ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: あえてプレイしないという選択




9月が終わり、今年度も残すところ半年です。
そんななかで、わたくしは業務多忙、妻も寒波で体調不良。
一流和訳企業のホビージャパンも冴えない新作ばかりをリリースと最近いいことがあまりないので、ダイスエイジについて調べてみました。

原始人とダイスだと、もうストーンエイジがあるんですけど、どうなんすかね? 
なんかパクリっぽく見えてしまうけど、いいんですか??
しかもカードとダイスだけなのに微妙に高いし!!

これならストーンエイジのほうがいいんじゃないか?と思う方は結構多いと思います。
ダイスカップも付きますから。
しかしボードゲーマーたるものやはりルールを読んで面白さを判断したい!!ということでBGGをみると・・・

誰も評価もコメントしていない

まさかのブランクですよ、ガワだけあって中身がなにもありません、賑やかしも冷やかしもいません。
まさにnullです。

これはいただけませんね。

「好き」の反対が「無関心」

ですからね、まさに好きの反対の状態ですよ、ダイスエイジ。
とりあえずホビージャパン様におかれましては、BGGにプレイ動画をUPすることをおすすめしたいです。





 

こうしてみると、ダイスエイジの割高感が否めませんね・・・ 


ぼったくりバーのマダム?

さて、全ボードゲーマー待望のAllGamersがついに創刊!!
でも雑誌で1000円って高杉じゃないですかね?
あきらかに創元文庫とかの単行本と同じで

「どうせボードゲーマー(創元文庫の場合は、海外小説読者)なんて数がすくないんだから、単価高くしないとやってけねーよ!!」

理論が働いています。

でも今の時代、無料でなんでも楽しめますからね。
これじゃあ、1年くらいで廃刊‥‥ああ、雑誌の場合、休刊でしたっけ?
まあそんな感じだと思います。

じゃあどうすれば売れるのか?と考えてみると、ボードゲーマーに訴求するには

「ボードゲームのミニ拡張を付録としてつける」(月刊ブシロード方式ですね)

これが手っ取り早く、そしてもっとも効果的でしょう。




強大なドラゴンがボードゲームが巣に入るのを拒んでいるらしい‥

毎月恒例。2017年2月に購入しなかったボードゲームをご紹介します。
どうしてもプレイしたくなったら誰かしら持っているので、オープン会に行ってみましょう!!

○ヨーヴィック
➡倉庫の街リメイクですが、焦って買わなくても在庫の山です。
もちろん間違っても専門店で買ってはいけません、量販店で買いましょう。

○ヒットジロード
➡完全オリジナルゾンビゲームですが、焦って買わなくても在庫の山です。
もちろん間違っても専門店で買ってはいけません、量販店で買いましょう。

○キートゥザロンドン
➡発売直前にいきなり話題沸騰するも、竜頭蛇尾でした。
やはり天ぬきは通すぎるので、一般人は素直にキーフラワーを買いましょう。


○ドラゴンイヤー
➡市場ですぐ無くなる、とこれだけならレアゲー羨ましい!
で終わるところが豪快なエラッタのお陰で

ボードゲームも人生も様子をみるのが大事

と教えてくれました、ありがとうメビウス。

でもここまで瞬殺だと陰も形も見ませんから、どうでもいい感じがします。

素直にトラヤヌスを買いましょう。


この程度の煽りに煽られるようじゃあ老害だね笑

いやぁ、すごいタイトルですよね

テストプレイなんてしてないよ

ですからね。
でも実際そんなゲームは多いんじゃないかと思います、特に同人は。
でもそれでいいんじゃないか?と思うんですよ、面白ければ。

それにルールの変わるゲームだってありますからね、囲碁とか。 
あとNFLも毎年微妙にルール変わるし。

ルール原理主義の方もいますけど、要は

「面白くて、プレイする人間が全員納得すればいいじゃん」

って思うわけです。
それをいったら、いつまでもくじ引きの日本のプロ野球なんてハッキリいってツマラナイですよ。
いつまでたってもくじ運の悪い、オリックスみたいなチームは優勝できませんからね笑

さてそんな感じでいつまでたってもウェーバー制度を実施しない日本球界を皮肉ったところで(どこがぁ?)、本題のテストプレイなんてしていないゲームの話です

あんまり頭使わないコミュニケーションゲームなので、このタイトルが頭に来てしまうボードゲーマー(主におっさんだと思います)にこそ手にとって欲しい気がします。

そんなおっさんボードゲーマーが切れそうなカードとしてこんなカードを加えてみたらどうでしょうか?

