ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: 2人専用ゲーム


TCGがやりたければアンドロイドネットランナーだな

さて久しぶりにブルームーンレジェンドをプレイしてみましたが、このゲームは基本的にコンボがないので、競りっぽくなりますね。

絵画(ドラゴン)が3枚(匹)います。
あなたはお金(手札)で落札してください。
全ての絵画を落札した状態で、もう一枚落札すると勝ちです。


みたいな感じでしょうか。

一つ一つのドラゴンが独立しているので連続性を感じない点は好みが分かれるところですね。


 

なぜ2人専用ゲームは稼働しにくいのか?

世界の七不思議デュエル、インペリアルセトラーズ、ブルームーンレジェンドにしても面白さの割にプレイ回数が伸びなくないですか?
というわけで理由を考えてみました

①相手がいない
➡別に家族以外でもいいと思うんですが、まあ家族とプレイした方が楽しいですよ

②時間が取れない
➡まあニートでもない限り、今どきは時間に追われて生きていますからねぇ

しかし私が考える最大の理由は

③いつでも出来ると思うゲームはやらない

ということです。
買って満足してしまい、何時でもできるからいいや〜となると、ヤル気が減ります。
面子が集まりやすいこともあり、2人ゲームはそのようになりがちです。

【いつかプレイする日は永久にこない】
しかし残念なことにいつかプレイしようと思うゲームが日の目を見ることは難しいです。今やらなければ、そのゲームをプレイする日はやってきません。
というわけで、積みやすいゲームを挙げていきます

○ネットランナー
➡妻がやってくれないゲームランキングで暫定1位です。
煩雑なシステム、中2魂を濃縮した専門用語。
しかしタフなミッションほど超えたくなります。

○数エーカーの雪
➡タイトルカッコいいランキング1位じゃないですかね?内容が伝わらないのが残念ですが…

こちらの基本ルールは簡単ですが、戦争が長引く状況をリアルに再現し過ぎたために

「で、いつ終わるの」口撃を食らいます。


興奮しますよね。

で、いつ終わるの?って言われると

さて積んでしまった2人専用ゲームを崩すのは至難の技です。

やはりプレイする人と一緒に選んで購入し、その日のうちにプレイすることが重要です。
これでアルルの丘も積まないですみますね!


イスラム!!

イスファハンはとても楽しいゲームで妻も好きなのですが、欠点として

十字路付近に家が密集しており、それを利用したキャラバン戦法が異常に強い

という点があります。
しかもこちらの戦法は、別にあんまりイスファハンをプレイしていなくても、方法を知っているだけで実行できてしまいます。
そして有力な対抗手段もないため、我が家では終わったゲームになっていました。
 
つい最近、約9年前に発表された2人用ヴァリアントを試してみました。
内容は

① 使うダイスは白8個

②スタートプレイヤーは交代制。
ただし第3週の最終日は得点の低いプレイヤー

③スタートプレイヤーがダイスを振り、アクションを一つ選ぶ。
次の人がアクションを一つ行い、最後にスタートプレイヤーが2つ目のアクションを選ぶ

④黄色いダイスは最初のアクションが終わっても取り除かず、スタートプレイヤーの2つ目のアクションにも使える。
相手プレイヤーは使えず、黄色いダイスが含まれるアクションを選んだら、黄色いダイスは除去される。
また相手プレイヤーは黄色いダイスだけのアクションを選べない。

⑤建築は1アクションに数える。
ダイスをとって、必要なラクダとお金を払う。
スタートプレイヤーは1日に2つまで建築できる

⑥キャラバンは1列にラクダ2頭まで

⑦ラクダコスト不要カードとコイン不要カードを組み合わせて、建物を無料で建てることは出来ない。

なるほど、上記ヴァリアントの導入により、前述の十字路キャラバン作戦の肝である

①キャラバンの弱体化
②カードの弱体化

を行うことにより、バランスをとっていますね。

イスファハンは、とてもボードが綺麗なゲームなので(再掲載)、是非これらのヴァリアントを入れて再戦したいですね。




 


スリーブが痛む!

