ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ:ボードゲーム > カードゲーム

【概要】
2人専用カードゲーム。

評価;B

面白さ(☆1〜3) ☆3
⇒かなりわかり易い面白さです。
運と実力の比率がよいです。

内容物(☆有無) ☆0
⇒カードのみですが、日本では高いです。

入手(☆有無) ☆1
⇒amazonで買えます

合計 ☆4 


6種類の商品とラクダが描いてあるカードを取り合い、得点を競う。
できることが3種類だけなので、初心者でも数回のプレイで簡単に理解できるだろう。

手札による運の要素も大きいので、何回かプレイするとよい。 
カードの絵柄が女性向けらしい。

【内容物】
カード内訳
ダイヤモンド8枚
金6枚
銀6枚
布8枚
スパイス8枚
皮10枚
ラクダ11枚
合計55枚

トークン内訳
金銀布各5枚
布、スパイス各7枚
布9枚
合計38枚
 
【プレイのコツ】 
・市場に並んだラクダをどのタイミングで取るか?を考える。
ラクダを取らないために、敢えて自分の手番でこまめに
商品を売ることも必要。
ラクダのあとに金が3枚でる(かもしれない)と覚悟する。

・複数商品を売る際のボーナスの期待値は、
3個売りの場合は2(0.7/個)
4個売りの場合は5(1.3/個)
5個売りの場合は9(1.8/個)
商品を先に売ったボーナスの方が高い場合もある。

・相手の手札に金、銀、ダイヤが固まった場合は
どうしようもないので、諦めも肝心

あまり考えずにプレイできる点が素晴らしいです。
基本的にカード運に左右される気がしますが、上級者だと違うんですかね?
BGGのストラテジーのForumを確認しても良いでしょう。 



 





1〜13のカードをまとめてプレイして得点を稼ぐゲーム

【こんな人におススメ】
○大富豪が好き

○だけどいい年して大富豪っていってもな…

○子供でも遊べる内容がいいね

レストランでプレイできる限界に挑戦したければアブルクセンが良いでしょう。
2人ならかろうじてプレイ出来そうです。

さてこちらは大富豪に似たルールです強弱があるカードをどんどん出していきます。
しかし大富豪と異なるのは、大きい数字を出すと小さい数字に対して攻撃ができる点です。

攻撃することで相手の手札に戻したり、自分の手札に加えたり色々できます。

で結局自分の手札を無くすとゲームが終わりますが、単に早く上がっても点は伸びません。
カードを多く並べたほうがよいので、適度に攻撃して手札を増やす必要があります。
一方で上がれないと手札は全てマイナスになります。

つまりチキンレース系大富豪といったゲームになっております。

たしかにトランプ3組みで代用できますが(本当は2組みですが、ジョカーが5枚ある)、ここはカードゲームの定番として抑えておいても損はないでしょう。
 
あと1〜13まであるので、ジジ抜きもできるのがポイントです。 


ニコボドにそんな玩具は必要ない

【 概 要 】
2人専用カードゲーム 。
再販され、最新版はアマゾンなどで
輸入業者から入手できます。

バベルの塔を早く建設するゲームです。
特徴としてはカード6種類のうち5種類を占める 直接攻撃です。

オープン会には精神的に打たれ弱い方々もいらっしゃると思いますので、出さない方が無難でしょう。

親しい友人やパートナーとプレイするのが一番です。

【プレイのコツ】
・カードは手札に残さないで、適度に場に出す
⇒場に3枚の同カードが並ぶと能力を使用できます。
能力を使うために手札を貯めがちですが、

しかし

手札を減らす能力もある

ということで、場にカードを出しましょう。

・見え見えのカードは出さない
⇒このゲームはバベルの塔を建設するゲームですが、
様々な手段で邪魔をされます。そして、防ぐ手段は

やられる前にやる!!

しかありません。

ということでカードを適度にばらしながらリスクを分散させるとよいです。

1箇所だけに集中して塔を建設すると邪魔をされて目も当てられません。

・カードコンボ
①シュメール→各種妨害
基本です

②アッシリア→ペルシア
相手の塔を壊して、自分のものにする。
まさに人間の歴史ですね。

・各民族のウンチクで場を和ませる。
⇒基本的に場はギスギスします。
6種類のカードに関するウンチク
そしてバベルの塔にかんする知識を
あらかじめ仕込んでおき、和ませましょう。

日本で買うと4000円以上するので
若干お高いです。

これを買うのであれば2人専用のポリスの方がおすすめですが、短い時間で楽しむのであればバベルでも良さそうです。 



さてTOP10でも決めるか…

10位 トラヤヌス
⇒すっごく面白いのでオススメしたいです。
4人プレイだと4番手が息していない気がしますが、それはフェルトに限ったことではありません。
オーディンの祝祭だって4番手は白目ですし。
今なら買えるので買っておきましょう、デルフォイで爆死する前に

