ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: テラフォーミングマーズ

36E7619E-CDE9-4878-9AA7-7083DCCC764B



直接攻撃の話は以前したのでそちらを読んでもらうとして

直接攻撃って

直接攻撃ガーっていうボードゲーマーは元(あるいは現役)ビデオゲーマーに多い気がします。

なぜなら

ビデオゲームには直接攻撃が(殆ど)ない

からです。

高難易度を特徴とするACTゲーム(ダークソウルシリーズとかダークソウルシリーズとかダークソウルシリーズとか) や弾幕シューティングゲームを除いて、本当にプレイヤーを根こそぎ懲らしめるような暴力的な攻撃は存在しません。あー昔のSNKの格ゲーCPUはひどかったかもしれませんが…

もともと攻撃されたことがないから、ちょっとした妨害を

攻撃サレター

ってなるんじゃないでしょうか。

はっきり言ってインペリアルセトラーズやダイスシティ程度の攻撃を

直接攻撃ガー

となるのはちょっとピーキー過ぎて無理です。
もうちょっと社会の荒波に揉まれたほうがいいと思います。

しかし私も囲碁をやっていなければ、攻撃ガーとすぐになっていたかもしれません。
本当の個人攻撃ってのはトラビアンの麦ロックくらいじゃないですかね?(古過ぎて誰もわかりませんね) 

でも直接攻撃がキライとかそういう理由をつけてプレイしないのは、そもそもゲーム自体との相性が悪いからだと思います。
そのゲームは縁がなかったということでしょう。 

 

2BC4BD24-8529-461E-AE11-A1D362652301

じっくり悩んでしまう………

BGGの順位だけみれば、紛れもない名作であろうテラフォーミングマーズですが、やはり家族や初心者こみでプレイできるか?といえば100点満点とはいえないでしょう。

【カードをたくさん使うゲームは良し悪し】
カードをたくさん使うゲームの長所は、ゲーム展開が豊富なことです。
では短所は?といえば「本当にうまくなるにはすべてのカードを覚えなくてはいけない」ということです。
もちろん1回プレイして満足なら、全然問題ありません。

しかし本当に上達を目指すとなると結構労力が必要です。
そしてその労力を家族にかけさせるにはデメリットが多く、もはや家族の楽しい遊びとしてのボードゲームは見えなくなってしまうかもしれません。

まあ一緒に遊んでくれる友達なり知り合いなりオープン会があれば、テラフォーミングマーズは良いゲームなんじゃないでしょうか?←それってどんなゲームにも該当しますよね


 


面倒だからGWTやろうぜ!!

欠点があるゲームほど応援したくなるのがボードゲーマーの常ですが、まあちょっとしたヴァリアントならとにかくあんまりヴァリアント入れすぎるのも考えものです。

ルールブックに多少エラッタがあっても、GWTやればいいんじゃない?って感じになります。
というわけで、やたらとヴァリアントが付けられやすい歪なゲームを挙げてみます。

○ミソトピア
→いびつすぎるマルチゲーです。
諦めて数エーカーの雪をプレイしましょう。 

○レールロードレボリューション
→強すぎる電信をどう抑えるかが問題。
しかし日本の鉄道会社において電信は底辺である不思議

○CV
→個人的な感想ですが、万能人が圧倒的に強いので、ゲームから取り除いたほうが楽しめます。 

○プラエトル
→ディベロップ不足ですね、全てが

他にもこのタイトルはバランスが悪い、とかあったら是非教えてください。
地雷を踏まないために笑
 


拡張は予約完売?いまのところ





私はのんびりペヤング食べテラフォーミングマーズがなぜこんなに人気か?と考えてみたらドイツゲーム賞を取ったからなんでしょうね。
まあ欲しいのもは手に入れるしかないですよね、相手がいるとか芸能人かどうかは関係ありません。 
そういえば、嶽本野ばらがそんなことをエッセーで書いていたような気がします。

というわけで、個人的に考える開幕ダッシュしたら入手できるかもしれないヨドバシカメラを考えてみました。

3位:町田

2位:錦糸町

1位:上大岡

どうでしょうか、どこもちょっと地味な店舗じゃないですか?特に上大岡は穴場っぽく見えます。

どうしても貴重なテラフォーミングマーズを入手したい方は凸してください。
もちろん買えるかどうかは、神頼みですよ、こういうときに日ごろの信心が試されるっていうわけです。


拡張も予約受付中!!

あっという間に品切れ‥‥‥



焼きそばを食べながら、アマゾンで予約!!!

さて、ヨドバシカメラはまだまだ神奈川県内の店舗であれば買えるのでBダッシュしましょう。
ついでに拡張も買うと幸せになれそうです。

えっ、エラッタが心配?大丈夫です。

その時は駿河屋に売ればいいからです(オイ)


拡張も予約受付中!!