勝利!
ボードゲームコレクションが多すぎて倉庫を借りているのはただの口実で、実際は家に隠しておけないアダルトDVDも保管していたら、即座に勝利する。

なんかこのゲーム自作したら、楽しいですね
ある意味、勝利点ばかりを比べるボードゲーム界へのアンチテーゼなのかもしれません。



 


その言葉には裏がある

ボードゲームをすすめて「いや〜私頭が悪いから無理です」と言われている時点で、試合はすでに終わっています。

「いや〜私は頭が悪いから…」=「いや〜あなたとプレイしたくないです」にほかならないからです。
これはまさに「暇なら行くよ〜」=「行かない」と同じ屁理屈です←そうだろうか?

結構ボードゲーマーでもいるじゃないですか、「交渉ゲー苦手」「ブラフゲー苦手」って方が。
そういう方は人の心を読むのが苦手、というかそもそも人の心を考えていないんでしょうね。

でも人の心を読む読まないは性格だけではなく加齢とかもあると思いますよ、年取ると色々考えるのが面倒になりますからね。

というわけで、 人の心を読むのにうってつけなゲームを挙げていきます。

○バトルライン
→運ゲーという人もいるかもしれませんが、それをいったらポーカーもブラックジャックもラブレターも全部運ゲーになってしまい、アブストラクト以外のゲームはすべて運ゲーのくくりになってしまいますね。

○古代ローマの新しいゲーム
→コンポーネントが小さい以外は完璧なゲームではないでしょうか?(褒めすぎ?)

○チグリスユーフラテス
→初心者相手だと読み合いにならないかもしれませんが……

はい、すっかりクニチーだらけになりました、本当にありがとうございました

 


呼んだ?

9月が終わり、今年度も残すところ半年です。
そんななかで、わたくしは業務多忙、妻も寒波で体調不良。
一流和訳企業のホビージャパンも冴えない新作ばかりをリリースと最近いいことがあまりないので、ダイスエイジについて調べてみました。

原始人とダイスだと、もうストーンエイジがあるんですけど、どうなんすかね? 
なんかパクリっぽく見えてしまうけど、いいんですか??
しかもカードとダイスだけなのに微妙に高い!!

これならストーンエイジのほうがいいんじゃないか?と思ってしまう方は結構多いと思います。
ダイスカップも付きますから。
しかしボードゲーマーたるものやはりルールを読んで面白さを判断したい!!ということでBGGをみると・・・

誰も評価もコメントしていない

まさかのブランクですよ、ガワだけあって中身がなにもありません、賑やかしも冷やかしもいません。
まさにnullです。

これはいただけません。
「好き」の反対が「無関心」ですからね、まさに好きの反対の状態ですよ、ダイスエイジ。

とりあえずホビージャパン様におかれましては、BGGにプレイ動画をUPすることをおすすめしたいです。





 

こうしてみると、ダイスエイジの割高感が否めませんね・・・ 


イカサマ禁止!!

私は単純な人間なので、積み込みなんて鉄火場の世界かと思っていましたが、今回のドミニオン2017日本選手権では元日本チャンプ?がそのようなプレイをしていた、あるいは疑われるような行為をしていた、ということです。

きっと予選とかで、どうでもいい相手に確実に勝ちたかったんでしょう。
決勝ではさすがにジャッジの目が厳しいでしょうからヒラで打つとして、予選ならばバレないと思ったのかもしれません。

技術的に研鑽を積んでいる人間がイカサマをする、という話を聞くと悲しい気持ちになります。

弱いプレイヤーがそのような卑劣な行為に走るのはある程度理解できます。そういうことをしなければ勝てないのですから。しかし技術のある人間がイカサマをする、ということはドミニオン自体を冒涜していませんか?