さて冬のアプリセールが始まりましたね。
まだミスティックベールは対象になっていないようですが、全て英語である点を除けば、デジタル一択といった感じですね。

まあ2人ベストゲームなのでなかなかオープン会では立たないわけで、コンポーネントの痛みは気にする必要ないかもしれません。

 


七五三

ツイスター リフレッシュ
タカラトミー(TAKARA TOMY)
2014-03-01


ゆっくり時間をかけて‥

婚活ダブルアクション会をボードゲームという題材でひらくのであればやはり

三浦海岸でサンオイルを全身に塗った状態でツイスター

これ以外に考えつきません。

しかし

三浦海岸でサンオイルを全身に塗った状態でツイスター

ができる関係は


ほぼ付き合っている

といっても過言ではありませんから、本末転倒といえるでしょう。

というわけで、まじめにボードゲームダブルアクション会が可能か?を考えてみました。

①基本サシゲー
⇒これは重要です。というのも3人、4人プレイでは人としての魅力を伝えるのが難しいからです。

②体を使う
⇒恋愛は理論ではなく、本能に因るところが大きいですからね。
むしろ頭脳を使わせるのはデメリットかと‥

③誰でもわかるルール
⇒日本人全員がボードゲーマーとは限りませんから

①~③を考えてみると‥‥‥

由比ガ浜でサンオイルを全身に塗った状態でツイスター

これが一番効果的だと思います。



‥‥すいません、これは私の願望でした。
でも水着ギャルとツイスター最高じゃないですか!

まあ海に行く機会がない諸兄はとりあえず

①アズールを2人プレイして、相手を勝たせる

②カルカソンヌを2人プレイして、相手を勝たせる

③タルギを2人プレイして、相手を勝たせる

④ジャイプルをプレイして、相手にルビーのカードをとらせて、相手を勝たせる

⑤告白して付き合い始める


でいいのではないでしょうか(適当





呼んだ??

二人専用ゲームには意外と名作?が多いので、おすすめしていきます。


指輪物語対決紹介はこちら

古代(決戦)紹介はこちら

ポリス紹介はこちら

全体的に渋いラインナップですが、やりこんでみるとそれなりに楽しさが見えてきますよ~

ロード・オブ・ザ・リング:対決 デラックス版 Herr der Ringe: Die Entscheidung (Deluxe Edition) [並行輸入品]

Heidelberger Spieleverlag

2BC4BD24-8529-461E-AE11-A1D362652301



【 概 要 】
アテナイとスパルタの都市国家戦争を
シミュレートした文明開発型ゲーム。

評価;A

面白さ(☆1〜3) ☆3
⇒わかりやすさと奥深さを
両立しています。

内容物(☆有無) ☆1
⇒かなり多いです

入手(☆有無) ☆1
⇒イエサブ新宿店で買える?

合計 ☆5

二人専用信長の野望。
小麦と勝利点の枯渇で、初心者は最後までプレイする前に終わる可能性が高いです。

ルール一つ一つは簡単だが、プレイヤーができることが13種類(大別しても4種類)あるので、

「で、次は何すればいいの?」攻撃を受けやすいです。

戦争はカードで行われるので練習すればすぐできるようになります。
3すくみなので、簡単です。
カードテキストがドイツ語なので、よくわかりません。

【プレイのコツ】
•まず4ラウンドプレイできるように
➡とにかく小麦を稼がないとすぐに終わります。

小麦を稼ぐには、交易と年貢があります。

 また市民を兵士や船に変えることで小麦の消費量を減らすことができます。

勝利点が減る?背に腹はかえられません!

