ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ:ボードゲーム > カードゲーム



入手のしやすさだとドミニオン一択、手軽さだとレルムズシリーズ

今からプレイするならどのデッキ構築ゲームが良いでしょう?
とりあえず入手しやすいドミニオンが最有力です。
しかしドミニオンはランダムサプライではないので、あまり初心者向けとはいえないかもしません。

というわけで、入手しやすく安価でしかも初心者向けのクトゥルフレルムズがお勧めです。

クトゥルフ・レルムズ 完全日本語版









アークライト
2015-12-05


見た目が面白くなさそうですが、かなりイケているゲームだと思います。
なにより1ゲームが軽いので、何度もプレイできますね。
また負けても

今回はカードサプライが悪かった

と思えるので、その点もドミニオンのように拗れないので、お勧めです。
一通りクトゥルフレルムズをプレイしたら、ほかのスターレルムズやヒーローレルムズに挑戦するのもありでしょう。

どちらも日本語版は出ていませんが、ルールは殆どクトゥルフレルムズと同じですから、特に和訳の必要なくプレイできると思います。




還らざる時の終わりを痛感するだけ

さて最近なんでもかんでもレトロブームです。
デジタルもアナログも。

で、実際プレイしてみると懐かしさはもちろん感じるわけですが、過去にプレイしていた時間と、今とのギャップを痛感するわけです。

たとえば最近ミニメガドライブが発売しましたが、私は一足先にこちらで体験プレイしてみました。
まあプレイするとそこそこ楽しいわけですけど、あくまでそこそこなのです。
そりゃそうです、所詮は

メガドライブ

ですからね。
新しいハードが出たら乗り換えてきたわけで、乗り換えるのには理由があるからです。
つまり最新の方が楽しいからです。

で、今プレイすると結構ショックを受けるんです。例えば

○あれ?俺こんな面白くないものに青春をささげてきたのか?

○あれ?昔はもっとプレイできていたはずなのに鮫鮫鮫で3面越せないんだけど??

○あれ?実はこんなものをプレイしていなければ、もっと楽しいものに出会えていたんじゃないか?



ファンタシースター2 MD 【メガドライブ】









セガ
1989-03-21

還らざる時の終わりに私たち(ボードゲーマー)は何をみつけるのだろうか?



30年前に、このセリフを考えたスタッフは預言者です


【おまけ】
というわけで、メガドライバーの端くれとしてミニメガドライブに収録されそうな残り30タイトルをずばり当てたいと思います!!

ベアナックル2
スーパー忍2
ソニック3
ソニック&ナックルズ
エイリアンソルジャー
ダイナマイトヘッディ
魂斗羅ハードコア
ロケットナイトアドベンチャー
アリシアドラグーン(クソ難しいのでクリアできなさそう&権利が微妙かな?)



いらないけど

獣王記
ゴールデンアックス(持っているし、PSP版と360版もあるし)
エイリアンストーム(持っているし)


サンダーフォース3
サンダーフォース4
スーパーファンタジーゾーン


いらないけど
スーパーサンダーブレード(つまらない)
フェリオス(ゆっくり版アルテミス)


シャイニングアンドザダークネス
ライトクルセイダー
ビヨンドオアシス(邦題失念)

いらないけど

ヴァーミリオン(面白くないし、PSP版と360版もあるし)
ファンタシースター1~4(1はマンモス6体とか辛い、2~4はPSP版も360版もあるし)
ランドストーカー(クリアできる体力はない)
ラングリッサー2(もう10回くらいクリアしている)

アウトラン
ハイブリッドフロント

いらないけど

コラムス(持っているし、PSP版と360版もあるし)

まあこんなところですかね、過去リリースされたオムニバスタイトルとの整合性を考えると。


東亜プラン関係とテンゲン関係が入っていたら神だけど、権利的にだめかなぁ?
スラップファイトが入っていたら買います。
あ、あと思考時間が数秒で終わるアドバンスド大戦略(バグなし)が入っていても買います。






【概要】
宇宙を舞台に文明を発展させていく(=勝利点)カードゲーム。

【こんな人におススメ】

・2人でまったりプレイ

・宇宙にロマンを感じる

・宇宙飛行士よりもSFが好き

・とりあえず面白いゲームがやりたい!!

・旅行に重めのカードゲームを持っていきたい

評価;A

面白さ(☆1〜3) ☆3
⇒自分が行うアクションを選択するプエルトリコやサンファンの宇宙版。
宇宙サンファンとも呼ばれています。
短時間の割に考えることが多く、適度に手札運もあるので、初心者から熟練者まで楽しめそうです。

内容物(☆有無) ☆1
⇒カードと得点チップだけですが、値段はほどほどです。

入手(☆有無) ☆1
⇒どこでも買えます、アプリなら

合計 ☆5

自分が選択したアクションを相手も行うことができる、というプエルトリコで開発されたシステムをSFに応用したカードゲームです。
カードの記号がやたらと多くて意味がわかりにくいですが、◇、○(黒)、○(赤)の3種類のカードを並べていくだけと 考えると簡単になります。
半分くらいのカードに注釈があるので、一枚一枚を確認していくと時間がかかりますが、半分くらいのカードは捨ててしまうので、最初とりあえずプレイしてみて徐々に知識を増やしていくと良いでしょう。
というか、アイコンが複雑なので、どうせ覚えることはできません。

【プレイのコツ】
・とりあえず通しでプレイしてみる

・初心者が最初に選ぶ惑星は
⇒軍事能力(赤丸)を上げるカードをが良いでしょう。
このゲームで取れる戦法は大まかに軍事型と生産消費型がありますが、 初心者には軍事型がおススメです。

軍事型は手札運に依存する点がありますが、手札さえ揃えば早く展開できるのであまり考えることがありません(軍事カードは軍事力があるカードでしか出せない。生産消費型は手札を捨てさえすればいつでもカードを出せる)。
初心者には軍事型を教えて、手札でもおまけしてあげると良いでしょう。

やり込みがいがありそうなゲームです。
カードの枚数がやたら多いので、コンボなどを考えるとキリがなさそうですが、程よく手札運もあるので、のんびり楽しめます。

あと箱の中身がスカスカなので、圧縮すれば十分携帯可能です。
 


→売ってないやんけ!

