ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: 運ゲー


宇宙人たるもの身だしなみ大切!





さてホビージャパンから久しぶりにレースフォーシリーズの日本語版が出ますね。
レースフォーの売り上げが散々だったせいか、ロールフォー基本まででリリースがストップしていましたが、なぜかニューフロンティアで復活です。

日本では宇宙ネタはそこまで盛り上がらないので、おそらくそんなに売らない気がしますが、

レースフォーザギャラクシーを4人でプレイしたい!!

という4P希望者には売れそうですね。
 


普段の悪態のおかげで、借金ing(シャッキング)になれました(白眼

四半世紀ぶりくらいに人生ゲームをプレイしたのですが、意外と楽しめました。
いや職業が運なんですけどね。
人生なんてそんなもん、という気もします。

さて実際のゲーム内容はサイコロの運次第では借金だらけになるので、子供が泣く可能性もありますが、普段からカルマ貯金をしている私よりも運の悪い人などそうそう居ないでしょうから、子供も

下には下がいるから安心

という謎のセーフティネットのおかげで最後までプレイできそうです。
個人的にはもう少し頭を使ったゲームでもいいような気がしますが、NFLを見ながらプレイできる数少ないゲームなので、今後も大事に使っていきたいです



買ってください。


 


結局カードの引きってことですね

最近は特にボードゲームのリリースが早すぎるので、まったく購入と消化が追いつきません。
そして数回しかプレイしないのであれば、どんなゲームもその日と運の強い人間あるいは偶然勝ち筋に近づいた人間が勝つという、運ゲーになってしまいます。

トワイライトストラグルも運

カヴェルナも運

世界の七不思議デュエルも運

でもそれってなんだか寂しくないですか?
やはり心に引っかかったゲームはやりこんだほうが楽しいですし、一緒にプレイしてくれる仲間がいれば最高だと思います。





屋外コスタリカ!!

ボードゲームはたとえ特定のタイトルが手に入らなくても類似ゲームが幾らでもあります。
例えば

坊主めくりダイヤモンド→インカの黄金→コスタリカ

みたいな感じです。

手に入らなくても慌てずにリメイクされるのも手でしょう。
さてコスタリカは見事なまでの運ゲーですから、博徒は是非買いましょう。

こういう運ゲーが生きる場所はどこか? と考えてみるとやはり旅です。
旅行のメインは旅行ですから、あんまり小難しいことは考えたくありません、まして宿では。

というわけで宿でプレイするのに最適でしょう。
まあ箱がでかいので圧縮が必要とか、トランプのセブンスペードでこと足りそうな気は若干しますが‥ 

↑このページのトップヘ