ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: サバンドールの笏


こんなゲームが買えたらいいな?(無理です)

昨今のボードゲームブームで、良い中古商品はすぐに売り切れてしまいます
また駿河屋の存在で、駿河屋の買取価格=販売価格になるので、ちょっとレアなゲームはすぐにお高くなります。
というわけで、お高くなさそうで、面白くて、ほどほどに見かけないボードゲームを挙げていきます。

①サヴァンドールの笏
→テラミスティカファンなら持っていてもよいでしょう。

②トロワ
→一昔前はドイツアマゾンで安く買えましたが、旧に品薄になり、最近再販されました。

③バベル
→ウヴェ様作の豪快な殴り合いゲーム。
雑なバランスと思いきや、やっぱり雑なバランスなので、イノベーションが好きな方におすすめしたい直接攻撃度です。

上のタイトルが見つからない?

だったらアークライトの優良ボードゲームを買うとよいでしょう(適当)





 











楽しかった!!

さて浅草ボードゲームマーケットに14:00から行ってみました。
雑感です。

○最新のゲームはなくなっている
→スコットランドヤードカードゲームとジャンプドライブが目当てでしたが、なかったですね。
やはり新作はすぐ売り切れるみたいです。

○日本語版は殆ど出てない
→デウス日本語版もパッとみで、なかったですね。
デウス和訳版はやはり余り気味でした。
あーあと、アクアスフィアも結構ありましたね。
安定の不人気ぶりです(笑

○BGG100位上位のゲームはほとんどない
→やはり出しませんよね、あるいは11:00の段階ではけているのかもしれませんが。
確かに自分が出店するとしてテラミスティカを出すか?と言われると………

○掘り出し物はないのか?といわれると……
→かなり遅い出足でしたが、1点だけありました。
でも3500個くらい出ていて、1点なので確率はかなり低い、といえますね。
他にもグルグルまわっているとレアなゲームがありましたが、数は10個くらいしかありません(私の体感だと)。

・修道院殺人事件

・サンマルコ

・ダンジョンツイスター本体

・洛陽の門

・ビックシティ

etc…

14:00くらいだと残っているのは、それなりではないでしょうか。
そして値段はそれなりにします。
というのも………

○値段は駿河屋ベース
→やはり今の時代、駿河屋が値段の中心にあります。
まあブックオフもAmazonベースの値付けですからね。

ですので、値付けも駿河屋価格から1〜2k安い値付けが多く、結構余っていました。
特に1年くらい前以上の作品は苦戦していたように思います。

冷静に考えると、駿河屋よりも安いので、結構お得に買い物が出来るかもしれません。
というわけで、今回良さそうだなぁと思ったタイトルを挙げていきます。

○サンチアゴデクーバ
→2.5kはちょっと逡巡して止める金額でしょうか。

○レイルロードレボリューション
→3.5kはまあまあ安い金額ですね。
電信が強いので、ちょっとルールをいじる必要があります。
WYGのタイトルは放出されがちなので、穴かもしれません。

○ミドルアースクエスト
→2kは定価からするとかなり安いですが、指輪物語だからなぁ〜妻が見てないのでプレイする状態に持って行くまでが難しいですね。

○タルバ
→6Kが安いのかどうなのかよくわかりませんが、レアなタイトルなので5Kだったら、買ってしまったかもしれません。

【最もダブついていた作品は?】
これは、もう誰がなんと言おうが

ウルム

でしょう。

体感で10個くらいあったような気がします。
わたしのむらのじんせいは5個くらいだったような気がするので体感では倍くらいのイメージです。
あくまで私の体感ですが。

【総評】
準名作とまではいいませんが、佳作クラスは結構多かったので、是非皆さん次の機会に覗いてみてはいかがでしょうか?
500円で駿河屋より安く買える機会は少ないので、是非どんどん参加すると良いと思います。



↑このページのトップヘ