ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: それは果たして杞憂なのか?

2BC4BD24-8529-461E-AE11-A1D362652301

じっくり悩んでしまう………

BGGの順位だけみれば、紛れもない名作であろうテラフォーミングマーズですが、やはり家族や初心者こみでプレイできるか?といえば100点満点とはいえないでしょう。

【カードをたくさん使うゲームは良し悪し】
カードをたくさん使うゲームの長所は、ゲーム展開が豊富なことです。
では短所は?といえば「本当にうまくなるにはすべてのカードを覚えなくてはいけない」ということです。
もちろん1回プレイして満足なら、全然問題ありません。

しかし本当に上達を目指すとなると結構労力が必要です。
そしてその労力を家族にかけさせるにはデメリットが多く、もはや家族の楽しい遊びとしてのボードゲームは見えなくなってしまうかもしれません。

まあ一緒に遊んでくれる友達なり知り合いなりオープン会があれば、テラフォーミングマーズは良いゲームなんじゃないでしょうか?←それってどんなゲームにも該当しますよね


 


それってただの虐○だね笑

ことあるごとに クソゲーとして賞賛されるイノベーションですが、私は結構好きなんですよね。
やっぱり、ドMにとっては

うわぁ〜次何されるんだろ?

とワクワクするゲームは他にありませんからね。

いっぽうノー知識でプレイするアブストラクトは一方的すぎて面白くありません。
負けて当然ですから、ドM心がくすぐられないわけです。

勝てるかもしれないけど、蹂躙される

という真実だけがご褒美なんです(←メンヘラです)


 


まずは落ち着いてBGG!!

ボードゲームを購入するとき、迷ったら…私の場合、BGGを参考にすることが多いです。

こんなゲームはBGGで評価が高かったゲームです。

グラスロード紹介はこちら

ジャイプル紹介はこちら

ファイブトライブス紹介はこちら

ポリス紹介はこちら

BGGとはBoard Game Geekの略で、殆どすべてのボードゲームを網羅しているサイトです。

英語のサイトなので、ちょっと抵抗がありますが、簡単です。

TOPページにアクセスしてBrowse⇒database⇒gamesを選ぶだけで、投稿者によるレビューランキングが確認できます。

またベストなプレイ人数なども確認することができるので便利です。 

【なぜBGGなのか?】
日本語のゲームブログやツイッターでの評判が参考にならない理由は、プレイ回数不足に原因があります。

昨今のゲームはシステムが複雑化しており、1回や2回のプレイではとてもシステムを理解できません。

将棋や囲碁のルールは簡単ですが、ルールだけではプレイできないのと同じです。
昨今の流行りのゲームは、悪く言えば一見さんお断りなゲームが多いのです。

私はやり込みがいのあるゲームが好きなので、プレイ回数の母数が少ないゲームレビューでは参考にならないです。 

というわけで投稿者が多いBGGを利用するのが一番手っ取り早いのです。


【BGGを利用する注意点】
・アメリカバイアスがかかっている
⇒トワイライトストラグル(冷戦がモチーフ)が1位を取る時点で、アメリカバイアスが かかっています。
これは、ボードゲームという遊びにおける評価が、テーマと密接に関係しているからです。

2015年度の国際ゲーマーズ賞で”我ら人民”が投票で大賞を獲得しました。
我ら人民は良いゲームですが、 冷戦下の西ドイツと東ドイツをテーマにしている時点でドイツ人には高評価をつけやすい作品になっていることは間違いありません。
逆に日本人が見ても、イベントカードの殆どを理解できないので、魅力は半減してしまうでしょう。

また明らかに日本人の好みと異なる点もあることは考慮したほうが良いでしょう。

パッと思いつくところで、
①長時間ゲームがマイナス要素にならない

②英語表記がマイナス要素にならない

③直接攻撃がマイナス要素にならない

④SF(特にスターウォーズ)やファンタジーをテーマにすると評価が上がる

などは考慮した方が良いでしょう。

しかしこのような欠点は些細なものです。
何故なら自分で①〜④のフィルタをかけた上で、レビューを確認すればいいからです。

また書いてあるレビューは英語ですが、ヨーロッパ人の書いた英語は読みやすいので、勉強がてら参考にするのは如何でしょうか?







三つ子の天龍、百まで!!!

さてボードゲームも絵画鑑賞もメンタリティに左右されます。
まあ最新ゲームだけを追っかけている限り、そんなに考える必要もありませんが、繰り返しプレイしてみると

”ああ、これは合わないな〜”

とかなるわけです。
でも暫く時間が経つと、あれは面白かったかもしれない、とか思うようになり、しまいには

”ああ、イノベーションがなければ生きていけない!!”

