ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

2016年12月


太陽神

さて正月といえばやっぱりカルタ…ではなくボードゲームでみんなで楽しむのがいいんじゃないでしょうか?

〇ドブル
⇒カルタの代わりにドブルはいかがでしょうか?

〇ダイスシティ
⇒すごろくのかわりにダイスシティで運試しはどうでしょうか?
もちろん逃げゾンビでも可でしょう。

〇 CV
⇒一生の計は元旦にあり?
というわけで別の人生を歩んでみるのはいかがでしょうか 

〇デウス
⇒正月はやっぱり神だのみがいいですよ、ええ、神にお祈りをします
高い?じゃあRAが良いでしょう。

さてもうすぐ正月ですがこれらはとても入手しやすい作品です。
大掃除が終わったらヨドバシカメラに凸しましょう
 
 


寄せはありますけどねぇ…

将棋やチェス、囲碁をプレイしないボードゲーマーにとっては最善手という言葉は違和感がないと思います。
普通に使いますよね。

最善手を探して長考した

でも最善手ってなんですかね。
客観的な正解のことですか?
それとも最も効率的な手ですか?

最善手は

プレイヤーが考えた最も良い(効率的とは限らない)と思われる手

のことです。

決して、問題と対になる正解ではありません。
というか寄せや死活(囲碁の場合)でない限り、正解なんてありませんからね、将棋も囲碁もチェスも。

プロであれば全てが見えているように思えるかもしれませんが、そんなことはありません。
読みの深いプレイヤーは幾らでもいますが、彼らは訓練なり経験なり才能なりで、正解っぽいと思える手を取捨選択しているわけで、最善手だと思い込んではいるでしょうけど、正解など考えていないでしょう。
まあ日本人は受験勉強中心の詰め込み型の教育のせいか、なんにでも答えがあると考えがちですが、あんまり答えがある問題ばかりじゃないですよね、現実では。


さて日本の教育問題に深くメスを入れたところで(どこがぁ?)最善手に話を戻します。

最善手を探して長考した

というのは優柔不断な人間の言い訳にしか聞こえません。
まぁ私は優柔不断な人間なんで長考してしまうわけですが(オイ)

来年の目標は長考(を極力)しない人間になることです。

プロ棋士はこんな風に考えている、というのがわかりやすいのが入神です。
こちらは竹本健治が書いた漫画です。
小説家が書いた漫画なので絵は下手ですが、かなり面白い内容です。
ヒカルの碁では碁の中身には殆ど触れていませんが、こちらは中身にバッチリ触れているので
「あ~碁ってのはこういうゲームなのか!!」
というのがわかるのでおオススメです。
それに1巻で終わるのもいいですね。



 ↑
買えると思ったら品切れでした…というか入荷するんですかね…
待てない方は中古で買うと良いでしょう

 


ギリギリセーフな夫婦

さて最近のBGG上位(100位くらいまで)の傾向を見るとアメリカンなゲームが増えているようです。

〇フィギュア山盛り
〇スターウォーズ大好き
〇カードが多くてバランスってなに?ハンバーガーに合うの? 

そして2000位くらいまではよく見るゲームがチラホラ出てくるのですが、さすがに3000位を超えると…

リリースされたばかりだけど話題にならない最新作や一昔前の話題にならなかったゲームが出てくるのです。

3000位を超えているゲームの特徴としては

〇どこか一昔前のユーロっぽい内容、あるいはリメイク作品

〇リリースされたのが最近すぎて、話題に上らないからいずれエッセンで8ユーロで売られるんじゃない?といった宿命を背負っている

〇それDIYできない?ってコンポーネント

みたいな感じのが多い気がします。
コストパフォーマンスは悪いけどコレクターの心は満足させる、みたいな感じでしょうか?

というわけで、えっ?これが3000位以下?というゲームを挙げていきます。

〇コンプレット(4500位くらい)
⇒木片のみのシンプルすぎる中身が外国人には受けないみたいですよ。
日本人はたまにシンプルなゲームにはまりますよね、リカーーーリングみたいな


〇チャオチャオ(4800位くらい)
⇒かなり低い順位ですが、上手くうそをつくだけなので、納得の順位です。
つまらないかといえば、ここまでつまらなくはないかなぁ?という気もします。
まあ面子に大いに依存しますね。

〇ヘラス(4900位くらい)
⇒2016エッセン最新作も話題にならなければこんなもんです。
内容が一昔前ユーロ(良く言うならピュアユーロだっけ?)なのでマニア以外買う必要はないってことでいいですよね。
個人的には陣取りっぽいのは「囲碁」「砂漠を越えて」「メキシカ」「チグリスユーフラテス」「ハチエンダ」があれば十分なんじゃないかと思ったり思わなかったりしとります…

〇枯山水(5500位くらい)
⇒クールジャパンの代表作(多分違う)




BGGを賢く使って、ボードゲームライフをエンジョイしたいものです


おおらかな心を持つ

不特定多数が触るボードゲームを綺麗に維持するっていうのは、物理法則に反しているのでドダイ無理な話です。
ちょっと最近の日本人(?)って無料サービスを当たり前に享受しすぎていて、当たり前の料金を払うだけで過大サービスを要求しすぎじゃないですかね?

