ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: コラム

SO1_5038 - Dyck A


最近あまりフィクションを書かなくなったので、フィクションを書こう。
キャッシュフローというボードゲームがある。

大概のオープン会ではキャッシュフロー禁止となっているのだから、とりあえず調べてみる。
なるほど一時期はやった金持ち父さん、貧乏父さんの流れを汲むものか…

いつの時代にもうまい話をする人間はいる

世界一おいしいスープ、という童話にもあるじゃないか?
巻き込んだ方が強いのだ、たとえそれがガセだとしても。

情報があふれる社会だからこそ、ネガティブな情報でもあったほうがマシなのだ。
情報が人の目に付けば、インターネットで調べる。
大半の人間は引っかからないが、やはり騙される人間はいる。
人の知性とはその程度だとおもう。

うまい話に食いつく

しかしうまい話に食いつくのは、必ずしも個人の責任だろうか?
社会的弱者だったら、やっぱりうまい儲け話には食いついてしまう。
誰もが恵まれた生活をしているわけではない。
だから貧しい者は、ダボハゼのように餌に食いつく。

それを一概に自己責任と言って良いのか?
社会的弱者に生まれたことが自己責任なのか?

私にはわからない。
私はそういう環境にいたことがないからだ。
食うに困ったこともないし、運賃に困ったこともない。
簡単に想像できる、なんてとてもじゃないが言えない。

しかしそういう旨い話には過剰反応しないことが大切だ、ということはわかる。
つまりオープン会でキャッシュフロー禁止なんて書く事がキャッシュフローを間接的に広めているようなものだ。

だからオープン会では是非フードチェーンマグネイト禁止、と規則に入れて欲しい。
あれはいいゲームだから、もっと広がって欲しい。
一家に1フードチェーンマグネイト。
そのためにはタカラトミーあたりから3000円くらいで売られるとよいのではないだろうか?





 

ブルームーンシティ 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2019-05-31

40110731 - Flandrin
集中できない・・・

さてレトロゲームをプレイしていると1面クリアだけで

もう満足!!

という状態になります。
これはゲームとしての完成度、というよりも没入感が低いから、と考えられます。
別の言葉で言えば中毒性でしょうか?つまり

先を見たい!!
もっと上手くなりたい

などなどプレイを促進するような仕掛けがない、あるいはすでに経験しているため

まあこの先は知ってるし

となるからだと思います。
ボードゲーム の場合、大半の人は1〜3回プレイして終わりだと思いますが、やはり没入感が低いことが原因ではないでしょうか?

加えてボードゲームの場合はビデオゲームと異なり

相手が必要なので練習しにくい
やり直しがすぐにできない
同じ場面から何度もできない

などなどのデメリットも多いので、ますますプレイする回数が減る、と考えられます。
というわけで没入感を上げる方法を考えてみました。

❶簡単なゲームでもいいので何度もプレイする
⇨とりあえずボードゲーム を何回もプレイする、という習慣をつけます
これによって脳が

ボードゲーム を複数回プレイするのは面白い
 
とミスリードするかもしれません。

❷ある程度運の要素のあるボードゲームをプレイする
⇨運の要素が全くないと

何度プレイしても勝てない⇨嫌になる

という負のスパイラルに入ります。
例えばアブストラクトであれば、ツイクストよりもアズールを選びましょう

❸戦友と書いて、友、と読む
⇨やはり固定メンツがいないと話にならないので徳を上げましょう。
徳のない方、あるいはコロナでボードゲームをする機会が無くなった方はお父さんお母さんお子様それが無理なら性風俗店のお姉さんにボードゲーム の相手を頼みましょう。

そういえば昨日の東京都会見をユーチューブで見てましたが、クラブやキャバレーでクラスターは確認できたが東京都では性風俗店では見られなかった、というのはまさに

興味深い

ですね。おそらく遊ぶ前に身体を清め・・・もとい綺麗にさせられるからだと思いますが、そーゆう店でボードゲーム を持ち込んだら、ボードゲーム の箱を持たされてポラロイド取られて出禁者扱いされるかもしれないので、空気を読んでトワイライトストラグルを出してください。

❹BGMを流す
ビデオゲームにあってボードゲーム にないものってなーんだ?といったらBGMですね。
アンドールの伝説にはBGM用CDが付いている拡張もありますが、他にはあまり聞きません。 ここはオービタルあたりをかけてグルーブ感を出しながらパルサー2049をプレイしたいですね。
(ブルームーンシティでも可)

 

40080321 - Lotto A



オススメはダンボールで髑髏と薔薇をDIYすることです。
形が違うからバレる?

バレるからいいんじゃないです!!