となるかもしれません。
絵画とかもそうですよ。

私も10年くらい前は、ゴッホの「聖書のある静物」が一番好きな絵でしたが、今はすっかりまともになり

○グランドオダリスク 

○エヴァプリマパンドラ

○ムーランドラギャレット

が好きな普通のメンタリティ(?)に戻ってしまいました。
というわけで、このゲームが好きな時はこんなメンタリティというのを考えてみました。

①キルクスマキシムス
→これを手に取る時点で、正直かなり不安定な時期でしょう。
あるいは前前前世くらいのローマ人の記憶が表出している可能性があります(心理カウンセラー的には)。
浅草ボードゲームマーケットで底値で売ることにしましょう、売れないと思いますが……

②イノベーション
→これを手に取る時点で、正直かなり好戦的です。
ビッグバンパンチで退職に追い込まれる前にボクシングジムに通いましょう。

③孫子兵法
→これを手に取る時点で、正直かなり軍師になりたい度が高くなっています。
本当の軍師になれるように、若い才能ある後輩に媚を売りましょう。
これが孔明流サラリーマン処世術です。


 


まずは落ち着いてBGG!!

ボードゲームを購入するとき、迷ったら…私の場合、BGGを参考にすることが多いです。

こんなゲームはBGGで評価が高かったゲームです。

グラスロード紹介はこちら

ジャイプル紹介はこちら

ファイブトライブス紹介はこちら

ポリス紹介はこちら

BGGとはBoard Game Geekの略で、殆どすべてのボードゲームを網羅しているサイトです。

英語のサイトなので、ちょっと抵抗がありますが、簡単です。

TOPページにアクセスしてBrowse⇒database⇒gamesを選ぶだけで、投稿者によるレビューランキングが確認できます。

またベストなプレイ人数なども確認することができるので便利です。 

【なぜBGGなのか?】
日本語のゲームブログやツイッターでの評判が参考にならない理由は、プレイ回数不足に原因があります。

昨今のゲームはシステムが複雑化しており、1回や2回のプレイではとてもシステムを理解できません。

将棋や囲碁のルールは簡単ですが、ルールだけではプレイできないのと同じです。
昨今の流行りのゲームは、悪く言えば一見さんお断りなゲームが多いのです。

私はやり込みがいのあるゲームが好きなので、プレイ回数の母数が少ないゲームレビューでは参考にならないです。 

というわけで投稿者が多いBGGを利用するのが一番手っ取り早いのです。


【BGGを利用する注意点】
・アメリカバイアスがかかっている
⇒トワイライトストラグル(冷戦がモチーフ)が1位を取る時点で、アメリカバイアスが かかっています。
これは、ボードゲームという遊びにおける評価が、テーマと密接に関係しているからです。

2015年度の国際ゲーマーズ賞で”我ら人民”が投票で大賞を獲得しました。
我ら人民は良いゲームですが、 冷戦下の西ドイツと東ドイツをテーマにしている時点でドイツ人には高評価をつけやすい作品になっていることは間違いありません。
逆に日本人が見ても、イベントカードの殆どを理解できないので、魅力は半減してしまうでしょう。

また明らかに日本人の好みと異なる点もあることは考慮したほうが良いでしょう。

パッと思いつくところで、
①長時間ゲームがマイナス要素にならない

②英語表記がマイナス要素にならない

③直接攻撃がマイナス要素にならない

④SF(特にスターウォーズ)やファンタジーをテーマにすると評価が上がる

などは考慮した方が良いでしょう。

しかしこのような欠点は些細なものです。
何故なら自分で①〜④のフィルタをかけた上で、レビューを確認すればいいからです。

また書いてあるレビューは英語ですが、ヨーロッパ人の書いた英語は読みやすいので、勉強がてら参考にするのは如何でしょうか?









クィーンでキングをピンしたい、あるいはクィーンのサクリファイスからルークでチェックメイトでも可

疲れてきたときに自分が本当に好きなものが頭に浮かぶらしいです。
私は囲碁やグランドオーストリアホテルかと思ったら、チェスでしかも、勝ち負け関係なく

はぁ~~串刺ししたい(本当はピンの方でした)

そんな感じになりました。
別に勝たなくてもいいのです、ただピンしたい死体なのです。

疲れてくると、すぐにポチってストレス解消してしまう方もいますが、それは勿体ないですね。
つまり本当の自分が見えてくるチャンスをみすみす逃しているのですから。

私も、まだ多少なりとも脳が劣化していないのであれば、チェスにチャレンジしてもいいかもしれません。


アンティーク チェス マグネット 木製風 ボードを折りたたむと収納可能 【日本語説明書・保証書付き】 Lサイズ(27×31センチ)

