ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: 指輪物語

タルギ 完全日本語版
コザイク(cosaic)
2013-10-01

サンダーストーン 拡張セット4「ソーンウッドの猛襲」 完全日本語版








アークライト
2012-12-08

こちらは駿河屋だと5700円買い取りなので、転売したら2000円くらい儲かりますね。
交通費と手間がかかりますが‥‥‥



オレが若え頃はよお、ナンパしたレコと一晩中トワイライトストラグルしたもんだ

さて東京03の動画ばかり見ていても時間が過ぎていくだけですから、おすすめ2人プレイボードゲームを挙げていきます。


2人でプレイできる転売不要な入手しやすいゲームを挙げていきます。

○世界の七不思議デュエル
→カードをツリー状に並べて取っていくだけの簡単ルールに深い駆け引きを与えた要因はやはり軍事力でしょう。
これは図書館でナンパした勉強ができそうな大学生と是非プレイしたいゲームですね(ゲス)




○指輪物語対決
→プロのゲームデザイナーが作ると、キャラクターゲームはこうなります、という神ゲームです。
クニチーのベスト2人専用ゲームに挙げられることも少なくありません。
一方で原作を知らないとどうしようもないところがあります。
これは映画館でナンパした映画マニアっぽい高校生と是非プレイしたいですね(ゲス)



 

○グランドオーストリアホテル
→複数人対応ですが、実質2人専用でしょう。なぜなら要素を詰め込みすぎているので複数人プレイでは待ち時間が長すぎる、他プレイヤーによる揺らぎでさらにゲームがカオス化する=運要素が高くなりすぎる、という欠点を包含しているからです。
一方で2人であればちょうどよいインタラクション、基本ソロプレイでも考えることが多い、ということでまさにヘラクレスなゲームです(ほぼ神ってことです)
これはレストランでナンパしたウェイトレスと是非プレイしたいですね(ゲス)


 

C9D0AA45-387D-4344-BF1F-7FB90EC896EB

オレが若え頃はよお、ナンパしたレコと一晩中トワイライトストラグルしたもんだ

夏!ナンパの夏がやってきました!!
ボードゲームを虫干して、海に直行しましょう!!





さて本来の夏の正しい過ごし方はもちろんナンパですが、奥手なボードゲーマーには至難の技です。
というわけで2人でプレイできる転売不要な入手しやすいゲームを挙げていきます。

○世界の七不思議デュエル
→カードをツリー状に並べて取っていくだけの簡単ルールに深い駆け引きを与えた要因はやはり軍事力でしょう。
これは図書館でナンパした勉強ができそうな大学生と是非プレイしたいゲームですね(ゲス)




○指輪物語対決
→プロのゲームデザイナーが作ると、キャラクターゲームはこうなります、という神話ゲームです。
クニチーのベスト2人専用ゲームに挙げられることも少なくありません。
一方で原作を知らないとどうしようもないところがあります。
これは映画館でナンパした映画マニアっぽい高校生と是非プレイしたいですね(ゲス)



 

○グランドオーストリアホテル
→複数人対応ですが、実質2人専用でしょう。なぜなら要素を詰め込みすぎているので複数人プレイでは待ち時間が長すぎる、他プレイヤーによる揺らぎでさらにゲームがカオス化する=運要素が高くなりすぎる、という欠点を包含しているからです。
一方で2人であればちょうどよいインタラクション、基本ソロプレイでも考えることが多い、ということでまさにヘラクレスなゲームです(ほぼ神ってことです)
これはレストランでナンパしたウェイトレスと是非プレイしたいですね(ゲス)


 

タルギ 完全日本語版
コザイク(cosaic)
2013-10-01

サンダーストーン 拡張セット4「ソーンウッドの猛襲」 完全日本語版








アークライト
2012-12-08

こちらは駿河屋だと5700円買い取りなので、転売したら2000円くらい儲かりますね。
交通費と手間がかかりますが‥‥‥



オレが若え頃はよお、ナンパしたレコと一晩中トワイライトストラグルしたもんだ

さて四月ももうすぐ終わりです。
東京03の動画ばかり見ていても時間が過ぎていくだけですから、おすすめ2人プレイボードゲームを挙げていきます。


2人でプレイできる転売不要な入手しやすいゲームを挙げていきます。

○世界の七不思議デュエル
→カードをツリー状に並べて取っていくだけの簡単ルールに深い駆け引きを与えた要因はやはり軍事力でしょう。
これは図書館でナンパした勉強ができそうな大学生と是非プレイしたいゲームですね(ゲス)




