ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

2018年03月


俺はやりこまない主義だからね、何度もやると飽きるし

このような言い訳を使うのは社会的な地位が高い人間が多いみたいです。
中間管理職の僕や私が、負けることはないと思っている人たちに負けることにプライドが許さないのでしょう。
でも安心して下さい


所詮はゲームですから



ゲームはどこまでいってもゲームで、それ以上でもそれ以下でもない。
「ボ育て」なんて言葉がありますが、ゲームはどこまでいってゲームであり、教育ではないのです。

高尚とされるチェス、囲碁、将棋でも同じです。
いくらグランドマスターが凄くても、結局はチェスが強いだけなのです。 
将棋の名人も囲碁の棋聖もそう。
勿論目標に到達するための、過程の努力は絶賛に値しますが、ゲームはゲームです。


【飽きることは生活を守るための安全弁】
そういえば日本昔はなしで「万年寺のつり鐘」という、囲碁が好きすぎる和尚が堕落していく話があります。
まあボードゲームのやりすぎで、堕落することも稀かもしれませんが、過ぎたるはなお及ばざるがごとしということもあります。
そう言う意味で飽きることは、現実に引き戻すための安全弁ともいえるでしょう。


 


人生を体験できるところですかね(あと多額の借金をしても現実の社会と違い、問題ないところとか?)

さて、ボードゲームというコンテンツの良いところを挙げてみることにします。

①説明書を読むだけで、時間が潰せる

②戦術を研究するだけで、時間が潰せる

③PDCAサイクルをまわす練習になる

④コレクション性

ここら辺ですかね?





お外でボードゲーム!!そしてモヤる!!!

3人以上でボードゲームをプレイすると結構モヤモヤする手を打たれるよね、という当たり前だけど常に議論になる話です。
相手のトンチンカンな手のおかげで自分が不利益を被ったらなおさらです。
これを解決するには

レベルの合った相手とプレイする

くらいしかありません。

であればあえて3人以上でプレイする必要ないじゃん、というハナシですね。
というわけで、2人プレイの長所をあげていきます。

①相手の悪手は歓迎!!
→自分の得になります

②悪手を指摘しやすい
→2人しかいませんからね

③勝てなくなったら投了すればよい
→時間のムダになりません。

2人プレイもアリだと思います



 


毎年ドブルっていってもなぁ……

さてお花見シーズン到来です。
というわけで、今年花見にもって行きたいボードゲームをまとめました。

○ピット
→チンチンならすので、目立ちます!!
内容は酔っ払い向けです(ウソ)

○ウミガメの島
→そこの酔っ払い、ヘ○ヘ○禁止!! 

○チャオチャオ
→酔っ払いには最適なブラフゲーですね。

○ 砂漠を越えて
→月の~さばくを~、と酔っ払いが歌えますね(古い)

本当はタケノコとか桜のピンクに映えると思うのですが、ちょっとパーツが細かいのでオススメできません。
砂漠を越えては?大したゲームではないので、なくしても痛くないんじゃないでしょうか(ヒドい) 


ギリギリカレーは「カレーが食べたくなりますね、そいじゃまた〜」は自然な感想。

最近のボードゲームは、一昔まえのユーロゲームと異なり、1回のプレイではルールを理解することすら難しいゲームが多いです。
ましてシステムを解析するにはかなり時間がかかります。

これはプレイヤー間のインタラクションを軽減しているかわりに、プレイヤーにシステムへの理解を強要しているためで、つまり「プレイヤーVSプレイヤー」ではなく、「プレイヤーVSシステム」となっているからです。

そして結果として、プレイヤーVSシステムとしてのゲームスコアを出してお互いに競いあう、いわゆる一人プレイでハイスコアを競っているシューティングゲームに近いと思います。 

ガイアプロジェクトはシステム理解型ゲームの極北ですから、1回だけプレイしてその結果が低いから評価が低い、と言われても

ふーん、この人は初めてのゲームはうまくプレイできないんだ、でもそれってみんなそうじゃない?

という当たり前な結論しか出てきません。
端的にいうと不毛です。

というわけで、せっかくガイアプロジェクトのことを調べるのであればBGGで調べるのが一番手っ取り早いと思います。BGGで調べてみると、最近は各種族ごとで闊達な議論がされているようです。

皆さんも一回失敗こいたくらいで落ち込まず、ガイアプロジェクト楽しんでください。

そいじゃまた〜





 


高さかぁ〜

なんか久しぶりに見たSASUKEはおもしろすぎます。
実況アナがうっとおしいのですけど、それもまたよし!!

そして最近のSASUKEは選手がみんな横を走って応援するんですね。
700kgの鉄板を落として骨折した山田氏までケンケン飛びで走らせるTBSは過剰演出だと思います
しかし!なによりも!!興味深いのは!!!

