ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: トラヤヌス


人間関係が壊れるから



最近だらだらとアンガールズのコントを見ていたら面白い場面がありました。

将棋は金をかけなきゃ面白くない

山根さん、かけ将棋で友達なくしましたよね

ここがとても興味深いなぁ~と感心しました。
たまにボードゲームでは金賭けたほうが楽しい論がでます。

金を賭けてはいけない理由を法律以外で説明するのであれば、これが一番シンプルでスマートな回答でしょう。

ボードゲームで金を賭けてはいけない理由は

相手との人間関係が壊れるから

です。
誰も傷つけない、スマートでシンプルな模範回答だと思います。




FKKツアーはこちらで。

さてせっかくエッセンに行くのであればFKKにもよりたいところです。
しかしエッセン周辺にはまともなFKKはありませんので、エッセンに行かれる方は

デュッセルドルフ

に一旦寄るのがよいでしょう。



一年が早い!!

さてもう9月ですね。
仕事も忙しくなるとうっかり無駄なゲームをポチってしまうこともあります。
で届いてから

何でこんなゲーム買ったのだろうか?

とならないためにもオススメゲームを挙げていきます。
今回は複数人ゲームだけど2人ベストあるいは2人でも楽しめるゲームを挙げていきます。

①インペリアルセトラーズ
→4種類の文明で拡大再生産していく文明発展系ゲームです。
カードのシナジーを考えつつも、ランダムセットアップなので、そこまでカードを覚えなくてもどうにかなりそうです。
日本の武者だまりを使うと、妻の機嫌が悪くなりますから、日本を使用しないのが吉でしょう。





②コンコルディア
→2人マップ以外にも複数人マップでも意外と楽しめます。
というか初心者は複数人マップを使ったほうがノビノビとプレイできるので楽しめます。





③キーフラワー
→キートゥザロンドンの元ネタ作品です。
ルールの数が多すぎるくらい多いのですが、2人プレイなら安心してプレイできますね。
2人でプレイしても十分すぎるくらい考えるので、マニアも納得です。



④ 村の人生
→ やりたいことができる、と評判のワーカーリプレイスゲームです。
古い、という点を除けば価格面といい、日本語版といい最高のゲームだと思います。
古いといっても囲碁とくらべれば卵みたいなもんですが…




⑤ トラヤヌス
→アクアスフィアでもいいんですけど、アクアスフィアはゲタを履かせないと上級者には絶対初心者は勝てないので、こっちにします。
間違えました、トラヤヌスもゲタを履かせないと勝てないゲームでした。

箱絵が青一色でカッコいいのでお勧めします。

最近は白なんですね。





 



トラヤヌスは超えられない

フォルム・トラヤヌム 日本語版








ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2018-12-06

とうとうフォルムトラヤヌスが発売になりましたね~トラヤヌスが好きな方、ローマ帝国が好きな方はぜひプレイしてみてください。そいじゃぁまた~♪











‥‥‥‥やはりフェルドも人間なんですかね?老いには勝てないとか‥‥‥あるいは新しいボードゲームのシステムなどあらかた掘りつくされてしまったのかもしれません。
実際、スカウトアクションでタイル並べゲームが1位になるくらいですからね。

さてフォルムトラヤヌスです。
まあテーマが同じ、というだけで

トラヤヌスには足元にも及ばない

という印象ですね。この程度のゲームだったら、フェルドじゃなくても作れたんじゃないですかね???

まあ今後はクニチー商法をフェルドも実践していく、ということでしょうか。
結局過去の名作を超えることはできないんですけどね。


詐欺師のイラスト(女性)
基本的にボードゲームって相手に嘘をついてナンボなシチュエーションがおおい気がします。
まあ嘘をつく、まではいかないにしてもすくなくとも

こちらが考えていることがばれないようにする

ということはほぼすべてのゲームで必要なんじゃないかなぁ?
という気がするわけです。

そう考えるとボードゲーマーの性格がどんどん歪んでいくのもわかる気がします笑


さてというわけで、相手に意図を悟られないようにするのが肝要なボードゲームを挙げていきます。

○グラスロード
→相手とバッティングしないように職業カードを出していくゲームです。
読みが大事なゲームですので、神経をつかいますが、すぐ終わるので複数回プレイに向いていますね。
少人数でも面白い、というか寧ろ4人は時間がかかりすぎますかね??

○ノートルダム17
→こちらもバッティングゲームです。
バッティングゲームは時間があまりかからないので、複数プレイに向いていますね。

○ラプトル
→非対称2人対戦ゲーム。
相手のカードを適度に読む必要があるバッティングゲームですが、詰め将棋的な要素もありますね。
なんかラプトルの方が難しい気がするのですが、気のせいですか??

みなさんもバッティングゲームを楽しんでみてください。
そいじゃぁまた~





①ブロックス
→1番は小回りのきくアブストラクトがいいですね

②ドミニオン
→2番はプレイ人数が器用なカードゲームがいいですね

③サイズ
→3番は長打が狙えるボードゲームが良いです

④トワイライトインペリウム
→ラスボス感がありますね

以下は好みでしょうか?