9位 トロワ
⇒こちらも積みゲー部門ですが、結構面白いので、来年再販されたら買うとよいです。
ただし見通しがかなり悪いゲームなので、短期的なゲームを長期的に計画させられる、つまりリスク管理を強要されるので、好みは分かれると思います。
七三分けの髪型の方はプレイしないほうがよいでしょう(偏見)

8位 コンコルディア
⇒ちょっと中身が値段の割りにスカスカですが、ボードの雰囲気は抜群です。
コンポーネントがしょぼいですが、セットアップしやすいので良しとしましょう。

7位 国旗あわせゲーム
⇒内容は背表紙が2色の27種類のカードだけなので、取るに足りません。
しかし子供がこればかりやるので、やらざろうえないです。

6位 アビス
⇒見た目と中身が違いすぎる部門1位といえばアビスでしょう。
しかも見た目がマイナスの方向にしか働いてないところが凄いです。
一見重苦しそうですが、できることは2種類しかない、でも読みが必要。

5位 グレンモア

4位 イノベーション

3位 アクアスフィア

2位 ワールズフェア1893

1位 砂漠を越えて

0位 囲碁


 
 



ドブル人気爆発?

丸いカードで間違い探しをしていきます。

【こんな人にオススメ】
間違い探しが得意

小さい子供とプレイしたい

フランスの小洒落た雰囲気を味わいたい?

丸いカードに何種類かのアイコンが描かれており、どのカードにも共通するアイコンが1種類のみあります。基本的にはこれを当てていくゲームです。

ということは間違い探しではなく、いっしょ探しということですね。

ヴァリエーションとして5種類のルールが紹介されていますが、自分でも色々と考えてみましょう

【プレイのコツ】

○初心者とプレイしよう
➡ボードゲーム初心者や小さい子供とプレイするのに最適です。
あと安いしどこでも売っているので多少乱暴に扱っても大丈夫です。
まあ気にしたところで丸いカードに合うスリーブは売ってないと思いますが

○手加減しよう
➡小さい子供とプレイする時は特に重要でしょう

○ちょっとした息抜き、順番決めにどうぞ
➡重げーをプレイする時に問題になりますよね、スタートプレイヤー。
こんな時こそドブル一発勝負はいかがでしょうか。


 

【概要】
2人専用カードゲーム。

評価;B

面白さ(☆1〜3) ☆3
⇒かなりわかり易い面白さです。
運と実力の比率がよいです。

内容物(☆有無) ☆0
⇒カードのみですが、日本では高いです。

入手(☆有無) ☆1
⇒amazonで買えます

合計 ☆4 


6種類の商品とラクダが描いてあるカードを取り合い、得点を競う。
できることが3種類だけなので、初心者でも数回のプレイで簡単に理解できるだろう。

手札による運の要素も大きいので、何回かプレイするとよい。 
カードの絵柄が女性向けらしい。

【内容物】
カード内訳
ダイヤモンド8枚
金6枚
銀6枚
布8枚
スパイス8枚
皮10枚
ラクダ11枚
合計55枚

トークン内訳
金銀布各5枚
布、スパイス各7枚
布9枚
合計38枚
 
【プレイのコツ】 
・市場に並んだラクダをどのタイミングで取るか?を考える。
ラクダを取らないために、敢えて自分の手番でこまめに
商品を売ることも必要。
ラクダのあとに金が3枚でる(かもしれない)と覚悟する。

・複数商品を売る際のボーナスの期待値は、
3個売りの場合は2(0.7/個)
4個売りの場合は5(1.3/個)
5個売りの場合は9(1.8/個)
商品を先に売ったボーナスの方が高い場合もある。

・相手の手札に金、銀、ダイヤが固まった場合は
どうしようもないので、諦めも肝心

あまり考えずにプレイできる点が素晴らしいです。
基本的にカード運に左右される気がしますが、上級者だと違うんですかね?
BGGのストラテジーのForumを確認しても良いでしょう。 



 


【概要】
2人専用カードゲーム。

保安官と銀行強盗に
分かれて戦っていきます。

評価;C

面白さ(☆1〜3) ☆2
⇒基本的にはどんどんカードを
出していくゲーム(特に保安官側)
あまり考える内容ではないです。

内容物(☆有無)
☆1
⇒カードの絵は美麗です

入手(☆有無)
☆0
⇒古いゲームです。
書泉に売っていたような気もします。

合計 ☆3 


決められたターンを耐えると銀行強盗の
勝利というカードゲームです。

このターン制限が、プレイヤーに
考えさせない、兎に角ひたすら撃つ
ゲーム性にしているような気がしない
でもないです。

キャラクターカードに強さの概念が殆ど
ないため、撃たれては出てくるという
使い捨て感があります(特に銀行強盗側)。

キャラクターのカードが
1枚毎に書き込んである割には
(しかも全員設定がある!!)
使い捨て扱いになっている点は
残念ですが、

犯罪者には一分の情けも不要

という発想なのでしょう。

【プレイのコツ】
○(必須)取説でフレーバーテキストを読む
⇒全文英語、しかもすぐ死ぬキャラクター
ばかりですが、思い入れを増やすためにも
読んでおきましょう。

16人の銀行強盗全員が
別のキャラクターという時点で、
どこか力のかけ方を間違えている
感じはありますね。

○とにかく攻撃する
⇒このゲームはとりあえず手持ちのカードを
どんどん出していく感じです。
華麗なコンボもカウンティングもあまり
意味はなく、兎に角カードを出して相手を攻撃します。


