ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: バトルライン


ボク、争いは嫌いなんだナ

なぜ2人専用ゲームは稼働しにくいのか?

世界の七不思議デュエル、インペリアルセトラーズ、ブルームーンレジェンドにしても面白さの割にプレイ回数が伸びなくないですか?

というわけで理由を考えてみました

①相手がいない
➡別に家族以外でもいいと思うんですが、まあ家族とプレイした方が楽しいですよ

②時間が取れない
➡まあニ○トや学生でもない限り、今どきは時間に追われて生きていますからねぇ

しかし私が考える最大の理由は

③いつでも出来ると思うゲームはやらない

ということです。
買って満足してしまい、何時でもできるからいいや〜となると、ヤル気が減ります。
面子が集まりやすいこともあり、2人ゲームはそのようになりがちです。

【いつかプレイする日は永久にこない】
しかし残念なことにいつかプレイしようと思うゲームが日の目を見ることは難しいです。今やらなければ、そのゲームをプレイする日はやってきません。
というわけで、積みやすいゲームを挙げていきます

○ネットランナー
➡妻がやってくれないゲームランキングで暫定1位です。
煩雑なシステム、中2魂を濃縮した専門用語。
しかしタフなミッションほど超えたくなります。

○数エーカーの雪
➡タイトルカッコいいランキング1位じゃないですかね?内容が伝わらないのが残念ですが…

こちらの基本ルールは簡単ですが、戦争が長引く状況をリアルに再現し過ぎたために

「で、いつ終わるの」口撃を食らいます。
興奮しますよね。

「で、いつ終わるの?」って言われると

さて積んでしまった2人専用ゲームを崩すのは至難の技です。

やはりプレイする人と一緒に選んで購入し、その日のうちにプレイすることが重要です。


コルトエクスプレスってそんな難しいか?

Q.こんにちは、ボクは大学4年生です。
ボクのサークルの友達はボードゲームをプレイしてくれません。
なにしろファミリーゲームの部類に入る「コルトエクスプレス」を出しても

「難しい」

といってプレイしてくれないのです。

では簡単なゲーム、例えばラブレターやハゲタカのえじきを出すと、

「運ゲー」

と言われる始末です。
どうすればよいでしょうか?

A.「難しい」「運ゲー」という感想は表面的なもので、要するに

君とプレイしたくない

から、適当な言い訳を考えているということだろう。

でも悲しむことはないゾ、なぜなら大半の人間にとってボードゲームなどわざわざプレイする必要はないからだ。
君が個人的に嫌われているわけではない(と思う…)、ボードゲームに興味がないだけだから。

まあボードゲームに限らず、すべての嗜好品はそんな位置づけだろう。
嗜好品を崇高なもの、価値があるもの、と考えるのは個人の自由だが、所詮小説も音楽も美術も、興味のない人間にとっては無価値だ。

ただそれは小説や音楽や美術が無価値ということを証明しているのではなく、あくまで個人にとっての価値だから、気にすることはない。

「ああ、このおっぱいおしりサンシャインの価値がわからないなんて可哀相に……」くらいで流すのが、君の社会人の第一歩だろう。

しかしボードゲームは他の娯楽と異なり相手がいなければどうにもならない。
小説も音楽も美術も一人で楽しむことができるが、ボードゲームはそういうわけにはいかない。
ここがボードゲームという趣味の難しいところだろう。
(まあテラフォーミングマーズは一人プレイできるが)

無理なら恋人とプレイするのが良いだろう。
バトルラインくらいだったら誰でもプレイできそうだし、ボードゲーマーとして一緒に成長できればなお楽しそうだ?
恋人などいない?そうなるとやはりソー(以下自主規制)


 


ユルい!!

とりあえずバトルラインをプレイするにあたって覚えておいたほうが良いことをまとめました。

【基本ルール】
①1枚おいて1枚引く

②フラッグを5本、あるいは3本連続で取ると勝ち 

③強さはポーカーのような役で決まる

④勝敗が決まったフラッグの前にカードは置けない

【覚えておいたほうが良い基本的なこと】

①3本目と7本目のフラッグが重要
⇒基本的には3本連続を狙うので、邪魔をされにくいフラッグが重要です。
特に3本目と7本目は両方向に伸ばせるので、優先的に取りたいですね。

②基本的にフラッグの前に1枚出し粘る
⇒バトルラインが洗面器ゲーと言われるのは、フラッグの前にいかにカードを出さないで粘れるかを競うゲームだからでしょう。
2枚カードを出すと狙える役が限られてしまうため、相手が有利になります。
後手のほうが有利なゲームですので、如何に相手にカードを出させるか?が重要になります。

③必ず勝てる場合以外、重要なカードは使わない
⇒役で一番強いのはストレートフラッシュです。
序盤はこれだけを狙い、他の役は極力狙わないようにします。

戦略カードを用いない場合、基本的にはカード運が強いほうが勝ちます。
しかし3本フラッグを得るために全てストレートフラッシュを揃えるのは難しいので、フラッグに重要度をつけて負け試合を作ることも重要になります。
そういう駆け引きはクニチーっぽいですね。


 

とりあえずバトルラインをプレイするにあたって覚えておいたほうが良いことをまとめました。

【基本ルール】
①1枚おいて1枚引く

②フラッグを5本、あるいは3本連続で取ると勝ち 

③強さはポーカーのような役で決まる

④勝敗が決まったフラッグの前にカードは置けない

【覚えておいたほうが良い基本的なこと】

①3本目と7本目のフラッグが重要
⇒基本的には3本連続を狙うので、邪魔をされにくいフラッグが重要です。
特に3本目と7本目は両方向に伸ばせるので、優先的に取りたいですね。

②基本的にフラッグの前に1枚出し粘る
⇒バトルラインが洗面器ゲーと言われるのは、フラッグの前にいかにカードを出さないで粘れるかを競うゲームだからでしょう。
2枚カードを出すと狙える役が限られてしまうため、相手が有利になります。
後手のほうが有利なゲームですので、如何に相手にカードを出させるか?が重要になります。

③必ず勝てる場合以外、重要なカードは使わない
⇒役で一番強いのはストレートフラッシュです。
序盤はこれだけを狙い、他の役は極力狙わないようにします。

戦略カードを用いない場合、基本的にはカード運が強いほうが勝ちます。
しかし3本フラッグを得るために全てストレートフラッシュを揃えるのは難しいので、フラッグに重要度をつけて負け試合を作ることも重要になります。
そういう駆け引きはクニチーっぽいですね。

 

↑このページのトップヘ