ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: イスタンブール

D3S_0998 - Flandrin A
場外乱闘も当然アリ!!(ありません)

イスタンブールって時間があまりかからずプレイした!!って気分になりますよね。
というわけで、イスタンブールを骨の髄まで楽しむ方法を考えました。

①セットアップはみんなでやる
⇒タイルをランダムに並べる際には全員で適当にやりましょう。
やっぱりみんなでやったほうが楽しめます。

②サイコロを振るタイルを適度に選ぶ
⇒手堅くプレイしてもいいですが、やはり盛り上がるのはサイコロです。
サイコロの出た目でオーバーリアクションしましょう。

③親戚の力で適度に相手をコントロール
⇒なぜか警察署にいるプレイヤーの親戚を利用して、相手の動きをコントロールしましょう。

④あえて拡張は入れない
⇒拡張を入れると、やはり

拡張がないと一味足りない

となります。
ですから飽きるまで拡張はあえて入れません

是非快適なイスタンブールライフを送ってください。


 



外でプレイできるしな(雨天決行)

イスタンブールのいいところはどこか?と言われたら、

①インストが楽

②毎回盤面を変えることができる

③時間が1時間程度

というところでしょうか?
内容としてはかなりオーソドックスなワーカープレイスですが、盤面と相手の行動により効果的な手が変わってくるのが良い点です。

逆にプレイしているとどこかで見た要素が幾つもあるので、マニアには新鮮味はありませんが、心配ありません。日本国民の殆どはボードゲームに興味はありませんからね、新鮮な気持ちでプレイしてくれることでしょう。


 


外でプレイするのもアリ

イスタンブールって時間があまりかからないですけど、

ボードゲームプレイした!!

って気分になりますよね。
というわけで、イスタンブールを骨の髄まで楽しむ方法を考えました。

①セットアップはみんなでやる
⇒タイルをランダムに並べる際には全員で適当にやりましょう。
やっぱりみんなでやったほうが楽しめます。

②サイコロを振るタイルを適度に選ぶ
⇒手堅くプレイしてもいいですが、やはり盛り上がるのはサイコロです。
サイコロの出た目でオーバーリアクションしましょう。

③親戚の力で適度に相手をコントロール
⇒なぜか警察署にいるプレイヤーの親戚を利用して、相手の動きをコントロールしましょう。

④あえて拡張は入れない
⇒拡張を入れると、やはり

拡張がないと一味足りない

となります。
ですから飽きるまで拡張はあえて入れません

是非快適なイスタンブールライフを送ってください。


 



場外乱闘も当然アリ!!(ありません)

イスタンブールって時間があまりかからずプレイした!!って気分になりますよね。
というわけで、イスタンブールを骨の髄まで楽しむ方法を考えました。

①セットアップはみんなでやる
⇒タイルをランダムに並べる際には全員で適当にやりましょう。
やっぱりみんなでやったほうが楽しめます。

②サイコロを振るタイルを適度に選ぶ
⇒手堅くプレイしてもいいですが、やはり盛り上がるのはサイコロです。
サイコロの出た目でオーバーリアクションしましょう。

③親戚の力で適度に相手をコントロール
⇒なぜか警察署にいるプレイヤーの親戚を利用して、相手の動きをコントロールしましょう。

④あえて拡張は入れない
⇒拡張を入れると、やはり

拡張がないと一味足りない

となります。
ですから飽きるまで拡張はあえて入れません

是非快適なイスタンブールライフを送ってください。


 


先日のイエサブでの話

先日秋葉原のイエサブにいったところ、学生2人組がゲームを選んでいて、まあだらだらと見ているわけですが、どうも少ないお小遣い?でどれを買うか迷っているわけです。

個人的にはみんなでプレイするならマンションオブマッドネス第2版ですよ、と言いたいのですが、どうも予算は3000円程度らしく、なんとなくほほえましく見ていました。

すっかりすれてしまったボードゲーマー(私も含めてです)にとっては、発売=即買う

くらいにしか思っていませんが、確かに日本人全員が同じ経済状況のわけがありません。
時給で働いている方もいれば不労所得で生活している方もいる。

つまり3000円の価値は様々なわけです。

そんな環境でリワールドのようなク〇ゲーを野放しにしてよいか?とちょっと考えさせられるわけです。

「安いから」そんな理由でなけなしの小遣いでリワールドを買ったら、もうボードゲームなどプレイしないでしょう。
というわけで、リワールドを調べてみましょう。
いつものBGGです。

……… 3000位………平均6.9………

なんか宇宙船っぽいですね(小学生並の感想)
きっと宇宙船での移動の時とか、何光年も暇そうなので、役に立ちそうです。


想像してみてください。

地球から旅立って早10年‥‥‥‥
面白いゲームはあらかたプレイしています。アグリコラもパンレガもトワイライトストラグルも。そうしたら

じゃあクソゲーでもやる?

