ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: 合コン

57CF50BC-E3D4-4F81-8B35-FAD0D9CC1730
ラー。
タイルをランダムに引き一定のタイミングで競りを行います。

【こんな人におススメ】

・2〜4人でまったりプレイ

・エジプトにひかれる。でもクニチーにもっとひかれる。

・自分の天運に自信がある、あるいは天運を測ってみたい

評価;B

面白さ(☆1〜3) ☆2
⇒競りゲームですが、ラーの意思(=運)によるところが大きく、ともすれば運ゲーと揶揄される場合もあるかもしれません。面白くなるのもつまらなくなるのもラーのお導きなので、ムラがあります。

内容物(☆有無) ☆1
⇒コンパクトな箱にボードとコマがたくさんあります。

入手(☆有無) ☆1
⇒どこでも買えます

合計 ☆4 

競りを行うタイミング
①ラータイルを引く
②プレイヤーが宣言する
③8枚のラー以外のタイルを引く

競りは言い値ではなく、手元のチップの大小で決定します。
集めたタイルによって減点、加点があります。
一定回数競りを行った後、得点の高いプレイヤーの勝ちです。

【プレイのコツ】

•面白さはラー次第

➡このゲームの面白さはラー次第です。
自分で競りのタイミングを決定できますが、些細なことです。
プレイヤーは神として俯瞰的な視点でプレイします。しかし太陽神であるラータイルの意思(といってもランダムなタイル引ですが)が世界を作っていきます。


•ラーをカウンティング
➡気まぐれなラーですが枚数は決まっています。カウンティングはかなり重要です。

•どこまで譲歩するか?
➡ラーでは様々な種類のタイルが出てきます。全てのタイルで相手を上回ることは不可能なので、相手に譲歩することも重要です。

このゲームはラーの気まぐれに付き合うようなものです。。
面白いか?と聞かれると面白いような気がする、といった感じです。

勝っても負けても自分の実力ではないような気がするのは、長所でも短所でもあります。


36E7619E-CDE9-4878-9AA7-7083DCCC764B
うっかり特攻、すっかり赤っ恥

 
さて暇な時のボードゲーマーの話題といえば

ボードゲーマー同士で告白して、フラれたやり取りをSNSにうpする

という、まさにイマドキの青春群像が繰り広げられているわけです。
しかしこれが十代ならまだしも

アラサー?

というところが、なんか

青春しているな!

と遠い目をしたくなり、また昔の自分を思い出し照れ臭くもなります。
まあちょこざいの事象に限らず、

オタサーで色恋沙汰になると炎上する

ということは太古の昔からありました。
日本に限らず、例えば西洋美術史でもよく見られた光景です。 

まあ昔はSNSなんてありませんから、誰彼かまわず知られて、晒し者になることはないでしょうけど。

さて大概こういう場合、男が勘違いするのですが、その心理を考えてみると

①一緒にゲームをしている彼女は楽しそう
⬇️
②俺といるのが楽しい?
⬇️
③つまり俺にフォーリンラブ!!

