうがいいかもしれません。

 

圧倒的な強さのアルファ碁ですが、将棋ソフトと全く異なるアプローチ、つまり人工知能が自分で対局を繰り返し強くなっていくという点が興味深いです。

つまり人間に理解不能な手を連発するアルファ碁のロジックはブラックボックスのままで、囲碁のゲーム性は全く解明されていない、寧ろ人間が積み重ねていた知識はあくまで人間が打ちやすくするための知識に過ぎなかったということです。

アルファ碁の教えてくれたこと
○定石の途中で相手の様子を見るのは有効➡人間でもうまい人はやる

○車の後押しっぽい悪手らしき手を打ってもイセドルに勝てる

○相手の地を固めるような五線のカタツキを打ってもイセドルに勝てる

○適当な?布石でもイセドルに勝てる

○一見悪手で何故勝てるか?は人間には理解できないし、アルファ碁は教えてくれない


結論
➡囲碁には人間が理解できない手がまだ存在するゲームです。 

もはや勝ち負けはどうでも良くて、純粋にアルファ碁が打つ手をみたくなります。
もちろん人間が打っても扱いきれない手なんですが、囲碁の深淵を見せてくれているようで楽しいです。


藤沢秀行(プロ棋士)が、

囲碁のすべてを100として自分は5か6くらいしか知らない

という言葉を残していますが、

案外、真理なのかもしれません。 

↑このページのトップヘ