大味であまり考える要素がないなぁ、

と考えがちですが、一方では初心者向けとも
言えるでしょう。

カードのデザイン自体はとても綺麗ですし。
西部劇が好きな方にはうってつけなゲームです。


【概要】
2人専用カードゲーム。

保安官と銀行強盗に
分かれて戦っていきます。

評価;C

面白さ(☆1〜3) ☆2
⇒基本的にはどんどんカードを
出していくゲーム(特に保安官側)
あまり考える内容ではないです。

内容物(☆有無)
☆1
⇒カードの絵は美麗です

入手(☆有無)
☆0
⇒古いゲームです。
書泉に売っていたような気もします。

合計 ☆3 


決められたターンを耐えると銀行強盗の
勝利というカードゲームです。

このターン制限が、プレイヤーに
考えさせない、兎に角ひたすら撃つ
ゲーム性にしているような気がしない
でもないです。

キャラクターカードに強さの概念が殆ど
ないため、撃たれては出てくるという
使い捨て感があります(特に銀行強盗側)。

キャラクターのカードが
1枚毎に書き込んである割には
(しかも全員設定がある!!)
使い捨て扱いになっている点は
残念ですが、

犯罪者には一分の情けも不要

という発想なのでしょう。

【プレイのコツ】
○(必須)取説でフレーバーテキストを読む
⇒全文英語、しかもすぐ死ぬキャラクター
ばかりですが、思い入れを増やすためにも
読んでおきましょう。

16人の銀行強盗全員が
別のキャラクターという時点で、
どこか力のかけ方を間違えている
感じはありますね。

○とにかく攻撃する
⇒このゲームはとりあえず手持ちのカードを
どんどん出していく感じです。
華麗なコンボもカウンティングもあまり
意味はなく、兎に角カードを出して相手を攻撃します。


大味であまり考える要素がないなぁ、

と考えがちですが、一方では初心者向けとも
言えるでしょう。

カードのデザイン自体はとても綺麗ですし。
西部劇が好きな方にはうってつけなゲームです。


すっごい流通量の増加(とカロリーの増加)


とういわけで、特殊カードの特徴について
考えてみました。

•商館 8円
➡商品カードを1枚貰える

①値段が安い、汎用性高い
②人気No.1なので、すぐに買われる

残っていたら取り敢えず買った方がいいけど、すぐになくなります。

なには無くとも商館ということでしょう。
もし相手がうっかり買わなかったら買うことを勧めましょう。

•船 10円
➡置ける商品が増える

①汎用性高い
②値段がやや高い

商館の次に取りたいカードです。
広く受けることができるので、相手との差を縮めることができます。
単体より港湾労働者と組み合わせると強いですが、22円かかるので手札と相談です。

•交易許可証 11円
➡収入の度に2円追加

①多色カード時に強い
②高いわりに、まとめて出すと効果が 低い

2人プレイ時は取引回数が減るので、活用するのが難しいです。
手札におなじ商品がこない時はこのカードで活路を見出すと良いでしょう。

•港湾労働者 12円
➡船の積荷を変更できる

①汎用性が高い
②高い、使いこなすには相手の
     手を読む必要がある。

高価なカードなので、うまく運用するのが難しいです。
相手の手札を読んで行動する必要があるので、カウンティングできるプレイヤーでないと使い
こなすのが難しいかもしれません。


交易王 日本語版
ニューゲームズオーダー




1〜13のカードをまとめてプレイして得点を稼ぐゲーム

【こんな人におススメ】
○大富豪が好き

○だけどいい年して大富豪っていってもな…

○子供でも遊べる内容がいいね

レストランでプレイできる限界に挑戦したければアブルクセンが良いでしょう。
2人ならかろうじてプレイ出来そうです。

さてこちらは大富豪に似たルールです強弱があるカードをどんどん出していきます。
しかし大富豪と異なるのは、大きい数字を出すと小さい数字に対して攻撃ができる点です。

攻撃することで相手の手札に戻したり、自分の手札に加えたり色々できます。

で結局自分の手札を無くすとゲームが終わりますが、単に早く上がっても点は伸びません。
カードを多く並べたほうがよいので、適度に攻撃して手札を増やす必要があります。
一方で上がれないと手札は全てマイナスになります。

つまりチキンレース系大富豪といったゲームになっております。

たしかにトランプ3組みで代用できますが(本当は2組みですが、ジョカーが5枚ある)、ここはカードゲームの定番として抑えておいても損はないでしょう。
 
あと1〜13まであるので、ジジ抜きもできるのがポイントです。 



 

↑このページのトップヘ