Re:action


そしてSNSで拡散するボードゲーマー

アズールのジョーカータイル抽選販売時にホビージャパンの中の方が悪態をついていた、という情報が一人歩きしています。

×は普通、ハズレだろ

という言葉を強い口調で言ったとのことです。

まあ確かに接客としては良くないですし、それをあれだけ混んでいる場所で言ったら、そりゃあすぐバレるますよね、特にボードゲーマーは必ずSNSをやっていると言っても過言ではありませんから。

でもちょっとホビージャパンフェスティバルに行ったことがあるボードゲーマーならわかると思いますが、もともと

HJの接客なんてそんなもん

です。普段接客していないスタッフにホスピタリティ求めてどうするの?って感じです。

ホビージャパンのスタッフの方はおそらくボードゲーマーでしょう、見た目からしても。
ボードゲーマーにホスピタリティを求めるのは難しいです、オープン会の主催でもしてない限り。

それに、もし接客しているのが、眼鏡の女性スタッフだとしたらどうでしょうか?

「×はハズレですか?」
「 ×は普通ハズレでしょ、そんなこと知らないでよくボードゲーマー名乗れるわね。
アンタなんかにアズール売らなきゃよかったわ」

と言われたら、途端にS級優良接客です(ドM限定)。
間違いありません!!もうリピート確実です。
新幹線定期を買って毎週大阪に通います。
そして罵られに行きます!!!
(言い忘れていましたが、私はドMなのです)

はぁはぁ……ま、まあ、朝から準備して昼過ぎに疲れている状態で、「×が…」と聞かれたら、普段接客をしている方でも大変だと思います。
ましてや限定販売ですから、恐らく20%程度は転売ヤー(偏見)でしょうからね。うっかり口が滑ってしまったのでしょう(ボードゲーマーは口が達者ですから)。

それくらいよ優しさも日本人はなくしてしまったのかもしれませんね。
 



ボードゲームブームですから、オープンゲーム会をひらきたいという方も多いと思います。
しかしやはり心配されるのが、

レアなゲームを持っていくとなくなるんじゃないか?

という点です。
さすがに影も形もなくなるってことはなさそうですが、誰が出入りしているかわかりませんからね。
考えてみると……

貴族が高価な宝石を常に持ち歩くでしょうか?(←21世紀に貴族?)
宝石は舞踏会につけていくものです。
舞踏会はある程度来る方が信頼できるから持っていくのではないでしょうか?

ではSNSだけでつながった相手は本当に信頼できるのか?
冷静に考えたら、HNしか名乗らない人たちの集まりで自分のレアゲーをプレイされる、と想像するだけで不安になると思います(性悪説とか性善説以前の、危機管理ですね)。

”まさに個人が自分で判断して決めること”だと思います(←最近周りからよく言われるセリフです)

というわけで、仮に欠品してもあるいは丸ごとパクられても痛くなさそう、そしてほどほど楽しめそうなゲームを用意するのが無難でしょう。
「レアゲープレイしたいけど、相手がいないなぁ〜」とかそんな軽い気持ちでは後悔する可能性もありますよ。

○ワードバスケット
⇒既にカードに折り目らしきものが見えるのは、きっと気のせい‥

○ナゲッツ
⇒部品が細かいのが難点ですが、入手しやすいですし

○カタン
⇒定番マルチゲーム。オープンゲーム会には打って付けですね。

○ギルドホール(ギルドマスター)
⇒プレイしてみると面白いんですけど、人気ないです。

なんか途中から人気のない作品ばかりあげてました。
まあ無くなっても後悔しない作品が無難ということで。

 


僕のようなインペリアル(コンソメ)には関係のない話……

さてボードゲームがこれだけ流行ると、やはり海賊版も出てくることでしょう。
宝石の煌めき(スプレンダー)のように、コンポーネント命なボードゲームで中華版を引いてしまうとちょっとショックですよね。まあ正規品をAmazonやヨドバシカメラ、イエローサブマリンで買えば問題ないと思うんですけど……

というわけで、うっかり粗悪品を掴んでしまった時、どうすればよいか考えてみました

①キャッチアンドリリース
⇨駿河屋とかに?

②ボードゲームカフェに寄付
⇨店員と仲良くなれそうですね

③初心者にあげる

色々と処置方法はありそうなので、試してみてください
☝︎
そもそも海賊版に当たらないのがいちばん良いですね 


 

イニシュ 日本語版やっちまった!!

アズールの影に隠れて発売になったイニシュですが、いきなりカードにほっこり誤字ですね。
きっと世間はホビージャパンに優しいので


イニシュは秋場所
日本は冬場所

というほっこりするポエムが街にあふれていることでしょう。

まあこういう可愛らしい誤植なら世間のボードゲーマーは許すらしいですからね、ましてホビージャパンなら。
タルギとかでうっかり樽着とか誤植したら、きっと不買運動がおきて、Amazon中の転売ヤーが路頭に迷うでしょう、あれそっちの方が消費者にとってはいいのかな?





 

↑このページのトップヘ