山田勝己の比較的薄いコメントのテロップがやたらと仰々しい

これ面白すぎます。
テロップ大きすぎでしょ。
中身ストレートすぎるでしょ。

これはボードゲームに例えるなら、内容は薄っぺらいのにコンポーネントにこだわったパトロネージュみたいですね。まあパトロネージュよりはいいですよ、TVはタダですからね。

でも、なんだかんだで見ていると、ちょっと羨ましい気持ちになります。
ボードゲーマーにもメビウスゲーム大会やすごろくやのプロパガンダ的な大会ではなく、みんなで健闘を讃えあうような個人参加の大会があるといいなぁ〜と思いました。




 

村の人生 日本語版








やんわり邪魔をするくらい?

まあ相手の邪魔をしつつも、自分の意思を盤面に反映することを主題としたアブストラクトはいいと思うんですよ、囲碁とか将棋とかチェスとか。

でも相手を邪魔するばかりのゲームだと、ひねくれた人間になるんじゃないか?と不安になるわけです。
まあ多少ひねくれていたほうが人生は楽しいのかもしれませんが(オイ)

というわけで、相手の邪魔をしにくいゲームを考えてみました。

○コンコルディア(少人数)
⇨広いマップを使うとお互いに別々の道に行くことができます。

○村の人生
⇨やれることがいろいろあるので、市場以外は取り合いになりません

○グラスロード
⇨カードの種類が多いので序盤をバッティングさせるのは難しいです。







この世界には1500年前から再販しつづけるアグリコラとルアーブルというタイトルがあってな……

さて、4月にアグリコラとルアーブルが再販になりますね




個人的にはどちらも重ゲー入門には良いと思います、特にルアーブルは。
アグリコラはカードサプライによってプレイングが異なるので、覚えることも多くて大変ですけど、ルアーブルは建物を覚えれば、どうにでもなりますからね。えっ、面倒ですか?

重ゲーをルール通りにプレイするこは誰でもできることですが、はっきりとしたヴィジョンをもってプレイすることは結構大変なんです。

ボードゲームって、プレイしたタイトル数ばかり気にするコレクターが多いですけど、あんまり意味ないです。
プレイするだけなら時間があれば誰にでもできること。それ自体にはあまり価値はなくて、いかにして盤面に自分の意思を反映したか?が重要だと思います。
別に負けたっていいじゃないですか、財産を没収されたり、殺されたり、ニートにジョブチェンジするわけじゃないですから(極端)

せっかく自分でプレイするのであれば、意志を反映することが楽しい。
プレイしたタイトル数だけ競っても中身がなければ、虚しさしか残りません。

そして、プレイタイトル数を自慢するコレクターを重ゲーで粉砕してこそ、真のボードゲーマーでしょう。
返り討ちにあったら?それは「運」のせいにするしかありませんね(ルアーブルで運?)
 


終わることのない闘争……

わざわざ「シャワー浴びてから来てください」って、どんな方が集まるんですかね?
よくわかりませんが……っていうか風呂って普通毎日入るものなんじゃないですか……
例えば合同コンパで「制汗対策よろしく!!」なんて言ったこともないし、言われたこともナイヨ……

と思っていたのですが、そういえば私も、結婚する前は毎日風呂入ってない気がします。
例えば飲み会で疲れている時はそのまま寝ていましたね。
今は強制的に入浴させられますが。

ということはボードゲーマーの中には、あんまり身の回りのことを注意されない方もいるかもしれません。
じゃあ、やばい身なりの方が来たらどうすれば良いか?ここは危機管理レーダをフル活用して近寄らないのが正解だと思います。

持ち込んだゲームを触られたらどうする?簡単ですよ。

ゲームを持ち込まない、あるいはプレイしたくなるようなゲームを持ち込まない

のが必勝パターンでしょう(意味なし)
あるいは大量生産品で汚されても泣かないゲームがいいですね。





見事にチケットトゥライドばかりになってしまいましたね。
確かにコマもプラスチックですから、多少ベタベタしても拭けば綺麗になりますね(カードは?)
 


強大なドラゴンがボードゲームが巣に入るのを拒んでいるらしい‥

毎月恒例。2017年2月に購入しなかったボードゲームをご紹介します。
どうしてもプレイしたくなったら誰かしら持っているので、オープン会に行ってみましょう!!

○ヨーヴィック
➡倉庫の街リメイクですが、焦って買わなくても在庫の山です。
もちろん間違っても専門店で買ってはいけません、量販店で買いましょう。

○ヒットジロード
➡完全オリジナルゾンビゲームですが、焦って買わなくても在庫の山です。
もちろん間違っても専門店で買ってはいけません、量販店で買いましょう。

○キートゥザロンドン
➡発売直前にいきなり話題沸騰するも、竜頭蛇尾でした。
やはり天ぬきは通すぎるので、一般人は素直にキーフラワーを買いましょう。


○ドラゴンイヤー
➡市場ですぐ無くなる、とこれだけならレアゲー羨ましい!
で終わるところが豪快なエラッタのお陰で

ボードゲームも人生も様子をみるのが大事

と教えてくれました、ありがとうメビウス。

でもここまで瞬殺だと陰も形も見ませんから、どうでもいい感じがします。

素直にトラヤヌスを買いましょう。

↑このページのトップヘ