直ぐに苦情、直ぐに文句、直ぐにSNS、お客様は神様です、って意識高い系が多すぎる気がします。
自分ができないことを人に要求するのはどうなんでしょうか?

麻雀牌や碁石、チェスのコマなら綺麗にできます。
でも木のコマは無理でしょ、いくら掃除しても物理的に無理ってもんですわ。
だいたいボードゲームっていつから消耗品じゃなくなったんでしょうか?
遊び倒したら普通汚れると思います。
というわけで、これは綺麗に使うの無理っていうボードゲームを挙げていきます。

○コンプレット
⇒プラスチックの練牌ならまだしも、木ですからね。
手垢もつくし、掃除してどうにかなるもんじゃないでしょう。
諦めて買ってください。
あるいはDIYでもいいと思います。

○フンギ
⇒カードを広げるので、傷むような気がします

○花札、ドミノ
⇒この手のゲームは傷みやすいので、完全に消耗品だと思います。


 


あやとりでもして、気分を紛らわせる

何故ボードゲームマニアはプエルトリコで初心者相手に勝ってしまうのでしょうか?
この光景は囲碁界でも見られますので、ここで一句

白江七段
初心者をボコボコにして
満面の笑み (字余り

引退すると八段になるんですね

さてプエルトリコのようにランダム要素のないゲームは初心者が上級者に勝つことは絶対にありません。
恐らく初心者でも直ぐに気がつくでしょう。
そこで上級者が勝っても

ハイハイ勝ちました、勝ちました

くらいにしかなりません。
何も関係は広がりません。

「上手く負けて相手を気持ちよくすること」が、恋愛もといボードゲームの鉄則だと思うのですが、いかがでしょうか?

まあそんなことが分かっていれば、孤独に生きずに済むと思うのですが…




まずは(自分が)落ち着こう

Q.こんにちは、僕は36歳の会社員です。
このあいだオープン会で長考されました。
しかも人がプレイしている間スマホをいじっているくせにです。
説教しようかとも思いましたが、モヒカンだったのでやめました。
僕はどうすればよかったのでしょうか?

Ans.それは相手に恵まれなかったな、オープン会だとよくある光景だな。
そんなときはチェスクロックを持参して使用するのがよいだろう。
相手に強制するのではなく自分用に使うんだ。
かっこよくチェスクロックを使っている姿に女はイチコロ(死語)だな

…チェスクロックのかっこいい使い方がわからない?
だったら「ボビーフィッシャーを探して」という映画を見て勉強するといいぞ。

 


Ans.マウンテンサイクル@実家から発掘する

ひさしぶりに24時間勤務したあとに書泉@神田神保町にいったんです。
でもあんまり買おうって気にならないわけですよ。

品揃えはもちろん申し分ないわけですが、なんていうのかなぁ…

「金さえ払えばいつでも揃えられるな」

って思うと、すぐに買わなくてもいいかって思っちゃいます。

一瞬ルナやダンジョンロード(アニバーサリーボックス)に心動かされるわけですが買っても天袋直行じゃあねえ~、って躊躇してしてしまいます。
それにルナは別にトラヤヌスがあれば満足だし、ダンジョンロードは和訳面倒だし、2人プレイだと潜在能力発揮できなさそうだし。
大体、妻がダンジョン作成に嬉々とする姿を想像することは難しいし。

そんな時は実家のマウンテンサイクルに発掘に行きたくなります。
なんでこんなの買ったの?みたいなものを見つけてちょっと後悔したりするのはどうでしょうか?

〇トロールハラ
⇒トロールとヴァルハラをかけているのでしょうけど、どちらも日本人にはなじみがないのが最大の欠点。
というか箱だけでかいんで、妻の目を盗んで持ち込むのは至難の技だと思いますが…

〇アースリボーン
⇒箱でかいその2。
こんなの持ち込んだら2秒でバレます。
フィギュアだけでも持ち帰って塗装しようかなぁ…

〇メイジウォーズ
⇒「話せばわかる」「問答無用」というやり取りをするまでもなく、妻とメイジウォーズをプレイするのは、かなり先になりそうです。
大体ブルームーンレジェンドで苦戦していますからね…


 


脳がリラックスすることが大切

半年くらいまえに録画していたキラーストレスという番組を見ました。
これがなかなか面白くて、ストレスを感じると脳が壊される、というお話です。
脳が壊されて不活性化すると、うつ病になったりあるいは治りが悪くなったりするということです。

ストレスの耐性は個人差が大きく、脳の性質によります。
暴力的な言葉を聞いたとき、ストレスに弱い人はすぐに前頭葉?のあたりが反応するんですが、ストレスに強い人間は反応しない、ということが実験で証明していました。

脳の性質、ということは生まれ持ったものということですね。
これは鍛えようがない体質です。
私はすぐに「豆腐メンタルが!!」とか、厳しい言葉を使いがちでしたが、猛省しました。

ストレスに強い人間が弱い人間に「なんでそんなこと気にするの?」というのは
野球選手が一般人に「なんで100マイルのボールが投げられないの? 」というのに似ていて意味がないことです。
体質的に無理なわけですから。

