ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: 伊集院静

3318746F-AC0F-4AFF-95F0-EE0D5DA71524

子供に教えるなら囲碁!!

小さい子供に囲碁を教えるのは難しい。
つい語気を荒げてしまい、妻に叱られてしまった。
なにしろ言うことを聞かない。
しかも、子供はふざけてわざと間違えるからだ。
きっと私を怒らせて喜んでいるのだろう。

アブストラクトは教えるのが難しい。
言語化できないからゲームをプレイして教える。

一番良くないのは、大人が勝つことだ。
子供にとっては勝利こそ唯一の価値だからだ。

負けただけで、やる気を失い、もうプレイしなくなるだろう。
所詮ボードゲームはone of them、遊びの一ジャンルに過ぎない。

そしてもし負かすなら、なぜ負けたのか?どこで負けたのかを言葉で教えて、その特異点からプレイし直させることが大切だ。

キミが悪いのではない、キミの123手目が敗着なのでこう打つべきだ

アブストラクトを教えるのは難しいが、とても楽しい






そして2か月目に忘れる!!

先日のゲームマーケットで、(原作者にブロックされているにもかかわらず)ハンザの女王を買おうかなぁ?と思ったわけですが、あんまりハケていなかったので

これは普通にホビージャパンフェスティバルで安くなってから買うか?

と思いました(日記風書き出し)



さて、そんなこんなでスタグフレーションを軽くなで斬りしたところで、
CUBE閉店についてです。

いやぁ、これはちょっと驚きましたが、まぁ妥当なところでしょう。
マンション1室だけの店舗ですから、在庫を置くスペースを確保するだけで大変そうです。
そしてボードゲームの中古シーンは簡単にいえば

1流ゲームはマニアが確保し、1.5流以下が流通している

ような状態です。
BGGでいえば2000位以上でしょうか。

もちろん1.5流のゲームでも十分に面白いわけですが、結構ダブついている印象がありますね。
これはゲームマーケットでも感じました。

本当に面白いゲームは(当然ですが)中古ではなかなか出ません。
そして出たとしても駿河屋プレミアム価格ですから、なかなか買われないでしょう。

そんな縮小しつつある、あるいは駿河屋一強の中古ボードゲーム市場ではこれ以上やっていけない、というキューブの見解は、ある意味賢明な判断だと思います。

これがボードゲームブームの終わりの始まりの前兆か?といわれると、1店舗の話ですから、あまり気にする必要はないかもしれません。しかしボードゲームが発売され過ぎて飽和状態にあるのは事実ですから、結局マニアが死蔵するだけのコンテンツは遅かれ早かれ廃れていくのではないでしょうか?


左から枝分かれする人生

さてヤマタイが発売になりました(何年前?)
ニコボドで☆3ですから、プレイする価値なし?

かと思えば、そんなことはなく、なかなか良いゲームだと思います。
ファイブトライブズもそうですが、アブストラクト風味がかなり強いので実力差がかなり出るのは注意が必要です。
また

下手の考え休むに似たり

ということを露骨に想起させるゲーム性ですから、プレイするときは注意しましょう。
そして

長考するプレイヤーほどプライドが高い

ということも考えたうえで、舐めプをせずに首を切り落とす優しさがあることも覚えておいたほうが良いでしょう。

さてヤマタイ単体でプレイするとそんなに悪くない出来ですが、ファイブトライブズと比べると見劣りします。
理由を考えてみるとやはり初期盤面の不自由さにあるところでしょう。

最初は打てる箇所がすくなく徐々に増えていくパターンです。
一方ファイブトライブズは最初選択肢が多く徐々に少なるパターンです。

私はどちらかといえば最初選べる手が多いほうが窮屈さを感じないので、好きです。
まあここら辺は好みの問題でしょう。

どちらも日本ではあまり流通していないので、輸入するとよさそうです。







積みゲー山盛り!!

ボードゲームプレイヤーにはノンリプレイ派なる輩もいるそうです。
新作をどんどん購入し、ただの一回で全てを知ったかのように情報を流す。
安酒を煽る学生とかわりがありません。

これは大人のすることではありません。
ただ情報に流されているだけの子供です。

やはり大人たるものマイフェイバリットを持たなくてはいけない。
別に山崎でも八海山でもコロナでも、なんでもいいのです。

大げさに言えば、自分の人生の末に行き着いた、そんな苦楽を共にしたボードゲームを持ちたい。

そのようなゲームに出会うにはやはり何度もプレイしなくてはいけない。
結局ノンリプレイ派の話など聞く必要はないのだ、下手をしたらルールすら間違っているかもしれない。
彼らはゲームの本質にたどり着くことなどできないのだ。


私のフェイバリット?

それはもちろん

おっぱい•おしり•サンシャイン



追い続けることに疲れた……

ボードゲームのブームは昨今のSNSによる情報発信と密接にリンクしている。
ボードゲーマーをつないでいるのはSNSで、不特定多数のプレイヤー同士、出会うことができるようになった。

それに伴い情報もどんどん入ってくる。
1000人いれば1000タイトルのオススメボードゲームが流れてくる。

ボードゲームは(特に日本では入手しにくいから)入手することに快感を覚える。
私もそうだった。

しかし今は情報を集めること、あるいは情報が耳に入ってくることに疲れてしまった。

私もとっくに人生の折り返し地点を過ぎている。
このままどんどんボードゲームを増やしていっても、全く上達しないまま人生が終わってしまう。

せめて買ったボードゲームは町内会で一番強い、くらいにはやり込みたい、と思うのがボードゲーマーの心理ではないだろうか?

