ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: 気分転換




近所の公園はガラガラ

ボードゲームは家でプレイするもの、っていう固定観念があります。
でも公園にテーブルがあれば全然できますよ、ってはなしです。

私の家の近くの公園ですが、テーブルの上にレジャーシートを載せれば即席ボードゲーム卓です。
もちろん人がいないこと限定ですが、冬の12時ごろ、誰もいません。

しかし実は日中であればそこまで寒くないので全然プレイできそうです。

というわけで、屋外ボードゲームに向いているボードゲームの条件を挙げてみると

①コンポーネントの数が少ない
②持ち運べる大きさ
③なくしたり汚したりしても泣かない程度のレアリティ
④時間が短め(公園を何時間も占拠したらひんしゅくものです)

これら①~④の観点から、屋外プレイに適しているボードゲームを考えてみました

〇ドミノ
⇒牌なので頑丈です。入手しやすいので、なくしても平気?

〇ペンタゴ
⇒くるっとまわす五目並べ。
ビー玉を使用するので、落とさないように注意しましょう、割れます。

〇ナゲッツ
⇒細かいタイル、パーツが多いですけど、カードがないのがいいですね。
1ゲームの時間が短いのも◎

〇勝利への道コンパクト
⇒意外と幅をとりますが、タイルなので頑丈です。

〇ホワイトチャペル
⇒屋外でホワイトチャペルって、ちょっとムードが無さ過ぎますが、試してみたいです。
アンバランスな感じが吉と出るか凶と出るか…重いので、遠出は難しそうですな…

〇チャオチャオ
⇒箱の中で収まるので、屋外向けですね。

〇ジャングルスピード、ドブル
⇒もちろんアリでしょう

たまには気分転換で屋外でプレイするのはいかがでしょうか?
 
 

36E7619E-CDE9-4878-9AA7-7083DCCC764B



直接攻撃の話は以前したのでそちらを読んでもらうとして

直接攻撃って

直接攻撃ガーっていうボードゲーマーは元(あるいは現役)ビデオゲーマーに多い気がします。

なぜなら

ビデオゲームには直接攻撃が(殆ど)ない

からです。

高難易度を特徴とするACTゲーム(ダークソウルシリーズとかダークソウルシリーズとかダークソウルシリーズとか) や弾幕シューティングゲームを除いて、本当にプレイヤーを根こそぎ懲らしめるような暴力的な攻撃は存在しません。あー昔のSNKの格ゲーCPUはひどかったかもしれませんが…

もともと攻撃されたことがないから、ちょっとした妨害を

攻撃サレター

ってなるんじゃないでしょうか。

はっきり言ってインペリアルセトラーズやダイスシティ程度の攻撃を

直接攻撃ガー

となるのはちょっとピーキー過ぎて無理です。
もうちょっと社会の荒波に揉まれたほうがいいと思います。

しかし私も囲碁をやっていなければ、攻撃ガーとすぐになっていたかもしれません。
本当の個人攻撃ってのはトラビアンの麦ロックくらいじゃないですかね?(古過ぎて誰もわかりませんね) 

でも直接攻撃がキライとかそういう理由をつけてプレイしないのは、そもそもゲーム自体との相性が悪いからだと思います。
そのゲームは縁がなかったということでしょう。 

 



GWTで蹂躙するのも真理

せっかくGWT日本語版がリリースされますから、ぜひ初心者の方は購入していただいて練習してオープン会デビューしてマニアとプレイしてみてください。

勿論プレイするまえに

「はじめてオープン会きました」(GWTは初めてとは言わない)

と相手を油断させます。
で、だらだらとインストが始まりますが、ルールが間違えているところではきちんと指摘しましょう。
証拠として日本語訳のルールは持っておきます。

でプレイがはじまったら思う存分暴れるだけです!!