ストレスに弱い人間にとって、直接攻撃のあるゲームはつらかったんですね。 
というわけで、相手のストレス耐性を勘案した上でゲームを選ぼうと心に誓いました。




ちなみにストレスに弱い人間は、ヨガに似たリラックス法や気分転換を取り入れることである程度耐性(というか緩和?)をつけることができるみたいなので、調べてみると良いです。

というわけで直接攻撃がないゲームをあげてみました。

〇秦
⇒マイルドなチグユー。なるほど、これくらいのヌルさの方が好きという人もいるかもしれません。
シトラスも薦めたいところですが、入手しにくいので、こちらが良いでしょう。

〇サンクトペテルブルク第2版
⇒拡大再生産。
カードを先に買われたりしますが、これくらいならどうってことはない?

〇ウォルナットグローブ開拓史
⇒雰囲気からして、攻撃性のかけらもありません。
プレイフェイズの秋以外インタラクションがないのはご愛嬌。

〇タルギ
⇒グループSNEは拡張と一緒に本体も再生産しないですかね?
NPCとして盗賊が出てきますが、いいアイデアです。
悪役をNPCが引き受けるのでプレイヤー間はいざこざが生まれません。

 


クリスマスはアイスケーキを食べる

せっかくのクリスマス(イブ)なのにオープン会?
ちょっとは普段と違うことがしたくないですか、というわけでクリスマスの雰囲気にピッタリなゲームを挙げていきます。

○テラミスティカで拡張を入れてイエティを使う
⇒ 冬の雰囲気が満点すぎます。
問題は相手を見つけることでしょうか?

○数エーカーの雪
⇒タイトルに雪がついてますし(適当)

○ホワイトチャペル
⇒タイトルにホワイトってついてますし(適当)

○チケットトゥライドノルディック
⇒サンタが箱絵になっています。
そういえば最近小売りで見かけませんね…

そのほかには白いコマがあればどうにでもなりそうです(適当) 


 


屋外人生ゲームはあり?

大半のボードゲーマーは
「趣味はボードゲームです」
「えっ、人生ゲームみたいなの?」
「いや、そういうのじゃなくて、ドイツの…」
「ふーん、そうなんだすごいね(棒読み)」

みたいな経験をしているので、人生ゲームが嫌いなんでしょう。
そもそもボードゲームって言葉が大雑把過ぎて、自己紹介に向きません。

人生ゲームも囲碁も将棋もチェスもエルグランデもトワイライトストラグルもアクアスフィアもオーディンの祝祭も…まあつまり板の上でプレイすればボードゲームですよ。
最近ではカードゲームも含めますし。

野球を好きな人が自己紹介で「僕は球技が好きです」なんていわないでしょ。
具体的にいわないと伝わらないし、短時間でいえないなら合同コンパの場では言わないほうがよいのです。

そして人生ゲームがテーマの番組ならば、タカラトミーの担当者を呼べば解決するのに…かなり怪しい?商売人を呼んだりするもんだから、もう祭りなわけですよ。
でもそれって流行の炎上商法にまんまと引っかかっているわけで、

ボードゲーマーってピュアな人間が多いんだなぁ~

と関心してしまいます。
なんとなく思ったのですが、このシチュエーションは公開質問状と似ていますね。
でもこういう場合は、取り上げられた者が勝つので、無視が一番って囲碁をプレイしていて習いませんでした?
相手をかまうと相手の石を強くするので、無視するのが一番の場合も多いんですよ。

さて人生ゲームの話です。
案の定テレビで取り上げられた直後に、

「人生ゲームはありませんが、〇〇〇個の他のゲームがあります!!」
「村の人生というゲームがあります」
「日本人よ、これがポーランドの人生ゲームだ!!(といってCVを出す)」

という謎のアピールメッセージが乱舞しました。

でもラーメン屋にきてカレーを食べる人は少ないわけで、人生ゲームの話をします。
アマゾンで調べてみると、人生ゲームにも色々な種類があるわけです。



まあ人生ゲームにどうのこうの言うのは、ハッキリいって意味ないんですよ。
ゲームにはコミュニケーションという側面もありますから。

「なんだよ、石油王になっちゃったよ~」
「なんで、いいじゃん。お金持ちなんだし~」
「お金で幸せは買えないだろ!!」
「そんなことないわ、お金があれば大概のことは目を瞑ってられるし…」
「そうやって真実から目をそらしていると、本当の愛も見失うかもしれないぜ」
「(ポッ…)……バカ……」

とかなるかもしれませんし、ならないかもしれません。
それにルーレットを回す、という行為自体が楽しいという話もあります。

コミュニケーションの側面を理解しないで罵詈雑言浴びせるのは

「ボードゲームをプレイする人ってやっぱり気難しい性格なんだろうなぁ」

と思われるからやめたほうがいいです。
あとお金の計算は得意になるらしいので、ボ育てにはいいんじゃないでしょうか?(適当)

まあ店舗には限られたスペースしかないわけですから、人生ゲームは家電量販店か通販で買うとよいです。

↑このページのトップヘ