ドミニオンは結局カードの引きだから積み込もう

これではドミニオンのゲーム性を否定している、と非難されても仕方ありませんね。

一方で、ドミニオンのゲーム性について考えてみると、確かに本当にカードの扱いに慣れている人間であれば(たとえばマジシャンとか)、自分のカードをコントロールすることなど朝飯前という感じもします(トランプほど枚数はありませんからね)

というわけで、ドミニオンでイカサマされない方法を真面目に考えてみました。

①片手でプレイさせる

②カードを出すときと取るとき以外、カードを触ってはいけない

③すべてデジタル化し、タブレットでプレイする
 
④シャッフルは全てジャッジあるいはシャッフルマシーンを使用

⑤イカサマをしたら永久追放

 これはやっぱりシャッフル回数の少ないブルームーンレジェンドやアンドロイドネットランナーをプレイしろってことですかね?


 


マンションオブマッドネス2版……

さて7月にマンションオブマッドネス2版が発売されるそうですから、転売ヤーの方は列を作って……といいたいところですが、ボードゲームほど転売に向かないコンテンツもありますまい。

①かさばる
→在庫を確保しても保存場所の確保が面倒です。

②劣化しやすい
→外箱は傷みやすいです。
経年劣化もしますし。

③仕入れ単価が高いので、売れない時のリスクが高い
→駿河屋が買い取ってくれなくなったら不良在庫まっしぐらです。

枯山水の時は繁盛したかもしれませんが、今は昔、といったところでしょうか?



名作枠はカタンってことでいいんでしょうか?

普通に番組構成を考えると

名作枠→カタン

色物枠→ピザ

アクション枠→スピードカップ 

ということですね。
やはりカタンはお値段、面白さ、入手のしやすさを勘案して一番勧めやすいってことですか……まあ何もボードゲームをプレイしたことのない人にはいいのかもしれません。

でもカタンってマルチ要素が強いので、他のプレイヤーを集中してイジメようと思えばイジメることができるので、いじめの温床になりませんかね?

考えすぎ

その点、ピザやスピードカップは色合いが綺麗なので画面生えします。
内容は普通ですけど、おそらく内容は飾りなので関係ないでしょう。


 


誰かが抜けなくてはならない

イスファハンはとても楽しいゲームで妻も好きなのですが、欠点として

十字路付近に家が密集しており、それを利用したキャラバン戦法が異常に強い

という点があります。
しかもこちらの戦法は別にあんまりイスファハンをプレイしていなくても方法を知っているだけで実行できてしまいます。
そして有力な対抗手段もないため、我が家では終わったゲームになっていました。
 
つい最近、約9年前に発表された2人用ヴァリアントを試してみました。
内容は

① 使うダイスは白8個

②スタートプレイヤーは交代制。
ただし第3週の最終日は得点の低いプレイヤー

③スタートプレイヤーがダイスを振り、アクションを一つ選ぶ。
次の人がアクションを一つ行い、最後にスタートプレイヤーが2つ目のアクションを選ぶ

④黄色いダイスは最初のアクションが終わっても取り除かず、スタートプレイヤーの2つ目のアクションにも使える。
相手プレイヤーは使えず、黄色いダイスが含まれるアクションを選んだら、黄色いダイスは除去される。
また相手プレイヤーは黄色いダイスだけのアクションを選べない。

⑤建築は1アクションに数える。
ダイスをとって、必要なラクダとお金を払う。
スタートプレイヤーは1日に2つまで建築できる

⑥キャラバンは1列にラクダ2頭まで

⑦ラクダコスト不要カードとコイン不要カードを組み合わせて、建物を無料で建てることは出来ない。

なるほど、上記ヴァリアントの導入により、前述の十字路キャラバン作戦の肝である

①キャラバンの弱体化
②カードの弱体化

を行うことにより、バランスをとっていますね。

イスファハンは、とてもボードが綺麗なゲームなので(再掲載)、是非これらのヴァリアントを入れて再戦したいですね。




 

↑このページのトップヘ