ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: バイソン将棋


Ans.作り手の顔が見えるから

数年前の話ですが、ヘルウィグっていうシャハト25周年ボードゲームがリリースされたんですが、これがとんでもないクソゲーだったんですよ。

どれくらいのクソゲーか?といえばBGG5000位オーバーですから、お察しくださいって感じです。
でもまあ、なかなかクソゲーと言えない雰囲気がありました。
やっぱりシャハトだからでしょうか?

今でもそういう風潮って、ありますよね。

まあ国産ボードゲームだったりすると、ボードゲーム製作者はたいがいボードゲーマーなので、色々いったら悪いから言わないのかもしれません。
製作者と親しくなければ、たとえ飲み会の席でも言わないでしょう。

しかし友達だったら、「これってどうなの?」と言ってあげるのも、友達の役目ではないでしょうか?

私だったら、友達には指摘する気がします。
勿論ゲーム作りには金がかかるので、コスト度外視の指摘はできないわけですが…

作り手の顔が見えるのでいいことしかいえない、ということはあるかもしれませんが、これではいつまでたっても横濱紳商伝を抜くような作品は出てこないでしょうね。



 


300枚写真を用意すればDIYできるわね(すっごく面倒)

これは結構単純で良いですね。
300枚以上の写真からランダムに11枚選び、その中から、

他の人が「関係ありそう!!」と思うような写真をカードで選んで答え合わせ

するだけですからね。

写真を300枚集めるのは面倒なので、ここら辺は色々DIYで試してみても良いでしょう。
バルバロッサとかお絵かき当てゲームで、絵心とか粘土心がない方向け、といった感じですね。

まあ人数が多ければ多いほど良さそうなので、隙間時間に盛り上がるには良いのではないでしょうか?













Ans.作り手の顔が見えるから

数年前の話ですが、ヘルウィグっていうシャハト25周年ボードゲームがリリースされたんですが、これがとんでもないクソゲーだったんですよ。

どれくらいのクソゲーか?といえばBGG5000位オーバーですから、お察しくださいって感じです。
でもまあ、なかなかクソゲーと言えない雰囲気がありました。
やっぱりシャハトだからでしょうか?

今でもそういう風潮って、ありますよね。

まあ国産ボードゲームだったりすると、ボードゲーム製作者はたいがいボードゲーマーなので、色々いったら悪いから言わないのかもしれません。
製作者と親しくなければ、たとえ飲み会の席でも言わないでしょう。

しかし友達だったら、「これってどうなの?」と言ってあげるのも、友達の役目ではないでしょうか?

私だったら、友達には指摘する気がします。
勿論ゲーム作りには金がかかるので、コスト度外視の指摘はできないわけですが…

作り手の顔が見えるのでいいことしかいえない、ということはあるかもしれませんが、これではいつまでたっても横濱紳商伝を抜くような作品は出てこないでしょうね。



 


あるいは真昼間からカルヴァドス

今月は毎日のようにこんな時間まで仕事をしているので、かなりメンタルを削られます。
そんな時にボードゲームをやっても、まあプレイングは乱れるしロクなことになりません。
だいだいベタベタした手でカードを触られるのが辛抱なりません。


‥これは会社の仲間とうまくいってないからですね。
⬆︎
クロスファイアー

まあ仲の良い職場なら30分程度で終わるのがいいですよ。
高速アズールとか、高速バトルラインとか、高速イノベーションとか。

でも私のグループは昼休みでも普通に仕事をしているから誘いにくいなあ〜
スマホでクラクラやってるのは私くらいですし‥なんか罪悪感ありますよね。
ルールを読んでいるのが限界ですかねえ

でもボードゲームをプレイして上司の機嫌がよくなり、立案がバンバン通るなら是非やりたいですよ。

というわけで、こんなプレイングしたら立案が通らないゾ、というのをまとめました


①上司の土地に盗賊を置く(カタン)

②上司の大石を召し捕る(囲碁)

③暗殺者で意味なく暗殺(あやつり人形)

④バオバブの木をやたら渡す(星の王子さま)

⑤カードの積み込みで軍事勝ち(世界の七不思議デュエル)

是非みなさんも色々楽しんで下さい(何を?)



 


Ans.儀式の一環

明らかに○ソゲーがリリースされることはビデオゲームではありませんでしたが、残念ながらボードゲームではよくあることです。

ボードゲームコレクターはなんでもかんでもダボハゼみたいに喰らいつくから、なめられるんだと思います。

ビデオゲームの世界では海外のゲームは洋ゲーの一言で片付けられ、全部クソゲー呼ばわりでしたからね。まあ8割はクソゲーだったから仕方ないですが笑
今は海外ゲームの方がクオリティが高いのでそんなことを言う方はいないでしょうけど、少なくとも16bit機からPS1くらいまではやばいゲームも多かったですね。

新作=買うみたいなのは時間と金が余っているコレクターに任せて、GWTをやりこんだほうがよっぽど時間を有効に使っている……んでしょうか?結局ボードゲームに使っていることには変わりありませんが……

まあ時間と金の使い方は人それぞれでして、今日戸塚区役所にいったら、11:30の時点で期日前投票に1時間待ちなので、かえってきました。

そりゃもし1時間ならんでミニスーファミが買えるのであれば並びますが、並んで投票しても、どうせ勝つのは自民党ですし、夕方行くことにします。

でも気にせず並ぶ方もいるわけで、結局1時間の価値は人それぞれってことでしょう。

金の使い道も同じだと思います。
ボードゲームコレクターは散々面白いゲームはやりつくしたから、ただの面白いゲームには興味も沸かず、B級を通りこしてD級のくだらない、ネタにしかならない、ゲームの体裁をなしていないものしか興味がなくなっているに違いありません。

かなり偏見に満ちた偏った意見ですね(重複表現)

まあ狂気山脈はD級ではないですよ、ベスト人数が4~5人のコミュニケーションゲームなので、クトゥルフマニアが5人集まったらプレイすればいいんじゃないですかね? 

それならエルドリッチホラーをプレイしたほうが100倍楽しめるんでしょうけど。

でもBGGで今はこんな風に厳しい評価を受けているバイソン将棋や狂気山脈も20年くらいたったら評価される……とは思えませんねぇ……もしかすると人類が滅亡して他の星から知的生命体がやってきたときくらいなら、一週回って評価されるかもしれません。

↑このページのトップヘ