1個極めるのに100回プレイしたとして、200時間。
50個極めるのには10、000時間かかるのだ。

というわけで、これからは手元にあるゲームを大切に攻略しつつ情報を発信していければ幸せな気がする



 


自分に合わないゲームのことをノットフォーミー略してNFMと言うらしい。

みっともない言葉だ

いつのまにか日本人は恥の感覚も失ってしまったらしい。
元来日本人は寡黙な民族だ。
しかしいつからか、ペラペラと無駄口ばかりたたくようになってしまった。
そして自分に合わないモノをむやみに攻撃する。
自分に合わなければ理由もなく攻撃する。

まあ攻撃すること自体は別に構わない。
私だって文句を言いたくなるときはあるし、実際にネガティブなレビューでも気にせず書く。
しかし出来るだけ理由を挙げて書くようにしている。
わたしのむらのじんせいもそうだ。
なぜ私はわたしのむらのじんせいが嫌いか?をネチネチと書いた。
私は村の人生が好きすぎるので、わたしのむらのじんせいが嫌いなのだ。

さて話を戻す。
NFMという言葉の問題は取り付く島のなさだ。
理由も言わずNFMとはどういうことだ。
NFMという言葉に、取り付く島のない、理由も根拠もない、いわれのない差別を感じる。
理由もなく忌み嫌い、差別するために使う言葉がNFMだ。

まぁ村八分という言葉があるくらいだから、日本人の根源には島国根性ならぬ、NFM根性が備わっているのだろう。

しかし私は仮に自分に合わないゲームでも、NFMは使いたくない。
そんな言葉を使う自分に失望してしまうからだ。

さて、こんな汚い言葉をTシャツにして着る輩がいるのだから、もしかすると日本の社会は終わっているのかもしれない。
こんなTシャツを着るくらいなら、しまむらで買ったKOF2000Tシャツを着て銀座を歩くほうがマシだ
(魔界村でも可)



手はたくさんあるけれど……

ボードゲームは買うと嵩張る。
そこで部屋の片隅に積んでいくとあっという間に私の身長(180cm)くらいには積み上がってしまう。
気にせずにどんどんどん積んでいくと月を越えて火星まで……行くはずもなくドサッと崩れ落ちる。

私もとっくに人生の折り返し地点を過ぎている。
このままどんどんボードゲームを増やしていっても、全く上達しないまま人生が終わってしまう。

せめて買ったボードゲームは町内会で一番強い、くらいにはやり込みたい、と思うのがボードゲーマーの心理ではないだろうか?

1個極めるのに100回プレイしたとして、200時間。
50個極めるのには10、000時間かかるのだ。

やはり時間は有限なので、プレイしないゲームはどんどん手放すかボードゲームカフェでプレイするのが一番ではないだろうか?


 


浅草に向かうべきか?

本当の大人はどんな風にボードゲームを買うのだろう?

大人はオトナらしくボードゲームを買いたい(まあ、いい年をしたオトナの大人はボードゲームなど買わない気もするが…)

【安いから、と言っても、見えている地雷を踏むわけにはいかない】
➡やはりいくら安くても、504を買っても仕方ない。
なにしろ504だからだ。
私の村の人生?半額でも買う価値はないだろう。
そんな金があったらザギンでシースーだ(村の人生でザギンでシースーは無理か……)

というわけで、やはり大人だったらイエサブで定価買いが社会を支える意味でも理想的と言えるだろう。




 
 


おしごと、怖い‥

オープン会に行くと色々な人がいます。
口うるさいボードゲーマーもいるわけです。

○身だしなみに気をつけろ
○臭いに気をつけろ
○手を洗え
○コンポーネントを乱暴に扱うな

まあここら辺はわかります。
自分がされたら嫌ですからね。
これはボードゲーム以前の問題ですからね。
しかし‥

○お仕事をしろ
○キングメーカーになるな
○長考するな
○常に勝利を目指してプレイしろ、舐めプするな

○俺は狭量だから、上記プレイは認めない

※ここでいうお仕事とは、俺の思い通りにプレイして、俺を勝たせろ、という意味です。

といわれても初心者は

???


でしょう。
そりゃそうです、だって初心者ですから。

理不尽なプレイを容認できないなら、3人以上のボードゲームなどやらないほうがいい。
理不尽なプレイを容認できないなら、2人専用のボードゲームをプレイすればいい。
理不尽なプレイを容認できないなら、ひとりでずっとプレイしていればいい。

自分が初心者だった頃を思い出すべきだろう。
 


海外はいい!!

世間はGWモードですが、私は締め切りに追われてそれどころではありません。
もう、すっかりなれました。

さてせっかく妻が仕事に出ているので悪事を企てることにする。
ボードゲームの輸入である。

まあ輸入といっても海外サイトからぽちぽちと買うだけだが
‥‥おお!あれも!!これも!!やすい!!!
最初の30分はあまりの安さに興奮してみたが、冷静に考えると

こんなに安いなら無理してすぐに買う必要はない、と気づく。

なるほど、ボードゲームとは結局その程度かもしれない。
オープン会で見せびらかしたところで、ちっぽけな自尊心を満足したところで何も変わらない。
それなら稼働しやすいゲームを買って、妻と楽しくプレイした方がいいに決まっている 

というわけでAmazonからラプトルを買ってプレイしようとしたら
妻がすぐに新しいゲームと気がつき機嫌が悪くなってしまった。

ラプトルの箱絵はもっと没個性的な方がいい。 

↑このページのトップヘ