⑤宝石のきらめき(スプレンダー)
⑥ノートルダム2017
⑦世界の七不思議デュエル
⑧パンデミック
⑨横濱紳商伝

意外とアマゾンだけでも上質なボードゲームが購入できますので、是非軽いゲームに飽きた方は重めのボードゲームも楽しんでみてください

そいじゃぁまた~



トラヤヌスは超えられない

フォルム・トラヤヌム 日本語版








ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2018-12-06

とうとうフォルムトラヤヌスが発売になりましたね~トラヤヌスが好きな方、ローマ帝国が好きな方はぜひプレイしてみてください。そいじゃぁまた~♪











‥‥‥‥やはりフェルドも人間なんですかね?老いには勝てないとか‥‥‥あるいは新しいボードゲームのシステムなどあらかた掘りつくされてしまったのかもしれません。
実際、スカウトアクションでタイル並べゲームが1位になるくらいですからね。

さてフォルムトラヤヌスです。
まあテーマが同じ、というだけで

トラヤヌスには足元にも及ばない

という印象ですね。この程度のゲームだったら、フェルドじゃなくても作れたんじゃないですかね???

まあ今後はクニチー商法をフェルドも実践していく、ということでしょうか。
結局過去の名作を超えることはできないんですけどね。



ぼくはトワストやりたい!!

さてもうすぐ冬休みです。
まあ、まだ先ですがあえていいます。

もう冬休みですね。

というわけで、冬休みにプレイしたいボードゲームを挙げます。
予定を立てている間が一番楽しいともいいます。

○トワイライトストラグル
→先日耳鼻科で2時間待っている間にあらかたルールは理解したので、是非覚えているうちにプレイしたいですね。

○フードチェーンマグネイト
→こちらはルールを読むところからですが、なんとか時間のある冬休みにプレイしたいですね。

○イスファハン
→こちらはしばらくご無沙汰なので、たまには箱を開けたい笑

○イスタンブール
→基本しかプレイしていないので、是非拡張を制覇したいなぁ、と

冬休みまで、まだまだ時間はありますが、妄想力で仕事を乗り切りたいと思います






 

トラヤヌスの命令でローマ帝国を繁栄させるワーカープレイス?
なんかワーカープレイス以外にも色々ありますが…





【こんな人におススメ】
○ローマ帝国には親近感を覚える

○軍拡路線のトラヤヌスに心酔している

○多少複雑でも最後まで諦めずにプレイしてみる

○4人だと待ち時間が長いので、2人プレイの方が向いている

プレイヤーが出来るアクションは6種類ありますが、決めるのはプレイヤーではなくマンカラです。
マンカラの動きによってアクションを決める、というと小難しそうですが大したことはありません。
というのもアクションには明らかな強弱があるからです。

強いアクションばかり実行すると、アクションの選択肢がどんどん狭くなるので、いざという時に相手の邪魔を出来なくなります。
BGGではベスト4人ですが、2人でも十分に楽しめます。
というかマンカラは長考誘発カジェットなので、2人の方が快適にプレイ出来そうです。
あと4人プレイだと4番目のプレイヤーがかなり辛そうなので、ゲタを履かせるのが良いでしょう。

【プレイのコツ】
○マンカラで悩まない
⇒悩んでもあまり意味がないので、大雑把にトラヤヌスタイルを取るか?他のアクションを取るか?ぐらいに考えていたほうが良いでしょう。

○トラヤヌスタイルは、初心者は「+9」か「娯楽・宗教・パン」
⇒+9は一番わかりやすい得点方法です。
「娯楽・宗教・パン」は減点を軽減できます。

○売ってないときは…
⇒最近はあまり売っているところを見ません。
定期的に再販されているようなので気長に待ちます。
それでも待てないならアクアスフィアでとりあえず間をもたせませましょう。
こちらも同じ作者なので、テイストは違いますが、複雑さは似ています。




トラヤヌスの命令でローマ帝国を繁栄させるワーカープレイス?
なんかワーカープレイス以外にも色々ありますが…

【こんな人におススメ】
○ローマ帝国には親近感を覚える

○軍拡路線のトラヤヌスに心酔している

○多少複雑でも最後まで諦めずにプレイしてみる

○4人だと待ち時間が長いので、2人プレイの方が向いている

プレイヤーが出来るアクションは6種類ありますが、決めるのはプレイヤーではなくマンカラです。
マンカラの動きによってアクションを決める、というと小難しそうですが大したことはありません。
というのもアクションには明らかな強弱があるからです。

強いアクションばかり実行すると、アクションの選択肢がどんどん狭くなるので、いざという時に相手の邪魔を出来なくなります。
BGGではベスト4人ですが、2人でも十分に楽しめます。
というかマンカラは長考誘発カジェットなので、2人の方が快適にプレイ出来そうです。
あと4人プレイだと4番目のプレイヤーがかなり辛そうなので、ゲタを履かせるのが良いでしょう。

【プレイのコツ】
○マンカラで悩まない
⇒悩んでもあまり意味がないので、大雑把にトラヤヌスタイルを取るか?他のアクションを取るか?ぐらいに考えていたほうが良いでしょう。

○トラヤヌスタイルは、初心者は「+9」か「娯楽・宗教・パン」
⇒+9は一番わかりやすい得点方法です。
「娯楽・宗教・パン」は減点を軽減できます。

○売ってないときは…
⇒最近はあまり売っているところを見ません。
定期的に再販されているようなので気長に待ちます。
それでも待てないならアクアスフィアでとりあえず間をもたせませましょう。
こちらも同じ作者なので、テイストは違いますが、複雑さは似ています。

↑このページのトップヘ