ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: きにボド


3834F2A8-E9CA-4E3B-A128-1D4A12D13E07
皆さんは誰とボードゲーム をプレイしていますか?
私はクローズ環境が多いです。

つい最近までクローズ環境はオープン環境より優れていると思っていましたが、一概には言えないことがわかりました。クローズ環境は相手が特定される分、特定の相手がいなくなるとプレイする機会すらなくなる、ということです。

そういえばマスターズ100mの記録を持っている100歳近いおじいちゃんが、

80後半になったら碁敵が死んでいなくなったので一人でできる陸上を始めた

と言っていましたね。
結局相手がいなくなるとやめることになってしまうのはクローズ環境の弱点といえるでしょう。
この点ではオンラインゲームの方が優れているかもしれませんね。
しかし昨今の伝統的なアブストラクトをオンラインでプレイしようにも

殆どがソフト打ち

という世知辛い環境ですから、そういう意味ではBGAなどのオンラインボードゲーム 環境は優れているのかもしれませんね。
 


彼女と死体!!


あまり2人プレイでの評価がないので、感想を書いてみました。

①時間は1時間程度まで短縮できそう
⇒2人だと4ラウンドですから意外と直ぐに終わります。

②ダイスを買われるとツラい
⇒ プレイヤーが2人しかいないので、ダイスを買われるダメージが大きいです。
影響力を使ってダイスを振りなおすことも視野に入れます。
これは3人プレイでも同じですかね?

③最後の2ラウンドしか余裕はない
⇒ 3ラウンド目と4ラウンド目にならないと、全てのカードが出てきません。
実質2ラウンドで決着をつけることになります。

④人物カードの得点が馬鹿にできないので、出来る限り幅広くプレイする
⇒4人の人物カードが出てくるので、6点は無理でも3点、少なくとも1点は取れるよう手広くプレイする。
そのためには相手の人物カードを読むことが大切です。

結論)
並の2人専用ゲームよりも面白いので、是非プレイして欲しいです。
4ラウンドしかないので、

さあこれからが本番……ってもう終わり!?

感がハンパないので、毎日プレイするといいですよ。


国産(惨?)ボードゲームだらけになりました。

さてアークライトのビックリ箱がクソ箱と定評ですが、そもそもこーいう福袋には碌なものがはいっていません。
もしホビージャパンがリリースしたとしたら

たたらばと森
ダイスエイジ
ハンザの女王
フューヴェル

のクソゲー四天王が漏れなく入ってくることでしょう

 




あまり2人プレイでの評価がないので、感想を書いてみました。

①時間は1時間程度まで短縮できそう
⇒2人だと4ラウンドですから意外と直ぐに終わります。

②ダイスを買われるとツラい
⇒ プレイヤーが2人しかいないので、ダイスを買われるダメージが大きいです。
影響力を使ってダイスを振りなおすことも視野に入れます。
これは3人プレイでも同じですかね?

③最後の2ラウンドしか余裕はない
⇒ 3ラウンド目と4ラウンド目にならないと、全てのカードが出てきません。
実質2ラウンドで決着をつけることになります。

④人物カードの得点が馬鹿にできないので、出来る限り幅広くプレイする
⇒4人の人物カードが出てくるので、6点は無理でも3点、少なくとも1点は取れるよう手広くプレイする。
そのためには相手の人物カードを読むことが大切です。

結論)
並の2人専用ゲームよりも面白いので、是非プレイして欲しいです。
4ラウンドしかないので、

さあこれからが本番……ってもう終わり!?

感がハンパないので、毎日プレイするといいですよ。



ドS

さておしりたんていカードゲームがとうとう発売になります!

なんか見た目がペンギンパーティに似てるなあ

とボードゲーマーなら誰しも思うところでしょう。
しかし見た目が似ているだけで

パクリ

非ライセンス

海賊版

と罵るのは、大人気ないを通り越してヒステリックさすら感じます。

男の更年期障害ですかね?

あるいは権利にうるさいクニチーまで届くように声をあげているのかもしれません。
過去にあった天空盤を危惧している方もいるかもしれません。

しかしルールがオープンになってないボードゲームに、見た目だけで判断するのは危険だと思います。
見た目だけならトワイライトインペリウムとエクリプスは似ています。
ゲーム性でいえば、砂漠を越えてとバロニィはかなり似ています。

このように

◯叩くのが好きで叩いているんじゃないです、でも僕は正義感が強いので
(ルールも発表されてないけどペンギンパーティと見た目が似ているから)とりあえず叩こうと思います。

◯オープン会で知り合った女子といいことするなんて(羨ましい!!しかもゴム紐を付けないなんて)破廉恥な!よし確証はないけど騒いでみます!