RFTG第2版が発売になりますね!!
というわけで、日本語版が出るとは思えませんが(何しろかなり長い間市場にダブついていたので、ホビージャパン様も懲りているでしょうし)、発売を祈念してRFTGを取り上げます。


【概要】
宇宙を舞台に文明を発展させていく(=勝利点)カードゲーム。

【こんな人におススメ】

・2人でまったりプレイ

・宇宙にロマンを感じる

・宇宙飛行士よりもSFが好き

・とりあえず面白いゲームがやりたい!!

・旅行に重めのカードゲームを持っていきたい

評価;B

面白さ(☆1〜3) ☆3
⇒自分が行うアクションを選択するプエルトリコやサンファンの宇宙版。
宇宙サンファンとも呼ばれています。
短時間の割に考えることが多く、適度に手札運もあるので、初心者から熟練者まで楽しめそうです。

内容物(☆有無) ☆1
⇒カードと得点チップだけですが、値段はほどほどです。

入手(☆有無) ☆0
⇒日本語版は品切れ

合計 ☆4

自分が選択したアクションを相手も行うことができる、というプエルトリコで開発されたシステムをSFに応用したカードゲームです。

カードの記号がやたらと多くて意味がわかりにくいですが、◇、○(黒)、○(赤)の3種類のカードを並べていくだけと 考えると簡単になります。

半分くらいのカードに注釈があるので、一枚一枚を確認していくと時間がかかりますが、半分くらいのカードは捨ててしまうので、最初とりあえずプレイしてみて徐々に知識を増やしていくと良いでしょう。
というか、アイコンが複雑なので、どうせ覚えることはできません。

【プレイのコツ】
・とりあえず通しでプレイしてみる

・初心者が最初に選ぶ惑星は
⇒軍事能力(赤丸)を上げるカードをが良いでしょう。
このゲームで取れる戦法は大まかに軍事型と生産消費型がありますが、 初心者には軍事型がおススメです。

軍事型は手札運に依存する点がありますが、手札さえ揃えば早く展開できるので考えることがありません(軍事カードは軍事力があるカードでしか出せない。生産消費型は手札を捨てさえすればいつでもカードを出せる)。
初心者には軍事型を教えて、手札でもおまけしてあげると良いでしょう。

やり込みがいがありそうなゲームです。
カードの枚数がやたら多いので、コンボなどを考えるとキリがなさそうですが、程よく手札運もあるので、のんびり楽しめます。

あと箱の中身がスカスカなので、圧縮すれば十分携帯可能です。
 

【概要】
宇宙を舞台に文明を発展させていく(=勝利点)カードゲーム。

【こんな人におススメ】

・2人でまったりプレイ

・宇宙にロマンを感じる

・宇宙飛行士よりもSFが好き

・とりあえず面白いゲームがやりたい!!

・旅行に重めのカードゲームを持っていきたい

評価;A

面白さ(☆1〜3) ☆3
⇒自分が行うアクションを選択するプエルトリコやサンファンの宇宙版。
宇宙サンファンとも呼ばれています。
短時間の割に考えることが多く、適度に手札運もあるので、初心者から熟練者まで楽しめそうです。

内容物(☆有無) ☆1
⇒カードと得点チップだけですが、値段はほどほどです。

入手(☆有無) ☆1
⇒どこでも買えます。

合計 ☆5

自分が選択したアクションを相手も行うことができる、というプエルトリコで開発されたシステムをSFに応用したカードゲームです。
カードの記号がやたらと多くて意味がわかりにくいですが、◇、○(黒)、○(赤)の3種類のカードを並べていくだけと 考えると簡単になります。
半分くらいのカードに注釈があるので、一枚一枚を確認していくと時間がかかりますが、半分くらいのカードは捨ててしまうので、最初とりあえずプレイしてみて徐々に知識を増やしていくと良いでしょう。
というか、アイコンが複雑なので、どうせ覚えることはできません。

【プレイのコツ】
・とりあえず通しでプレイしてみる

・初心者が最初に選ぶ惑星は
⇒軍事能力(赤丸)を上げるカードをが良いでしょう。
このゲームで取れる戦法は大まかに軍事型と生産消費型がありますが、 初心者には軍事型がおススメです。

軍事型は手札運に依存する点がありますが、手札さえ揃えば早く展開できるのであまり考えることがありません(軍事カードは軍事力があるカードでしか出せない。生産消費型は手札を捨てさえすればいつでもカードを出せる)。
初心者には軍事型を教えて、手札でもおまけしてあげると良いでしょう。

やり込みがいがありそうなゲームです。
カードの枚数がやたら多いので、コンボなどを考えるとキリがなさそうですが、程よく手札運もあるので、のんびり楽しめます。

あと箱の中身がスカスカなので、圧縮すれば十分携帯可能です。
 

↑このページのトップヘ