•一人でプレイする(自主練)
➡このゲームはインスト命です。
説明書の一言一句はもちろん暗記し例外処理もBGGを参考に解決する必要があります。

インストをグダつくだけで、相手の顔はみるみる曇り、

「もういいよグラスロードやろう」

となってしまいます。

そのためにも一人で2人分プレイする自主練で、スムースなゲーム運びをマスターします。

最近、よくガイスターをプレイします。

このゲームは大変よくできたブラフゲームです。
おススメゲームとしても頻繁に紹介されます。
しかし私は違和感を覚えます。
初心者向けではないからです。

将棋のようなコマを取る動きと、コマを当てる要素(ブラフ)がゲームのキモだと思いますが、二つに頭を絞ることが初心者向けとは言えないのです。
考えることが二つ以上あるゲームは初心者には向かないです。
ナゲッツにも同様のことが言えます。

そしてもう一つ初心者向けではない点がブラフ要素です。
ガイスターは定石の動きを複雑化するためにブラフ要素があると思うのですが、定石を知らない初心者にはあまり機能していないです。

初心者向けとしては、5本のきゅうりあたりのすぐにプレイする規範がわかるゲームが適しています。
今冬に出た世界の七不思議デュエルやインペリアルセトラーズはある意味初心者向けにもプレイできるので、いいと思います。

○世界の七不思議デュエル
⇒カードを取り、建てる or 捨てるを選択するだけなので、わかりやすい。
間違った手を打ったら、経験者が修正すればよい

○インペリアルセトラーズ
⇒資源を残さないように進めれば、ある程度はうまく回せる。
間違った手を打ったら、経験者が修正すればよい



 



KoA!! 

さて先日、とあるKOF98の動画を見ていたところ、ガチ勢とエンジョイ勢とでキャラクター選択が違っていました。

そもそもKOFとはキングオブファイターズの略で1994年から2000年代初頭まで 流行った格闘ゲームです。
でKOF98は98年度版KOFなわけですが、結構出来が良くて今でもプレイされることがあります。

さてガチ勢となると、庵、大門あたりを必ず入れて、あとはお好きにといった感じです。
しかし先日見た動画ですとガチ勢なのにキャラクターをランダムセレクトしていました。
KOFはキャラクターが多いので、あまりキャラクター間のバランスが取れていなくて、始まる前から

お前は既に死んでいる

となる場合が多いのですが、やはり上手いプレイヤーですとキャラクター性能が多少悪くても、かなり魅せるプレイができます。

KOF98のランダムキャラセレクトは確かにガチ勢の取る行動ではありませんが、プレイングはガチ勢そのもので、人を感動させることができます。

そしてなぜ人を感動させるか?といえばやはり「勝利を求める」姿に感動するのではと思います。

勝負にこだわらない、というプレイでは人を感動させることは出来ません。
結果として負けることはあるかもしれませんが、いわゆる妙手は勝利を求める過程にこそ生まれます。

というわけで、ランダムセレクトで勝負の機微を楽しめそうなボードゲームを挙げていきます。

○テラミスティカ
→陣取り要素がありながら、他プレイヤーと共存共栄を図るという不思議な拡大再生産+陣取り。
キャラクター性能が全く異なるので、種族毎の対策をプレイヤー全員が知らないと、ワンサイドになりがちなのが、欠点といえば欠点でしょう。

○ツォルキン拡張
→ツォルキンの拡張でリリースされた各部族は、かなり雑な調整なので、強キャラと弱キャラがハッキリしていますが、ここら辺はKOFっぽいとも言えるので、是非ランダムセレクトでプレイして欲しいと思います。

○マルコポーロの旅路
→こちらは一部キャラクターを除いて、かなりバランスが取れたキャラクター調整が効いています。

コミュニケーションを求めて勝敗度外視でプレイする、でもいいんですが、せっかくプレイするならカタルシスを求めてしまうのが、やっぱりゲーマーではないでしょうか?


↑このページのトップヘ