ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

2020年02月


3834F2A8-E9CA-4E3B-A128-1D4A12D13E07
ボードゲーム をプレイしていると困ったボードゲーマーに当たることがあります。
そんな時はボドゲなんとか処、ああこれは潰れましたね、SNSでつぶやいても仕方ないので

ぺこぱ的に対応

するのが大人の流儀でしょう。

なにより精神衛生上よい
なお筆者とぺこぱは利益相反である
残虐行為手当

❶持ってきたイノベーションをクソゲー呼ばわり
⇨なんなんだこいつは!〜でもそういった側面は否定できない

❷チケットトゥライド北欧の国々で真ん中の線路を取られる
⇨おいおいマジかよ!〜でもたまには脇道に逸れるのも人生!!

❸ゲームマーケット大阪2020中止
⇨おいおい在庫をどこに置くんだよ〜でも自分が作ったものに囲まれて、初めて気がつくなにかがある

❹ハル、アークライトのユーチューブ動画に謎の特攻
⇨なんだ老害かよ!〜でも人には、誰でもいいからかまって欲しい夜があることを気付かせてくれたHalサンキュー!!

❺ちょっと優しくしたら、ちょこざいにもボードゲーマーが告白してきた
⇨好きでもない奴から告られても迷惑なだけなんだよ!〜でも人を愛することは、別け隔てなく、ふつくしい!!

❻数回プレイしただけのテラミスティカに謎の低評価
⇨なんだよ、こいつわかっちゃいないな!〜でもみんな違ってみんなふぃい!!ふぃふお!!

❼なのにルールを間違っていた蟻の国に謎の高評価!!
⇨なんだよ、こいつわかっちゃいないな!〜でもルールに縛られずにふぃきる素晴らしさをふぉしえてくれたふぉまえにふぁんしゃしたふぃ!!

・・・なんか活字にすると必要以上に



ばかりになりますね。
皆さんも是ふぃストレスのなふぃフォーフォゲーム ふぇいふぁつふぉふぃんじょいしてふぃてふだふぁい。

3318746F-AC0F-4AFF-95F0-EE0D5DA71524
さていよいよ日本語版タペストリーが発売となります。
文明発展ゲームが好きな方、フィギュア満載ゲームが好きな方は買うとよいでしょう

僕は嵩張るゲームはビッグシティで懲りたので買いません、そいじゃあまた〜









さて、タペストリーです。
 BGGで調べてみると・・・ベスト3人かあ・・・

でも文明発展ゲームはスルージエイジズがあるしなぁ〜
あとイノベーション笑

イノベーション 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2012-04-30

値段が約1/5ですが、どこにでも持ち歩けるのでおススメです。
直接攻撃ばかりなので、最近の

インタラクション薄めゲームこそ至高!!

という発想とは真逆ですが。
こっちはベスト2人ですね。

タペストリーに話を戻すと、とりあえずサイズも買ってなくて3人で集まる機会が多ければ買ってもいいんじゃないでしょうか?
 BGGのフォーラムをみると特に強い種族もなさそうですし。

集まる人数が3人⇨タペストリー
集まる人数が4人⇨サイズ

こんな感じでもいいかなあ??

私はとりあえず白ブラス買ってから買うと思いますので、とりあえず見で。


ああ⇨口語
存じてます⇨思うの謙遜語

なので
RFTGの解説間違ってますよね?
👇
はいそう思います
🔺
じゃあ最初から直せば?

となります。
こうなるともはや日本語が不自由ということですね。
流石に相手がホビージャパンなのでブロックしなかったのは賢明な判断と言えるでしょう。
さてこの煽り文句のボードゲーマー的使い方を考えてみました

⑴妻に駿河屋の利用し過ぎを注意された
⇨ああ、存じてます

これは妻のヘイト値がいきなりマックスになるので覇王丸もビックリですね

⑵人間ドックで医者から高血圧の指摘を受ける
⇨ああ、存じてます

これはナイチンゲールもファンネルフルブッパ確定ですね

⑶外野からアドバイスを受ける
⇨ああ、存じてます

これが1番良い使い方ですね

みなさんも、2020年煽りワード最有力の

ああ、存じてます

使ってみて下さい

 


検温してる間に終わるの巻き

さてゲームマーケット大阪2020はまさかの

中止

ということでエンゲームは大丈夫でしょうか?