とかそういうノリになりそうな気がするようなしないような……う〜ん、苦しいなぁ……


このような(危険な?)タイトルは、他の方が買ってから、購入を判断するのが良さそうです。
個人的には「クロンダイクラッシュ」「狂気山脈」「リワールド」と福袋に入れられることになると思います。
どれも立派な○ソゲーですよね

ワーカープレイスですと、先に置いた方が有利になる場合もありますが、優れたゲームとはそのような先行者有利の理が効かなくなっており、つまり後出し最強ってことです。

幸い、ホビージャパン様からはもっと上質なタイトルが多数リリースされておりますから、そちらを先にプレイするのがよろしいかと存じます。









特にイスタンブールは初心者から上級者まで一緒にプレイできる数少ないタイトルですので(もちろんハンデありで)、最初の1個にもおすすめできます。
ピュアユーロっぽいですが、一手で大きな差がつきにくいので(まあ小さい差はつくのですが)、最後まで試合になりますよ。
 


マジェスティB面と同じくらいの悩ましさ

基本は兵士でいいけど、たまに貴族?宿屋?かで悩む、みたいな感じでしょうか?



意味不明 


じっくり負けるのを待つ

あんまりボードゲームだと、システムで担保されている時以外は、鳥かごってやらないですよね。
強いて言えばチェスのスティルメイトは近いですけど、あれは

負けそうな時に引き分けに持ち込む技術

ですから、負けている状態で無駄な手を指すわけではありません。
もしかすると、昨年のドミニオン大会であった

引き分ければ、この卓全員が決勝行けるから、引き分けにしましょう
☝️
うる覚えです

とかが似てますかね。
日本人はこういうクレバーな時間稼ぎは嫌う傾向にありますが、NFLとか見ていると当たり前ですからね。ちなみに日本のアメフトは勝っているチームがイートボールせずにランプレイしてましたし〈今もそうなのかな?
負けてて時間稼ぎするのはリーグ戦、というシステム上やむをえないと思います。

実際のボードゲームで、じゃあ鳥かごする場面があるか?と言われるとアプリのオンラインプレイで長考気味にプレイして相手をイラつかせる、くらいしかなさそうです。
さすがにイスタンブールで長考はないでしょうから、
相手も

なんでこいつ30秒ツカッテルンダ?

とイライラが募りうっかり悪手を打つかもしれませんね。




 


相手次第

イスタンブールって時間があまりかからずプレイした!!って気分になりますよね。
というわけで、イスタンブールを骨の髄まで楽しむ方法を考えました。

①セットアップはみんなでやる
⇒タイルをランダムに並べる際には全員で適当にやりましょう。
やっぱりみんなでやったほうが楽しめます。

②サイコロを振るタイルを適度に選ぶ
⇒手堅くプレイしてもいいですが、やはり盛り上がるのはサイコロです。
サイコロの出た目でオーバーリアクションしましょう。

③親戚の力で適度に相手をコントロール
⇒なぜか警察署にいるプレイヤーの親戚を利用して、相手の動きをコントロールしましょう。

④あえて拡張は入れない
⇒拡張を入れると、やはり

拡張がないと一味足りない

となります。
ですから飽きるまで拡張はあえて入れません

是非快適なイスタンブールライフを送ってください。


 


ダイスだ〜いすき

お気に入りのボードゲームがダイス化!!で興奮するプレイヤーとそうではないプレイヤーがいます。
私はどちらかといえばあまり興奮しません。

なぜなら……原作が好きなわけで、ダイス化されたゲームを出されるくらいなら、新しい拡張が欲しい気がするからです。

まあ最近ダイス化されたゲームをみると散々拡張が出た上でのダイス化なわけですが……


さてイスタンブールダイスですが、もとのイスタンブールがかなり簡単なゲームでしたので、ダイス化されてかなり簡単になっています。これはもう、戦国時代とかと同じレベルといっても過言ではありません(言い過ぎですね)




ここまで簡単なのであればもう戦国時代でいいんじゃないか?寧ろ本家イスタンブールでいいんじゃないか?と思うわけですが、買って応援するボードゲームコレクターの方には良いコレクションではないでしょうか(いつも以上に適当)


 



イスタンブールをバイクで疾走する!?(リアカーですけどね……)

昨年末にひっそりと日本語版が再販されたイスタンブールです。
あまりにひっそりと再販されたので、話題にもなりませんが、イスタンブールはとても良いゲームだと思います。

このゲームはルビーを集めるスピードを競うピックアンドデリバリーなボードゲームです。

主に3通りのルビーを集める方法(商品を売った金でルビーを買う、商品でルビーを買う、商品で目標達成)なのでルールを理解しやすいのですが、順番を考えるのにほどほどに頭を使うので、ボードゲームをプレイしている気分になります。一方で、どうすればルビーを集めるか?がわかりやすいので、経験者とプレイしても恐らくルビーの差が1〜2個程度のハンデで対等にプレイできるでしょう。

このゲーム、実は何をしてもそれなりに有効なので、特定の強い手が存在しません。
賭場というサイコロ要素は強い気がしますが、あくまで確率ですし。

それじゃあ、完全に初心者向けか?と言われるとプレイングで僅差はつくので、しっかりプレイすれば上級者でも考えることはありますし、拡張が二つ出ているので、複雑なゲームにすることも可能となっています。

なにより相手の邪魔をしにくい作りになっているので、ギスギスせずにプレイできるのは素晴らしいと思います。
箱絵がおっさんであるために損をしているのですが、ゲーム内のイラストが美しいので女性受けしそうです。









まあダイスはいらないかなぁ…もとのゲームがそこまで複雑で時間がかかるゲームではありませんからねぇ……

↑このページのトップヘ