子供の注意力を育てるには気づきが大切です。
しかし注意力は自分で身につけるものだと思います。

気がつけば勝てるようになる

この感覚を覚えさせるにはDIYが一番だと思います。
またDIYだと、多少乱暴に扱っても気を揉まなくて良いのでいいですね。



D3S_2456 - Dumont A


いつも目にするけど何故か話題にならない「気になるボードゲーム」略して

きにボド 

今回はイノベーションについて取り上げます。

イノベーション紹介はこちら

世間でも数少ない

ボロカスにレビューしても誰も嫌な気分にならないゲーム

じゃないでしょうか?
しかしBGGだとほどほどに高い順位です。

さてどちらの評価が正しいのでしょうか?


【外観】
一見すると文明発展系ゲームの知的な雰囲気を醸し出しています。
これがゲーム内容との乖離の始まりです。

【コンポーネント】
さて肝心の中身ですが、実体は(ほぼ)カードのみという潔さです。
しかし同じカードは1枚も無いので、次はどんなカードが出るか?楽しみになります

【ゲーム内容】
実際にプレイしてみましょう。
このゲームは1の時代(原始時代)から10の時代(現代)までのカードをプレイし、文明を発展させていくゲームです。

5種類の属性があり、それぞれのジャンル毎にカードを発展させ、各時代を制圧することで勝利を目指します。
最大の特徴は複雑な勝利条件と、特殊な日本語、そして

”人類の歴史は戦争の歴史だ!!"

という作者のメッセージが伝わってくるような攻撃性です。

しかし実際にプレイしてみると時代が進む度に凄まじいインフレが起きるため、一方的に攻撃される事は稀です。やったらやり返される、ということですね。

【拡張性】
さて拡張はいくつか出ていますが、日本語化されているエコーズに触れましょう。
なんか追加されているカードが妙に庶民的だったりします。
タイプライターとかカラオケとかMP3とか

ジミヘンとか

火薬と人工知能と核分裂とジミヘンが同じ土俵で競い合うって、ちょっと凄くないですか?
こんなカオスなゲームは他に無いですし、それで(多少破綻しているが)ゲームの体裁を成しているところが凄いです

そしてタイトルがイノベーションなんて気取ったタイトル名なので、中身を誤解されやすいのかも?
「スーパー文明大戦〜アインシュタインとナポレオンがカラオケで対決したら核分裂してドリー爆誕!?」とかにした方がわかりやすいと思います

評価が低い理由はプレイ回数の少なさだとおもいます。
4人でプレイしたら、全カードの1/4しか自分でプレイしません。
このゲームは同じカードは1枚だけなので、全容を把握しないまま評価しているのでしょう。
またカードの巡り合わせが悪かった場合も評価が下がります。
これはRAと同じです。

熱い展開としては

原始から中世にかけて一方的に攻撃されていたのに、なんとか耐えていたら近代で逆転勝利

とかでしょう。

それも人類の歴史ということです。


 

D3S_2363 - La Tour A

やはり相手が望むゲームをプレイするのが良いでしょう。
というわけでおススメできる簡単ゲームを挙げていきます。

○ドブル
⇒フランス生まれのスピードです。
勿論ポーランド版を出すのは問題外です。

○ルッカチッタ
⇒6色の建物カードを集めるだけの簡単ゲーム。
プレイ感覚はウィーウィルウォックユーを簡単にした感じでしょうか?
はっきり言って先手がかなり有利なので、初心者に譲ります。
運要素がかなり高いように見えますが、それを感じるような感じないようなプレイ感覚が不思議です。
あとカードの見た目が綺麗なのが良いです。
3人からのプレイになります。

○パッチワーク
⇒定番パズルゲームです。
ガッチワーク※を敢行すると、2度とプレイしてくれないので、最初はユルくプレイするのがコツです。

※相手に有効なパッチを取らせないようにガチなプレイをすること。

さてここまで慣らしてから、本来プレイしたいボードゲームにいきたいところです。



TCGがやりたければアンドロイドネットランナーだな

さて久しぶりにブルームーンレジェンドをプレイしてみましたが、このゲームは基本的にコンボがないので、競りっぽくなりますね。

絵画(ドラゴン)が3枚(匹)います。
あなたはお金(手札)で落札してください。
全ての絵画を落札した状態で、もう一枚落札すると勝ちです。


みたいな感じでしょうか。

一つ一つのドラゴンが独立しているので連続性を感じない点は好みが分かれるところですね。


 

3834F2A8-E9CA-4E3B-A128-1D4A12D13E07


子供にも理解させやすい内容、世界地図の勉強にもなるので、ボ育に使おう!! 