ゲームマーケットのスタッフは刺又を持つ

あるいは

お医者様いませんか〜と言われたら、精神科医がアマルフィを片手に現れる

といった特殊な状況はなくなりましたね。

まあ、こういうケチがついたものは大体神様が買わなくていいものを導いている可能性が高いので、
私は白ブラスでも買ってのんびり過ごそうと思います。





人間は本質的に負けず嫌いです。程度の差はありますが。

これは初心者でも同じです。
ということは

あーこりゃ勝てない

というゲームを延々プレイさせることは意味がないですし、時間の無駄です。

ということで色々な意味で負けていることを感じさせないゲームをまとめてみました。

1.得点計算が複雑
ストーンエイジ
ファイブトライブス
CV
インペリアルセトラーズ

➡得点要素が多く、すぐに計算できなければ、最後までプレイできますね。
インペリアルセトラーズは得点ボードこそありますが、終了時に大きい点が入るのでわかりにくいです。

2.得点を隠す
交易王
チグリスユーフラテス

➡これはクニチーゲーでよく採られる手法です。
しかし勘のよい初心者にはすぐにバレるので注意しましょう。

3.得点を競わないゲーム
ホワイトチャペル
われら人民

➡そもそも勝利点を稼ぐタイプのゲームでなければ関係ないですね。

4.二人専用ゲーム
➡投了しやすいので、こちらも良いかもしれません。


検温してる間に売り切れるな、こりゃ

さてゲームマーケット大阪2020はまさかの

全員検温

というかなり特殊な入場形態になりました。

ここまでして開催するメリットがどこまであるのか、もはや誰が得をするのかわかりません。
熱がある人が見つかると、やっぱりその人の周りはサッといなくなるんですかね?
その人とゲームマーケットのスタッフが取っ組み合いしたりしないように、

ゲームマーケットのスタッフは刺又を持つ

とかやるのでしょうか?

あるいはお医者様いませんか〜と言われたら、精神科医が出てくるかもしれません。

まあ大阪は対岸の火事なので私は白ブラスでも買ってのんびり過ごしますかね?




3834F2A8-E9CA-4E3B-A128-1D4A12D13E07


布石重視のゲームって序盤失敗するとダメですよね

①TCG風ゲーム
⇒トレーディングカードゲームではデッキ構築の段階で詰んでいる場合があります。
ブルームーンレジェンドとかアンドロイドネットランナーがこれに該当します。
まあブルームーンレジェンドは3本(正確には4本?)先取なので、ある程度プレイングでカバーできるかもしれまませんが、デッキ構築要素があるアンドロイドネットランナーはデッキの相性によっては挽回するのは難しいかもしれません。

②チェス、将棋
⇒序盤の動きが分からないと容易に詰むような気がします。といっても私は両方とも詳しくないので正確なところはわかりませんが、囲碁よりもしっかりとした布石を求められるような気がします。
逆に布石の語源である囲碁は、あんまり布石って重要じゃないと思います。
特に時間制限が厳しい海外の大会では布石に時間をかけない棋士が多いんじゃないですかね?

③盤面の分析を求めるゲーム
⇒最近のゲームは序盤のセットアップをランダムに決定する作品も多いですね。
マルコポーロの足跡だと選んだキャラクターによって、ほぼ取れる戦略が限定されるので、盤面の分析を間違えて不利なキャラクターを取るとリカバリーは難しい気がします。
他にもテラミスティカ、ツォルキンあたりも序盤重視のゲーム性に見えます。

④駒の初期配置をプレイヤーが決めるアブストラクト
⇒砂漠を越えて、バロニィあたりが該当するでしょう。
しかし懐かしい響きですね、バロニィ。
どこに行ったんですかね、バロニィ。
今度拡張が出ますけど、どうなんですかね、バロニィ。

バロニィにノスタルジアを感じてしまいました。

砂漠を〜、もバロニィもそうなんですが、駒を置いた時点で結構勝負は決まっています。
特に砂漠を〜は初期配置からしか駒を伸ばせないので、ある程度方向性を考えておかないといけません。

私は布石重視のゲームって、O型なのでちょっと苦手なんですけど(ラフにいきたいので)、きっちりしたA型には向いているのかもしれません。
 


始発ダッシュ!!