○指輪物語対決
→プロのゲームデザイナーが作ると、キャラクターゲームはこうなります、という神ゲームです。
クニチーのベスト2人専用ゲームに挙げられることも少なくありません。
一方で原作を知らないとどうしようもないところがあります。
これは映画館でナンパした映画マニアっぽい高校生と是非プレイしたいですね(ゲス)



 

○グランドオーストリアホテル
→複数人対応ですが、実質2人専用でしょう。なぜなら要素を詰め込みすぎているので複数人プレイでは待ち時間が長すぎる、他プレイヤーによる揺らぎでさらにゲームがカオス化する=運要素が高くなりすぎる、という欠点を包含しているからです。
一方で2人であればちょうどよいインタラクション、基本ソロプレイでも考えることが多い、ということでまさにヘラクレスなゲームです(ほぼ神ってことです)
これはレストランでナンパしたウェイトレスと是非プレイしたいですね(ゲス)


 

タルギ 完全日本語版
コザイク(cosaic)
2013-10-01

サンダーストーン 拡張セット4「ソーンウッドの猛襲」 完全日本語版








アークライト
2012-12-08

こちらは駿河屋だと5700円買い取りなので、転売したら2000円くらい儲かりますね。
交通費と手間がかかりますが‥‥‥



オレが若え頃はよお、ナンパしたレコと一晩中トワイライトストラグルしたもんだ

さて1月ももうすぐ終わりですが、まだまだ寒い日が続きますね。
東京03の動画ばかり見ていても時間が過ぎていくだけですから、おすすめ2人プレイボードゲームを挙げていきます。


2人でプレイできる転売不要な入手しやすいゲームを挙げていきます。

○世界の七不思議デュエル
→カードをツリー状に並べて取っていくだけの簡単ルールに深い駆け引きを与えた要因はやはり軍事力でしょう。
これは図書館でナンパした勉強ができそうな大学生と是非プレイしたいゲームですね(ゲス)




○指輪物語対決
→プロのゲームデザイナーが作ると、キャラクターゲームはこうなります、という神ゲームです。
クニチーのベスト2人専用ゲームに挙げられることも少なくありません。
一方で原作を知らないとどうしようもないところがあります。
これは映画館でナンパした映画マニアっぽい高校生と是非プレイしたいですね(ゲス)



 

○グランドオーストリアホテル
→複数人対応ですが、実質2人専用でしょう。なぜなら要素を詰め込みすぎているので複数人プレイでは待ち時間が長すぎる、他プレイヤーによる揺らぎでさらにゲームがカオス化する=運要素が高くなりすぎる、という欠点を包含しているからです。
一方で2人であればちょうどよいインタラクション、基本ソロプレイでも考えることが多い、ということでまさにヘラクレスなゲームです(ほぼ神ってことです)
これはレストランでナンパしたウェイトレスと是非プレイしたいですね(ゲス)


 


これはオークか?



指輪物語対決はキャラクターゲームとして傑作の部類に入ります。

クニチー作品全体を見ても、TOP10に入るんじゃないですかね?
適当にクニチー作品を列挙していくと…

チグユー、ラー、モダンアート、ブルームーン、古代ローマの新しいゲーム、指輪物語、アメンラー、バトルライン、デュエル…まあこんなところでしょうか。

とりあえず指輪物語対決の長所は

①原作の雰囲気を損なわないどころか(ほぼ忠実に)再現しているゲーム性
②インスト、何それ?ってくらい簡単なルール
③ウォーオブザリングって時間かかるよね、3〜5時間くらい?こっちは1試合20分以内だよ
④初心者でもまともにプレイできるね

というところです。

英語が面倒?原作はルーン文字なので、それくらいの不自由には目を瞑ることにしましょう。
それに駒の種類は9種類しかないので、数回プレイすれば覚えます。
将棋やチェスを理解できるのであれば容易です。

特にボードとキャラクターの能力を結びつけているところがいいですね。
モリアの坑道を通った時だけ発動する能力なんて楽しすぎるし、ブラフとして機能しすぎでしょ。

さて①〜④までの長所だけなら最強の2人対戦ゲームになるわけですが、イマイチ話題にのぼらないのは最大の欠点があるからで…

欠点
☆指輪物語を知らないと面白さが99%減(当社比)する

ことでしょう。

原作10冊と映画10時間分、どちらが楽か悩ましい感じです。
原作の1巻なんて退屈すぎて寝ちゃいます。
メモかなんかで映画の30分で寝たと書いてありましたが、

それ普通の反応ですから

個人的には、早稲田松竹などの2本立て映画館でロードオブザリング3部作(そんな企画やるのかなぁ?)を見て興奮さめやらない状態で、さっと取り出すとインストなしでプレイできるんじゃないでしょうか?と思ったりもしますが、10時間分も映画を見たあとにプレイしたがるかは微妙です。

とりあえず1本目だけ見たあとにインストするのがいいんじゃないでしょうか(適当)


さて久しぶりにプレイしてみると、このゲームなんとなくクラロワに似ている感じがします。
結局指輪物語対決もクラロワも

相手の駒(クラロワだとカード)に対して、どの順番に自分の駒(クラロワだとカード)を出していくか?