私はのんびりペヤング食べながら待っているヨ…

テラフォーミングマーズがなぜこんなに人気か?と考えてみたらドイツゲーム賞を取ったからなんでしょうね。
まあ欲しいのもは手に入れるしかないですよね、相手がいるとか芸能人かどうかは関係ありません。 
そういえば、嶽本野ばらがそんなことをエッセーで書いていたような気がします。

というわけで、個人的に考える開幕ダッシュしたら入手できるかもしれないヨドバシカメラを考えてみました。

3位:町田

2位:錦糸町

1位:上大岡

どうでしょうか、どこもちょっと地味な店舗じゃないですか?特に上大岡は穴場っぽく見えます。

どうしても貴重なテラフォーミングマーズを入手したい方は凸してください。
もちろん買えるかどうかは、神頼みですよ、こういうときに日ごろの信心が試されるっていうわけです。


買いたいものがナニもなかったよ

いやぁ、平日の朝にいくと駿河屋は誰もいませんね(当たりまえ)
そして値段が通販より高いものもあり、どういう値付けをしているのか謎です。

それもこれも転売ヤーがヨドバシカメラで買い漁るから良くないんですよ。
もしかすると本当にボードゲーマーが増えているからかもしれませんが、東京のターミナル駅店舗(上野、新宿、秋葉原)などはロクなゲームが残っていませんよ。

こういう早く帰れる、というか家に誰もいない時にこそ、マンションオブマッドネス第2版をこっそり密輸したい、という男心を理解してもらいたいです。 



密輸イクナイ!!



 


今話題の陣取り?(もう一昔前)

本日は2017年話題の2タイトルに対談していただくことになりました。

テラフォーミングマーズ(日本語版):以下テ
「こんにちは」

バニーキングダム(日本語版):以下バ
「こんにちは」

それでは早速ですが人気の秘密についてお聞きしたいです。


「やはり火星は人類のあこがれ、ということでしょうか?私自身は2016年の発売ですが、カードの翻訳が面倒で一部マニア以外はプレイしていなかったのですが、日本語化で一気に人気に火がつきましたね。それにBGGの順位は6位ですからね…あれバニーさんは何位でしたっけ??」


「(ムカっ!!)……まあテラフォさんは2017年のタイトルじゃありませんけどね……それにリリースされたばかりの作品にBGGの順位を言われてもねぇ。やっぱり私の特徴は作者でしょう、なにしろリチャードガーフィールド!TCGの神様みたいなものですよ。というわけで、血統が違うんですよね」


「ボードゲームが「作者を目玉」にするようになったら終わりじゃないですかね?重要なのは中身だと思うんですけど」


「それをいったらテラフォさんはカードが多いだけの大雑把なアメゲーじゃないですか?やっぱりドラフトこそゲームの華じゃぁ…」


「それって馬鹿の一つ覚えで作者がドラフト入れたがっているだけじゃないですか?だいたいあんな小さい駒じゃ手の小さい日本人にだって持ちにくい…」


「あーやっぱり攻撃的なゲームだなぁ、野蛮すぎますよね、すぐに攻撃してきて。そうやってすぐに核を持ち出すなんてどこかの北ch」

かなり場が荒れてきたので、これで終了したいと思います。
ありがとうございました。




バニーキングダムが量産された暁には、アークライトなどひねり潰してくれる!!

さて、最近リリースされている作品をみるとホビージャパンよりアークライトの方が良い気がします。
というわけで比較してみました。

①テラフォーミングマーズ VS バニーキングダム
→テラフォーミングマーズの圧勝

②グレートウェスタントレイル VS 狂気山脈
→グレートウェスタントレイルのコールド勝ち

③クトゥルフウォーズ VS チケットトゥライド北欧の国々
→チケットトゥライドかな??

④マジェスティ VS ダンジョンラッシュ
→引き分け

⑤ファーストクラス VS ダイスエイジ
→ファーストクラスの方が面白いかな?

⑥ダイスシティ VS ダイスエイジ
→コロガリア王国で充分ですよ!!

アークライトが圧勝するかと思いましたが、僅差でアークライトの勝ちになりましたね(作為的なマッチメイク)

でも最近のホビージャパンはリリースが早いだけで、本当に買いたい!!と思うようなタイトルがないのも事実だと思います。

ふと思い返してみましたが、アグリコラも新版ですから純粋な新作ではありませんし、ヨーヴィックにしてもHit Z Road もイマイチ流行りませんでしたし、キーシリーズもキーフラワー以降は鳴かず飛ばずですからね……

アークライトは確かに1年おそいけど、確実に良い作品をリリースしている、そんな印象があります。
まあ日本人は初物好きだから、早ければそれでいいのかもしれませんが、ユーロゲームの面白さに新物も初物もないと思います。

 


僕はプロレス好き!!

ボードゲーム

と一口にいっても実際のジャンルは様々です。
ここらへんは格闘技と一口にいっても様々な競技があるのと同じですね。

たとえばプロレス、ボクシング、柔道、K-1、総合などなど、まあ全く違う競技性です。
ボードゲームも一緒だと思うんですよね。

結局、あやつり人形とテラフォーミングマーズと狂気山脈と将棋とオセロと囲碁は全部違うわけで、それをひとまとめにボードゲームというから他人に伝わらないんじゃないかと思います。

というわけで、合同コンパでは堂々と

おっぱいおしりサンシャインが好きです!!

と自己紹介することにします。

↑このページのトップヘ