は魔女裁判や廃仏毀釈を彷彿とさせる同調意識の暴徒化のようで、個人的に好きじゃない。
まあボードゲーマーはそんなに人数がいないからあんまり関係ないかな笑


 

Torres
Wolfgang Kramer
Huch & Friends
2017-09-01



こんばんは、牧場主です。

【概要】 
アルゼンチンの大平原を舞台にした陣取りゲーム。

【こんな人におススメ】
・陣取りが好き

・アルゼンチンに旅行に行ってきたばかり

・動物のカードを見ると興奮する

・将来は牧場主になりたいと密かに思っている

評価;B

面白さ(☆1〜3) ☆3
⇒ルールは一見すると複雑ですが、勝利点とお金の2種類の価値の流れが理解できれば、簡単です。
2軸構造の陣取りはあまりないので、このゲーム独自の面白さ、といえるでしょう。

内容物(☆有無) ☆1
⇒両面ボードはお得感があります。

入手(☆有無) ☆0
⇒今は入手しにくいです。
→リメイクが決定しています。


合計 ☆4

自由な場所に陣取りするのではなく、ランダムに配られる手札に依存するので、腕の差は多少カバーできます。

お金を稼ぐ⇒陣地を取る⇒勝利点を得る⇒お金を稼ぐ⇒…

という流れを理解できていないと、勝利することが難しいです。

このゲームは動物を市場に繋げる(=お金を稼ぐ)ゲームではなく、土地を広げる(勝利点を獲得)ゲームです。

土地はランダムですが、お金を余分に支払うことで、ある程度選択することができます。
そして点を効率よく稼ぐためにハチエンダや池を購入していきます。

4人プレイだとかなり窮屈ですが、2人ですと広々とプレイできます。
しかし、相手を放置しすぎると、手札運のゲームになってくる可能性もあるので、しっかりと邪魔をしましょう。

【プレイのコツ】 
○早めにハチエンダを取る
➡ハチエンダは土地・動物の長さに応じて勝利点を増やすことができます。
数が有限ですので、早く取りましょう

○草原をいつ使用するか考える
➡草原は数少ない中央に広げることができる土地です。
単に市場に接続する手助けだけで使用するにはもったいないです。
相手の近くで使い、中央進出を邪魔したり、自分の土地を連結させるために使いましょう。

○池の使い方
➡池の特殊な使い方として相手の邪魔をすることができます。
どこにでも置けるため市場への連結を阻止できるのです。

この方法は勝利点を相手に与えるようなものなので、十分に注意しましょう。

ハチエンダはお金でカードを買い、カードを使い陣取りを行っていくゲームです。
基本的には動物でお金を稼ぎ、稼いだお金で土地を買い勝利点を増やしていきます。

流れが若干分かりにくいのですが、慣れてしまえばどうということはありません。
このように2種類の価値で行う陣取りは大変珍しいような気がします。
囲碁ですら地だけが価値基準ですから…

なんか凄い陣取りのような気がするんですが、イマイチ人気がでません。
やはり腕の差が出るところが問題なのでしょうか?あと若干地味なところですかね?

ホワイトゴブリンから再販されますが、こういう再販物はせっかく発売されてもあまり盛り上がらないことも多いんですよね。

トーレスとかも再販されてから鳴かず飛ばずなので、結局目新しいバレージとかにボードゲーマーは食指が伸びるのかもしれません。



電力会社の違いについてまとめてみました。

 そもそもどういうゲームなのか?

①発電所をオークションで落札
🔽
②燃料を買い、電線を整備
🔽
③お金をもらう
🔽
①に戻る


なるほど、基本は簡単ですが面倒くさいゲームです。

①がオークションなので、発電所の価値がゲームにより異なる、ということです。
オークションは、共通の価値観で進めればゲームとして成り立つが、別の価値観が入ると場が乱れます。
まあそれも一局なんですが‥

②では電線路の整備が結構大変です。
都市間の数字を勘案して効率的な場所を抑える必要があるからです。初期都市の位置関係が重要なので、初心者には難しい‥
というかどうすれば上級者になれるんですかね、あんまりプレイする機会がないんですけど‥

①と②を頭に入れつつ、変動する燃料費‥すべて数字なので、暗算が得意でないと面倒なゲームで、終わってしまうかもしれませんね。

というわけでほぼゲームの魅力がわかったところで、新旧比較します。

【DX版の優れている点】
○細かいルールがボードに記載されてプレイしやすい

○ゲームバランス改善
➡特定の強い発電所が弱体化、などバランス調整されました。

○ボードとコンポーネントが改善
➡デカイことはいいことだ

【旧版の優れている点】
○拡張マップ
➡現時点で拡張マップは一切新版では使えません

現状では新版で充分な気がします。
しかしゲーム内容がかなり初心者に優しくないので、ヘビーローテーションする環境でなければ楽しめないゲームといえるでしょう

いつも目にするけど何故か話題にならない「気になるボードゲーム」略して

きにボド 

今回はイノベーションについて取り上げます。

イノベーション紹介はこちら

世間でも数少ない

ボロカスにレビューしても誰も嫌な気分にならないゲーム

じゃないでしょうか?
しかしBGGだとほどほどに高い順位です。

さてどちらの評価が正しいのでしょうか?