ほら楽しい時間が目に浮かびますね。
というわけで、GWTを購入された初心者の方は是非自主練してから、オープン会に行きましょう。



 



還らざる時の終わりを痛感するだけ

さて最近なんでもかんでもレトロブームです。
デジタルもアナログも。

で、実際プレイしてみると懐かしさはもちろん感じるわけですが、過去にプレイしていた時間と、今とのギャップを痛感するわけです。

たとえば最近ミニメガドライブが発売しましたが、私は一足先にこちらで体験プレイしてみました。
まあプレイするとそこそこ楽しいわけですけど、あくまでそこそこなのです。
そりゃそうです、所詮は

メガドライブ

ですからね。
新しいハードが出たら乗り換えてきたわけで、乗り換えるのには理由があるからです。
つまり最新の方が楽しいからです。

で、今プレイすると結構ショックを受けるんです。例えば

○あれ?俺こんな面白くないものに青春をささげてきたのか?

○あれ?昔はもっとプレイできていたはずなのに鮫鮫鮫で3面越せないんだけど??

○あれ?実はこんなものをプレイしていなければ、もっと楽しいものに出会えていたんじゃないか?



ファンタシースター2 MD 【メガドライブ】









セガ
1989-03-21

還らざる時の終わりに私たち(ボードゲーマー)は何をみつけるのだろうか?



30年前に、このセリフを考えたスタッフは預言者です


【おまけ】
というわけで、メガドライバーの端くれとしてミニメガドライブに収録されそうな残り30タイトルをずばり当てたいと思います!!

ベアナックル2
スーパー忍2
ソニック3
ソニック&ナックルズ
エイリアンソルジャー
ダイナマイトヘッディ
魂斗羅ハードコア
ロケットナイトアドベンチャー
アリシアドラグーン(クソ難しいのでクリアできなさそう&権利が微妙かな?)



いらないけど

獣王記
ゴールデンアックス(持っているし、PSP版と360版もあるし)
エイリアンストーム(持っているし)


サンダーフォース3
サンダーフォース4
スーパーファンタジーゾーン


いらないけど
スーパーサンダーブレード(つまらない)
フェリオス(ゆっくり版アルテミス)


シャイニングアンドザダークネス
ライトクルセイダー
ビヨンドオアシス(邦題失念)

いらないけど

ヴァーミリオン(面白くないし、PSP版と360版もあるし)
ファンタシースター1~4(1はマンモス6体とか辛い、2~4はPSP版も360版もあるし)
ランドストーカー(クリアできる体力はない)
ラングリッサー2(もう10回くらいクリアしている)

アウトラン
ハイブリッドフロント

いらないけど

コラムス(持っているし、PSP版と360版もあるし)

まあこんなところですかね、過去リリースされたオムニバスタイトルとの整合性を考えると。


東亜プラン関係とテンゲン関係が入っていたら神だけど、権利的にだめかなぁ?
スラップファイトが入っていたら買います。
あ、あと思考時間が数秒で終わるアドバンスド大戦略(バグなし)が入っていても買います。








時は有限

もうそろそろオープン会ではサントリーニが立ちまくっているころでしょうか?
今のうちに自慢しておかないと、時間がたって研究が進んだら、持ち主がボロ負けしてしまうかもしれません。
若い芽は潰しておきましょう(オイ)

さてというわけで、アブストラクトが立つ=長考問題の季節となりました。
しかし長考問題はプレイマナーと混同されることが多いです。

○他人の手番で携帯をいじっていて、自分の手番で長考する
⇒これは長考以前に携帯をいじっていることが問題です。
これじゃあ三浦○段と変わりません。

○ルールを理解していなくて、長考する
⇒これはインストの問題もあるかもですが、大半は居眠りしていたからです。
これじゃあ阿佐田○也と変わりません。

○負けたくないので、長考する
⇒これは長考ではなくて、牛歩です。
これじゃあPK○と変わりません。



これらは全て、長考問題ではなく、プレイマナーの問題ですね。
純粋に長考だけに焦点を当てるのであれば

時間が切れたら負け(or 減点)