さてゲームマーケットが近づいてきましたが、どうなんですかね?
というのも同人ゲームに興味がない、っていうボードゲーマーは意外と多いと思います、私もそうです。

そういうボードゲーマーにとっては中古が目当てかもしれませんが、まあそんなに良いのは残らないと思うんですよ、正直。始発で凸する方も多いでしょうからね。
だいたい、買えなかったときのストレスを考えたら多少高くても駿河屋で買えばいいんじゃない?という気がします。

まあ私はコレクターじゃないんで、別にいらないんですけど。

というわけで、あったらラッキー的に入手しにくいおすすめゲームを挙げていこうと思います。

○サヴァンドールの笏
→テラミスティカの作者がかなり昔に作ったプレテラミスティカ(違う)
地味なゲームなので、なかなか手に入らないかもしれません…

○トロワ
→再販されたんですかね?全然話題になりませんが……
さて、ゲーム内容としては絶賛する方もいますが、あまりにも見通しが悪いので、好き嫌いが分かれそうです。
ゲームで使用するカードが各ターン毎に判明していって、最後の2ターンまで全体が見えないんだから、当たり前です。

○グランドオーストリアホテル
→というわけで、私のおすすめは同じサイコロでもこちらをおすすめしたいですね。

○チケットトゥライドメルクリン
→最近すっかり見かけなくなりましたねぇ~

○テーベの東
→最近すっかり見かけなくなりましたねpartII
運ゲーの誹りを受ける本作ですが、結構パーティゲームとしてみると面白いですよ。
初心者でも勝てることがありますから、経験者と初心者が一緒に楽しめる良作だと思います。






36E7619E-CDE9-4878-9AA7-7083DCCC764B
ティーフェンタールの酒場日本語版がとうとう発売になりましたね。

デッキ構築+ダイス+坊主めくりなので、かなり運要素が強い気がするんですけど、初心者向けとしてはいいかもしれません。
私は3年くらいしたらゲームマーケットのアークライトブースで安く売りそうなので買いませんけど。
 

1E0B86B9-92F2-4C2D-BDF7-9EA5D339DE6C

ヨーロッパは減塩傾向です

先日NHKスペシャルの再放送を見ていたのですが、認知症と高血圧は関係があるようです。
つまりいわゆる成人病の予防が認知症の予防につながるので、イギリスでは店舗や食品メーカーが一致協力して減塩を目指している、ということですな。

つまりヨーロッパにとって塩=サルサは不要、ということです(強引)

というわけで、これは不要だろ、という拡張をあげてみます。

○コンコルディア(サルサ)
⇒コンコルディアは得点の取り方が複雑、ばかり指摘されがちです。
そもそもカードの出方がランダムなので、見通しが悪いゲームだと思います。

というわけで、サルサはあってもいいけど、体制には影響ないかなぁ?という気がします。
そもそもワイルドカードの資源はコストパフォーマンスが悪いので、効率重視のゲームではそこまで重要視されないんじゃないかなぁ??

○ファイブトライブス
⇒シックストライブスになるので駄目、ではもちろんありません。
得点手段が増えすぎて、適当な手を打ってもよくなるので、真剣味がなくなりますね。
マイルドプレイがお好みなら入れてもいいでしょうか…

○ツォルキン
⇒そもそも種族間のバランスの取り方が雑すぎるので、強い種族を強いプレイヤーが使ったらアンストッパブルですな。
まあツォルキンをやり尽くした方がハンデをつけるために入れる拡張です。

 

↑このページのトップヘ