ということで、骨子は似ています。
もちろん出す位置やカードで強弱があったりする点は違うわけですが、奥深さは似ていますね。
まあクラロワは課金ゲームですから同じ腕だったら課金している方がかなり強いので、不公平感は否めません。

指輪物語対決はその点平等な条件なので負けた時の言い訳が難しいですかね笑

というわけで、負けた時にどんなセリフを言えばいいのか?を考えてみました

その1
「あ~最初の1戦目で負けてすべて計算が狂った」

強い方がよく言ういいわけですね。
1手目で終わったとか。

でもかなりかっこわるいですね。
リスクの高い手を選んでいるのは自分ですからね。

その2
「どうしても自爆させたくなかったんだよね、ボロミア」

これは勝手に制限プレイしているパターンですね。
でも個人的にはその1よりはるかに好感がもてます。

おすすめ
「(涙ぐみながら)ごめん、子供のころに指輪物語を読み聞かせてくれたおじいちゃんのこと思い出した」


これはかなりモテ度が高いですね。
肉親の思い出は誰にも踏み込めない聖域みたいなもんですからね。
これでボードゲーム婚活も成婚率120%ですね!!


ゆるい風景

カレーも人生観も甘口が1番!!
自分が1番かわいい、そんなぬるま湯オススメゲームをヌルヌル挙げていきます。

○CV
➡箱からしてヌルいイラスト、内容もサイコロを振って拡大再生産するだけのお仕事です。
ヌルいゲームが嫌なら、双子を取ると一気に金欠人生になるので、自分に厳しい人は取ってみよう!!

○村の人生
➡4人でプレイすると1番手プレイヤーへのやっかみから村八分にされるけど、2人なら安心です。
セットアップが面倒なのが欠点

○アサンテ
➡2人用ヌルゲーカード界の雄。
豊富なカードコンボとは裏腹に、商品カードがなければ金を稼げない、というゲーム性は、デザイナーのメッセージに他なりません。
人間地に足をつけて地道に生きるのが1番やで

ヌルゲーでリラックスした平日を過ごすのが良いですね!!




オレが若え頃はよお、ナンパしたレコと一晩中トワイライトストラグルしたもんだ

夏!ナンパの夏がやってきました!!
ボードゲームを虫干して、海に直行しましょう!!





さて本来の夏の正しい過ごし方はもちろんナンパですが、奥手なボードゲーマーには至難の技です。
というわけで2人でプレイできる転売不要な入手しやすいゲームを挙げていきます。

○世界の七不思議デュエル
→カードをツリー状に並べて取っていくだけの簡単ルールに深い駆け引きを与えた要因はやはり軍事力でしょう。
これは図書館でナンパした勉強ができそうな大学生と是非プレイしたいゲームですね(ゲス)




○指輪物語対決
→プロのゲームデザイナーが作ると、キャラクターゲームはこうなります、という神話ゲームです。
クニチーのベスト2人専用ゲームに挙げられることも少なくありません。
一方で原作を知らないとどうしようもないところがあります。
これは映画館でナンパした映画マニアっぽい高校生と是非プレイしたいですね(ゲス)



 

○グランドオーストリアホテル
→複数人対応ですが、実質2人専用でしょう。なぜなら要素を詰め込みすぎているので複数人プレイでは待ち時間が長すぎる、他プレイヤーによる揺らぎでさらにゲームがカオス化する=運要素が高くなりすぎる、という欠点を包含しているからです。
一方で2人であればちょうどよいインタラクション、基本ソロプレイでも考えることが多い、ということでまさにヘラクレスなゲームです(ほぼ神ってことです)
これはレストランでナンパしたウェイトレスと是非プレイしたいですね(ゲス)


 


とりあえずリラックス

さていよいよ浅草の当日ですが、ではどんなゲームがおすすめか?と聞かれるとやはり

名作ではないけど、準名作

っぽいゲームですね。BGGだと100〜500位くらいでしょうか?
例えばツォルキンあたりだと多分90%くらいのボードゲーマーが触ってある程度

おおっ

とか思うんですけど(勝ち負けは別で)、 準名作となると

??

