ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: ジャングルスピード



私はドブルが苦手です。
カード2枚を見比べているだけで後頭部がダルくなってきます。
なんというか間違え探しをする集中力が続かないのです。

一方ジャングルスピードは結構得意かもしれません。
というかプレイしていて楽しいです。

集中するのが図形の一致だけなので楽です。
まあ人数が増えると大変そうですが、少人数でプレイすれば簡単になりますし。

なによりビーチフラッグを彷彿とさせるトーテムポールの取り合いが熱いです。
ドブルと似ているゲーム性なのに、プレイ感覚がまったく違う、という点がアナログゲームらしさでしょうか?
このような単純なゲームほどプレイしてみないと面白さが伝わりません。

ホビージャパン様におかれましては、試遊テーブルにジャングルスピードの設置をオススメしたいです。


雷!!

では勿論ありません。
実際にボードゲームを持っていくと



が最大の驚異となります。

ブロックストライゴンを持って行きましたがピースが飛ばされてエラいことになります。
ドブルでもドミノも碁石も容易に飛ばされます。

飛ばされないのはメキシカのピラミッドくらいでしょうか…
でも紙タイルは全て柏尾川に流されることでしょう。

【結論】
ボードゲームを花見でやりたいなら、無くしても大丈夫なマグネット式の囲碁、将棋、チェス、あるいは100均トランプがよい


 



私はドブルが苦手です。
カード2枚を見比べているだけで後頭部がダルくなってきます。
なんというか間違え探しをする集中力が続かないのです。

一方ジャングルスピードは結構得意かもしれません。
というかプレイしていて楽しいです。

集中するのが図形の一致だけなので楽です。
まあ人数が増えると大変そうですが、少人数でプレイすれば簡単になりますし。

なによりビーチフラッグを彷彿とさせるトーテムポールの取り合いが熱いです。
ドブルと似ているゲーム性なのに、プレイ感覚がまったく違う、という点がアナログゲームらしさでしょうか?
このような単純なゲームほどプレイしてみないと面白さが伝わりません。

ホビージャパン様におかれましては、試遊テーブルにジャングルスピードの設置をオススメしたいです。

↑このページのトップヘ