このルールを加えるだけで、解決します。
というわけでチェスクロックをおススメしたいです。


 



勉強したことしか発揮できないものだ…



私は長考容認派ですが

下手な長考、休むに似たり

ってことはよくあります。
テスト勉強だってそうじゃないですか?
勉強していないことがいきなりスラスラ解けることはない。
蓄積した知識を手繰り寄せて解法に近づくわけです。

だから初見のゲームで長考するってあんまり意味がないような気がします。
逆に散々研究しているゲームなら、長考は断然ありだと思います。

あともし詰んでいたら、勝っているほうが教えるのも優しさだと思います。
プロでもNHK杯とかで言っていることありますし。 

ヨーダ(依田9段)とチクンの動画とか見てみると面白いですよ。

……長考しないと手が決められないって?そんな貴方にはタロットカードをオススメします





近所の公園はガラガラ

ボードゲームは家でプレイするもの、っていう固定観念があります。
でも公園にテーブルがあれば全然できますよ、ってはなしです。

私の家の近くの公園ですが、テーブルの上にレジャーシートを載せれば即席ボードゲーム卓です。
もちろん人がいないこと限定ですが、冬の12時ごろ、誰もいません。

しかし実は日中であればそこまで寒くないので全然プレイできそうです。

というわけで、屋外ボードゲームに向いているボードゲームの条件を挙げてみると

①コンポーネントの数が少ない
②持ち運べる大きさ
③なくしたり汚したりしても泣かない程度のレアリティ
④時間が短め(公園を何時間も占拠したらひんしゅくものです)

これら①~④の観点から、屋外プレイに適しているボードゲームを考えてみました

〇ドミノ
⇒牌なので頑丈です。入手しやすいので、なくしても平気?

〇ペンタゴ
⇒くるっとまわす五目並べ。
ビー玉を使用するので、落とさないように注意しましょう、割れます。

〇ナゲッツ
⇒細かいタイル、パーツが多いですけど、カードがないのがいいですね。
1ゲームの時間が短いのも◎

〇勝利への道コンパクト
⇒意外と幅をとりますが、タイルなので頑丈です。

〇ホワイトチャペル
⇒屋外でホワイトチャペルって、ちょっとムードが無さ過ぎますが、試してみたいです。
アンバランスな感じが吉と出るか凶と出るか…重いので、遠出は難しそうですな…

〇チャオチャオ
⇒箱の中で収まるので、屋外向けですね。

〇ジャングルスピード、ドブル
⇒もちろんアリでしょう

たまには気分転換で屋外でプレイするのはいかがでしょうか?
 
 



ゆるく考察


世界の七不思議デュエル日本語版が再販されますね。
というわけで、ゆるく考察してみようと思います。
ちなみに私は軍事力への評価が低いので、軍事力を上げるカードはそれなりの評価になります。
ここら辺はプレイヤーの考え方次第なのが、世界の七不思議デュエルの面白いところです。

【ピラミッド】
○効果
⇒勝利点9

勝利点は一番高いが、その他の効果がない。
石が安いor入手しやすいのであれば積極的に建てる。

○対ピラミッド
⇒石のコストを上げる or 石を生産しにくくする

【マウソロス霊廟】
○効果
⇒捨て札から1枚任意で建てることができる
勝利点2

世代IIIに入れば効果が高い。
汎用性が高いので、プレイヤーのセンス次第とも言えます。
高い勝利点を狙ってもよいし、軍事力カードでトドメを刺すこともできます。
一方でコストが5必要なので、計画的な運用が必要です。