となる方も4割くらいいる場合があります。

例えば

○デウス
→雑なバランス調整(というかバリスタを筆頭に軍事カードが強すぎる)を個性ととらえるか雑味ととらえるかは、個人の感覚でしょう。

○アクアスフィア
→複雑すぎるルールは、初見プレイヤーを100%負かすので(←ここら辺はフェルトゲー共通?)リプレイしなければただ小難しいゲームですな。しっかりプレイすれば先手と後手の不備もうまく解消している気もするので、かなり公正な良いゲームだと思います。

○グレンモア(日本語版はないですが…)
→一時期、色々なレビューサイトが持ち上げていたけど、タイル並べるのって今更感がハンパないです。
こちらはタイルゲームにありがちな

2人プレイだと引き運が平準化されて名作になる

というお約束なので、2人でプレイしましょう。


○グラスロード
→短時間で終わるけど、相手とのバッティングを考える必要があるから面倒じゃね??



上記のゲームはハマれば個人的な名作になる可能性が高いので、実はおススメです。

NBAプレイヤーで例えるなら、シュートの調子に波があるけど、ハマればレブロン・ジェームズ以上に得点をとるカイリー・アーヴィングってところでしょうか?クレイ・トンプソンでもいいですよ。

そういえば日本に来ますね、アーヴィング

というわけで、レアなゲームを求めるのも楽しみの一つですが、どうせ直ぐになくなるので、気楽に準名作をチラ見しつつ、最終的には稲妻と雷鳴を妥協して買うのが良いと思います


「ワシの出番か……」

 あと、移動時間、待機中の待ち時間に積んでいるボードゲームのルールを読んでいると購入意欲の減退につながるのでおススメです。
私はとりあえずブラッドボウル日本語訳と金星の商人クラシックルールあたりを読む予定です。

是非皆さんも楽しんでください。
 


オレが若いころはよぉ、宵越しの金なんか持たなかったもんだ~

さて2回目のプレミアムフライデーです。
先月はまったくエンジョイできなかったので今月くらいはエンジョイしたいものです。

というわけで、せっかくなので買いたいタイトルを考えてみました。

○ランカスター
→3人以上でないとプレイできないのがタマに傷ですな。
駒が重くてプレイし甲斐があります。
4人ベストなので環境があればなぁ~という感じです。
法案の決定が多数決なので、ちょっとマルチっぽいですね。



○キングダムビルダー
→一時期流行りましたが、意外と普通な陣取りなので、最近はあまり見ませんね。
実際どうなんでしょうか?手札依存の陣取りは運要素が強いので好みがわかれますね。



○メイジナイト
→アンドールのゴージャス版ですね。
和訳する必要があるので、根気が必要です。




○War of The ring
→指輪物語対決のゴージャス版ですね(たぶん違う)
和訳する必要があるので、根気が必要です。




指輪物語対決はキャラクターゲームとして傑作の部類に入ります。

クニチー作品全体を見ても、TOP10に入るんじゃないですかね?
適当にクニチー作品を列挙していくと…

チグユー、ラー、モダンアート、ブルームーン、古代ローマの新しいゲーム、指輪物語、アメンラー、バトルライン、デュエル…まあこんなところでしょうか。

とりあえず指輪物語対決の長所は

①原作の雰囲気を損なわないどころか(ほぼ忠実に)再現しているゲーム性
②インスト、何それ?ってくらい簡単なルール
③ウォーオブザリングって時間かかるよね、3〜5時間くらい?こっちは1試合20分以内だよ
④初心者でもまともにプレイできるね

というところです。

英語が面倒?原作はルーン文字なので、それくらいの不自由には目を瞑ることにしましょう。
それに駒の種類は9種類しかないので、数回プレイすれば覚えます。
将棋やチェスを理解できるのであれば容易でしょう。

特にボードとキャラクターの能力を結びつけているところがいいですね。
モリアの坑道を通った時だけ発動する能力なんて楽しすぎるし、ブラフとして機能しすぎでしょ。

さて①〜④までの長所だけなら最強の2人対戦ゲームになるわけですが、イマイチ話題にのぼらないのは最大の欠点があるからで…

欠点
☆指輪物語を知らないと面白さが99%減(当社比)する

ことでしょう。

原作10冊と映画10時間分、どちらが楽か悩ましい感じです。
原作の1巻なんて退屈すぎて寝ちゃいます。

個人的には、早稲田松竹などの2本立て映画館でロードオブザリング3部作(そんな企画やるのかなぁ?)を見て興奮さめやらない状態で、さっと取り出すとインストなしでプレイできるんじゃないでしょうか?と思ったりもしますが、10時間分も映画を見たあとにプレイしたがるかは微妙です。

とりあえず1本目だけ見たあとにインストするのがいいんじゃないでしょうか(適当)

↑このページのトップヘ