【外観】
一見すると文明発展系ゲームの知的な雰囲気を醸し出しています。
これがゲーム内容との乖離の始まりです。

【コンポーネント】
さて肝心の中身ですが、実体は(ほぼ)カードのみという潔さです。
しかし同じカードは1枚も無いので、次はどんなカードが出るか?楽しみになります

【ゲーム内容】
実際にプレイしてみましょう。
このゲームは1の時代(原始時代)から10の時代(現代)までのカードをプレイし、文明を発展させていくゲームです。

5種類の属性があり、それぞれのジャンル毎にカードを発展させ、各時代を制圧することで勝利を目指します。
最大の特徴は複雑な勝利条件と、特殊な日本語、そして

”人類の歴史は戦争の歴史だ!!"

という作者のメッセージが伝わってくるような攻撃性です。

しかし実際にプレイしてみると時代が進む度に凄まじいインフレが起きるため、一方的に攻撃される事は稀です。やったらやり返される、ということですね。

【拡張性】
さて拡張はいくつか出ていますが、日本語化されているエコーズに触れましょう。
なんか追加されているカードが妙に庶民的だったりします。
タイプライターとかカラオケとかMP3とか

ジミヘンとか

火薬と人工知能と核分裂とジミヘンが同じ土俵で競い合うって、ちょっと凄くないですか?
こんなカオスなゲームは他に無いですし、それで(多少破綻しているが)ゲームの体裁を成しているところが凄いです

そしてタイトルがイノベーションなんて気取ったタイトル名なので、中身を誤解されやすいのかも?
「スーパー文明大戦〜アインシュタインとナポレオンがカラオケで対決したら核分裂してドリー爆誕!?」とかにした方がわかりやすいと思います

評価が低い理由はプレイ回数の少なさだとおもいます。
4人でプレイしたら、全カードの1/4しか自分でプレイしません。
このゲームは同じカードは1枚だけなので、全容を把握しないまま評価しているのでしょう。
またカードの巡り合わせが悪かった場合も評価が下がります。
これはRAと同じです。

熱い展開としては

原始から中世にかけて一方的に攻撃されていたのに、なんとか耐えていたら近代で逆転勝利

とかでしょう。

それも人類の歴史ということです。


 


パンデミックがあれば十分じゃないの??

みんな大好き協力ゲーの雄「禁断の島」がついに発売になります。
協力ゲーはとりあえず「パンデミック」「まじんのごちそう」「禁断の島」があれば十分ですね。
そいじゃぁまた~♪

☆7≒2回プレイして放出案件



















さて、アークライト様はとりあえずテラフォーミングマーズを大量生産すれば天下をとれる気がするのですが、そこは奥ゆかしい、あるいは焦らし作戦ということで、禁断の島を投入してきました。


うーん、パンデミックじゃだめですかね?

そんなにボードゲーマーは協力ゲー好きじゃないと思うんですよね、奉行問題があるから。

とりあえずパンデミックを持っていなくて、パンデミックじゃない協力ゲーが欲しければ買ってもよいかもしれませんね。








トロワ


あまり2人プレイでの評価がないので、感想を書いてみました。

①時間は1時間程度まで短縮できそう
⇒2人だと4ラウンドですから意外と直ぐに終わります。

②ダイスを買われるとツラい
⇒ プレイヤーが2人しかいないので、ダイスを買われるダメージが大きいです。
影響力を使ってダイスを振りなおすことも視野に入れます。
これは3人プレイでも同じですかね?

③最後の2ラウンドしか余裕はない
⇒ 3ラウンド目と4ラウンド目にならないと、全てのカードが出てきません。
実質2ラウンドで決着をつけることになります。

④人物カードの得点が馬鹿にできないので、出来る限り幅広くプレイする
⇒4人の人物カードが出てくるので、6点は無理でも3点、少なくとも1点は取れるよう手広くプレイする。
そのためには相手の人物カードを読むことが大切です。

結論)
並の2人専用ゲームよりも面白いので、是非プレイして欲しいです。
4ラウンドしかないので、

さあこれからが本番……ってもう終わり!?

感がハンパないので、毎日プレイするといいですよ。

↑このページのトップヘ