○対マウソロス霊廟
⇒軍事力に注意

【巨人像】
○効果
⇒軍事力+2、勝利点2

コスト4に 見合っているとは思えません。
軍事力を上げる進歩トークンが出ていれば、多少軍事的勝利も狙いやすいので、その時だけ取ればいいでしょう。

○対巨人像
⇒軍事力に注意

【ペイライエウス】おススメ
○効果
⇒ガラスかパピルスを生産
すぐに2回目の手番
勝利点2

コスト4で色々できるので、器用なカードです。
序盤に建設すればガラス/パピルスを生産する能力を有効に使え、終盤であれば2連続手番で効果の高いカードを連続入手できます。

私は連続手番カードが好きなので、おススメしたいです。

○対ペイライエウス
⇒ドラフト時に入手する 

【大図書館】
○効果
⇒進歩トークン3枚中、1枚を入手できる
勝利点4

コスト5なので、進歩トークン次第といったところでしょう。
個人的には青建物のコストを下げるトークンか七不思議のコストを下げるトークンが残っていれば使ってもよい気がします。軍事力を上げるトークンは明らかに相手が警戒するので、取っても邪魔されるでしょう。

○対大図書館
⇒軍事力を上げるトークンを取りそうなときだけ注意しておく。

【大灯台】
○効果
⇒木、石、レンガをどれか一つ生産
勝利点4

コスト4で序盤に生産できれば有利に進めますが、序盤でパピルス2は大きな出費になりそうです。

○対大灯台
⇒パピルスを生産しにくくする

【キルクスマクシムス】
○効果
⇒灰色カード破壊、軍事力+1、勝利点

コスト4で灰色カードを破壊しますが、使いどころは限られそうです。
ギルド数で負けそうな時に使いますか…

○対キルクスマクシムス
⇒いちおう軍事力に注意

【スフィンクス】おススメ
○効果
⇒すぐ2回目の手番、勝利点6

コスト4のわりに勝利点と効果が高いのでおススメです。
終盤に使用した方が効果が高いですが、急場で相手の邪魔をするときにも効果的です 

○対スフィンクス
⇒ガラスを生産しにくくする

【空中庭園】おススメ
○効果
⇒お金6、すぐに2回目の手番、勝利点3

スフィンクスに似ていますが、もらえるのがお金です。
まあ勝利点がいいか、ガラスがいいか、お金がいいかで使い分けましょう。

○対空中庭園
⇒ ドラフト時に入手する

【アッピア街道】
○効果
⇒お金+3、相手のお金-3、すぐに2回目の手番、勝利点3

コストが5なので、ちょっと使い勝手が悪いかもしれません。

○ 対アッピア街道
⇒軍事力に注意

【ゼウス像】
○効果
⇒茶色カード破壊、軍事力1、勝利点3

コスト5の割に茶色カード破壊だけなので、序盤に建てれれば建てても良いですかね…
しかし序盤にパピルス2はツラい気がします。

○対ゼウス像
⇒パピルスを生産しにくくする

【アルテミス神殿】
○効果
⇒お金12、すぐに2回目の手番

これは勝利点がないので、プレイヤーのセンスが問われます。
お金12があれば、多少無理して建てても連続手番なので、色々なことができます。
相手の邪魔をするもよし、青カードで勝利点を稼ぐもよしなので、汎用性が高いです。
コストが4なのも魅力でしょう。

○対アルテミス神殿
⇒軍事力に注意

ちょっとコスト5の方が使い勝手が悪いのは気のせいでしょうか…
個人的には2連続手番がプレイの幅を広げそうなので、おススメします。



 


あ鯛もいき鯛!!

さてブリューゲル展に行ってきました(唐突
まあ展示してある作品は普通ですが(オイ
今回の目玉は一部写真撮影できる作品があるところでしょうか?
ちょっと室内が暗いので、撮影にコツがいるかもしれませんが、練習にはうってつけだと思います。

残り時間が今日しかありませんので、早めに行った方がいいですね。

 

せかいはひろい
ふしぎがいっぱい
でもふくろからは砂ばかり



↑このページのトップヘ