という三段論法なわけですが、まあ

趣味に打ち込んでいるときは普通の人間なら楽しそうにする

という大前提を忘れるとSNSで晒されて恥をかくので注意しましょう。

ネット炎上の研究
田中 辰雄
勁草書房
2016-04-22




【 概 要 】
ハードボイルドの探偵になり、話を作っていくストーリーテリングゲーム。




【こんな人におススメ】

・ハードボイルド小説好き

・憧れの人はサムスペードもしくはフィリップマーロウ。
コンチネンタルオプもいいですよね。

・人生に勝ち負けなんてあるものか、物語は俺が紡いでいくものだ

評価;B

面白さ(☆1〜3) ☆2
⇒プレイヤー全員で物語を作っていきますので、メンツに依存します。

内容物(☆有無) ☆1
⇒カードがたくさん入っています。

入手(☆有無) ☆1
⇒どこでも買えます

合計 ☆4
事件カード、容疑者、探偵を選んだら、プレイヤーに渡された物語カード(単語が書かれている)をつなげストーリーを作っていきます。

手がかりカードや切り札カードなど、様々なギミックがありますが、結局のところ面白く納得できる話を作ったプレイヤーの勝ちといったところです。

勝ったプレイヤーは事件の真相をを語らなければいけないので、かなり罰ゲーム?です。

【プレイのコツ】
•プレイヤー同士協力して創り上げる
➡ストーリーテリングゲームでは勝ち負けは蛇足かもしれません。

納得できる話を作れたらプレイヤー全員の勝利、イマイチであれば全員の敗北だと思います。

どんどん相談して面白い話を作りましょう。

•難しいので諦めないことがハードボイルド
➡このゲームはとても難しいです。
私はチャンドラーとハメットの和訳はすべて読んでいますが、新しくランダムに出てくるカードに沿って話を作るのは難しいです。

ハードボイルドが題材のゲームですが、プレイすること自体がハードボイルドです。

プレイするハードルが高いです。ハードボイルド好きを何人も集めるのは難しいです。
一方、うちの家族には好評でした。

なぜなら勝利点を稼ぐゲームではないからです。大半のゲームでは勝利点を稼ぐことが目的のような気がしますが…

毛色が違うゲームをプレイしたい方にオススメします。



難しくないブラス

マニア向けゲームですが、手札がある分、ギャラリーからアドバイスを受けにくい点が優れていますね。
というわけで、いまいちたくさんのバージョンがあってわかりにくいので、まとめてみました。

①ブラス通常版
➡️いわゆるベーシックなブラス。
た◯くんでレビューしてます

②ブラス豪華版
➡️コインが豪華、2人マップとリバーシブル

③黒ブラス
またの名はブラス ランカシャー
➡️ブラス豪華版、ノーマルブラスのリバイバル版
見た目が豪華で、わかりにくい一部ルールを選択方式

これが日本語化されるブラスですね


④白ブラス
またの名はブラス バーミンガム
➡️ブラス新作マップ。
よりマニア向けにアレンジされている。
ビールが重要らしいですよ、ビールが(なんでビール?)

こっちも日本語化されるブラスです


【で、どれから買うのがオススメ?】
➡️やはり①〜③のどれかを試しにプレイしてから、④をプレイするのがよいでしょう。
キックスターター版の③.④が流行りですが、①.②でもゲーム内容は変わらないので、すぐにプレイしたければ十分かもしれません。

まあ③.④の日本語版流通が11月ですから、それまで待ってもいいかもです。
私はノーマルブラスを買っているので、白ブラスだけとりあえず買おうと思います。


 

こちらはブラスを簡略化した産業の時代。




こっちは白ブラス。
 

ルート 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2019-08-29


勝った者が正義

さてボードゲーマーにはお口が上手な方が多いので、いたるところで舌戦が繰り広げられております。
一昔前の囲碁棋士には結構多弁な方もいて、趙治勲は雄弁な棋士の代表格といえるでしょう。

趙治勲はその著作で露骨に宇宙流を非難するあたり、

さすが闘争心の強い韓国人

と舌を巻いたものです。
囲碁の場合、同じゲームをプレイしていますから、舌戦を繰り広げても

結局強い方が正しいことを言っているよね

と納得できる点が良いですね。
その点ボードゲーマーの方々も見習うとよいでしょう。

ということでボードゲーマー同士で言い合いになったら是非プレイしてほしい、実力勝負なボードゲームをあげてみます。

①囲碁、将棋、チェスなどの伝統アブストラクト
→ガチンコ対決が期待できます

②ワードバスケット
→口が達者な方が勝ちますね

偏見


③おっぱいおしりサンシャイン
→カードのエロさで主義主張の違いも忘れそうですね 

ボードゲーマーならボードゲーマー同士、つまらないロジックではなく実力で勝負したいものです。

 