パンデミックのいいところ、として

簡単な基本ルール

キャラクタ選択やランダムなカードによるリプレイ性

定期的に入手しやすい

パンデミックレガシーがBGG1位だった

などいろいろありますが、


テーマが秀逸

という一点に尽きるでしょう。

子供とプレイしてもインストで詰まる必要ありませんし、誰かを攻撃することもない。
そしてボードゲームを遊びながら、世界を救うような気分になれる、なんてゲームはなかなかありません。

蟻になったり、ヨーロッパの名士になったり、ハーレム作ったり、神々の遊びに興じてみたり‥
色々なテーマのボードゲームがありますが、パンデミックは直球なテーマで、一般受けしやすいと思います。

まあ人数が多すぎるとリーダーが必要になったり、パンデミック奉行が現れたりすることに多少目をつぶれば、最初の一個として良い選択でしょう。




 



世の中ボードゲームやで!!(意味不明)

さてボードゲームが大人の趣味としてなぜ成立しやすいか考えてみました。

①適度な価格
→ボードゲームは金がかからない趣味です。
年間で50万円もあれば結構な数買えます。
はっきり言って飽きるほど買えます。
大人の趣味の代表格であるカメラ、ゴルフ、車などでしたら、本気でやったら数倍~10倍程度はかかってしまいます。

②コレクションを自慢できる
→大人の趣味は、自慢できないと意味がありません。
入手しにくい分、レアゲーを手に入れれば(コミュニティのなかで)自慢できるでしょう。
そして最も重要な点は……

③ボードゲームとヒトくくりにしているため種類が多すぎるので、腕は”問われない”
→最も重要な点は腕が関係ないということです。
カメラやゴルフは道具だけよかったら表面上では

凄いですね、部長!!
といわれるかもしれませんが、陰口は

やっぱ道具よりも腕だな…

と言われることでしょう。

ボードゲームコレクターでも

「いや~ボク、ドミニオン勝ったことないんですよね、というか2回くらいプレイしたけどボロボロに負けたのがトラウマでやっていません(笑)」

とかよくあることですが、多くのボードゲーマーにはどうでもいいことです。
種類が多すぎてリプレイすることはありませんから。
むしろ下手な方が親近感がわきますよね、いい大人なのにボードゲームが下手ってことで笑

④時間つぶしの手段が多い
→内箱作ったり、フィギュアの色を塗ったり、英語を翻訳したりしていたら、時間がどんどん過ごせます

みなさんも是非大人のボードゲームを楽しんでみてください。


3834F2A8-E9CA-4E3B-A128-1D4A12D13E07


そろそろ桜も咲くころになりました。
というわけで、花見にもって行きたいゲームを挙げていきます。

〇ドブル
⇒The 誰でもプレイできるゲーム。
2枚のカードに描かれている共通の絵を指摘するだけの簡単なお仕事ですが、色々なプレイ方法があります。
場所をとらないことも重要な要素です。

〇戦国時代
⇒誰でもプレイできるダイスゲーム。 
和風な雰囲気と桜がよくフィットします。
サイコロをなくさないように上手く振るのが大人の流儀でしょう。

〇5本のきゅうり
⇒The 誰でもプレイできるカードゲーム。
きゅうりトークンをなくしそうなら、枝豆をきゅうりかわりにプレイすればよいでしょう。
カードがよごれないようにこまめに手を拭くのが大人の流儀です。
緑とピンクがアンバランスながらも美しいコントラストを生み出すことでしょう。 

〇ドミノ
⇒簡単ルールで誰でもプレイできる数字合わせです。
ドミノの利点は、酒で濡らされても牌なので拭けばよい、ということでしょう。
プラスチックのほうが重宝します。
今春こそドミノのルールを覚えて、宴会部長を奪取しましょう!!

まあ自分がプレイしたいゲームを持っていくといいんじゃないでしょうか、私はブルームーンレジェンドあたりを持っていきたいですね。 

1E0B86B9-92F2-4C2D-BDF7-9EA5D339DE6C

全人類だと数億人プレイヤーがいるそうですよ(話半分)

コレクターにとっては持っていることが勲章ですが、やはりボードゲームはプレイしてなんぼですから、プレイしやすい環境にあるゲームをプレイしたいと思います。

ツィクストはプレイする環境を探すのがかったるいです、妻はアブストラクトで負けるとすぐに

セコい!!

って言いますし。
まあボードゲームっていうのはそもそも小賢しくて性格がネチネチしている方が圧倒的に強いもんです。
将棋とか囲碁、チェスのチャンピオンでも、日焼けして金のネックレスジャラジャラしてそうな方ってあんまりいないですよね(当たり前)

我が家のお寒いボードゲーム事情はさておき、囲碁、将棋、麻雀、バックギャモンあたりは幾らでもプレイ環境があるのは素晴らしいです。
ただ最近のオンライン対戦はソフト打ちのプレイヤーもたくさんいるそうなので、その点は残念だなぁと思います。

別に勝つ必要はなくて、自分が自分らしくプレイできればそれでいいんですよ、私は。

そういえば、最近BGAにイノベーションが入ったそうですね。
俄然興味が湧いてきました。

早く海賊行為で得点カードを奪われたいです



真のM




↑このページのトップヘ