RAが最近好きでタマりません。
毎日アプリを握りしめて寝落ちしています。

タイルをランダムに引くことでプレイヤーが関与できないランダム性を生み出しているのですが、競りを導入することで、

プレイヤーも運に関与できるんじゃないか‥

とちょっと期待させます。
しかし実際は殆ど関与できないわけです。

人生は自分で切り開くばかりだろうか?
いやRAの意思によって生かされているだけだ

という古代エジプト人の思考になります。

RAはかなりクセのあるゲームなので、嫌いなゲーマーも多いです。
ランダム性が強いのでうまくいかないことも多いです、上手くプレイしたと思っても負けることがあります。

なんか人生っぽいですね。

しかしリプレイしていくと面白い時がある‥かもしれません。

それも人生っぽいですね


1E0B86B9-92F2-4C2D-BDF7-9EA5D339DE6C

頭をメンテするか

いくら駿河屋が発送が遅いからって忘れてしまうようでは、もう人として終わりかけています。
はい、何を買ったか覚えていませんでした。

というわけで、記憶力をアップするためにボードゲームでもプレイしてみようと思います。

○ファイブトライブズ
⇒アブストラクトライクなゲームなので、頭を使いますね。
2人でも充分に楽しめる内容も素晴らしいです。

○交易王
⇒ちょっと心理戦よりですが、短い時間で頭を使うが良いですね。
カウンティングすれば記憶力も鍛えることが出来そうです。

○タルギ
⇒誤植ばかりが取り上げられますが、意外と頭に良さそうです(なにを根拠に??)




 

102679C7-038C-4951-9C0D-59E9A8E200D7
同人ゲーは玄人向けってコト

同人ゲームをわざわざ買う必要ってあるのでしょうか?
なんの取捨選択もされないまま、リリースされる同人ゲームをすべて

「リリースしただけで制作者は偉い」

とじゅっぱひとからげに取り扱うのは「無理がある」というものです。
こんな感じで同人ゲームを批判するとだいたい

「そんなに厳しいことばかり言ったら(創作のハードルが上がり)新しい芽が出なくなる」

と同人サークルの方からお叱りを受けたりしますが、よく考えてみると

農作物を育てていて畑に雑草が生えたら、抜くのは当然

ということも覚えていたほうがよいと思います。
つまり

雑草だらけの畑に農作物は育たない

ということです。
個人的には、クロンダイクラッシュや狂気山脈、塔の守護者など自腹で購入しさらにプレイしてある程度のクソゲー耐性が出来た状態で、同人ゲームに触れて

うわぁ〜こんなのに当たっちゃった♪

となるくらいまで近づかない方が賢明と言えるでしょう。
まあとりあえずカタログを見ながら、そして可能であればルールを読んでからボードゲームは買った方が幸せになれます。






あまり2人プレイでの評価がないので、感想を書いてみました。

①時間は1時間程度まで短縮できそう
⇒2人だと4ラウンドですから意外と直ぐに終わります。

②ダイスを買われるとツラい
⇒ プレイヤーが2人しかいないので、ダイスを買われるダメージが大きいです。
影響力を使ってダイスを振りなおすことも視野に入れます。
これは3人プレイでも同じですかね?

③最後の2ラウンドしか余裕はない
⇒ 3ラウンド目と4ラウンド目にならないと、全てのカードが出てきません。
実質2ラウンドで決着をつけることになります。

④人物カードの得点が馬鹿にできないので、出来る限り幅広くプレイする
⇒4人の人物カードが出てくるので、6点は無理でも3点、少なくとも1点は取れるよう手広くプレイする。
そのためには相手の人物カードを読むことが大切です。

結論)
並の2人専用ゲームよりも面白いので、是非プレイして欲しいです。
4ラウンドしかないので、

さあこれからが本番……ってもう終わり!?

感がハンパないので、毎日プレイするといいですよ。


自分不器用ですから‥

これは夫の、ボードゲーマーとしての力量不足ですね。
まあ日本人のボードゲーマー笑は殆ど積みコレクターですから、仕方ありません。

というわけで、この夫に勧めたいボードゲームを挙げていきます。

イントリーゲ

ディプロマシー

インペリアル

ポーカー

いま東急で歩きながら書いているのでまた思いついたら増やそうと思います。

 

↑このページのトップヘ