ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: グレートウェスタントレイル

D3S_2744 - Delacroix A


BGGでグレートウェスタントレイルが神ゲーであることは証明されています。
なぜ神か?といえば、すなわち牛を買うという一点に絞られるゲーム性だからです。

といっても言語を圧縮しすぎてわからないので、簡単に説明します。

【ここが神だよグレートウェスタントレイル】

①リソースは1つ、金のみ!!
⇒いまどき潔いです。いちいち考える必要がないのでラクチンです。
金ですべてを解決するアメリカっぽいね!!

②金を集めるエコノミックアニマルになれ!!
⇒いまどき金を中心に生きることができるのはボードゲームの上くらいです。
グレートウェスタントレイルは結局金を効率的に集めることを考えるゲームともいえます。

③牛がかわいい!!
⇒テキサスロングホーンが尋常ではない、かわいらしさです。
ホルスタインなんて目じゃないです。

さて、すっかり魅力を語りつくしたところですが(どこがぁ?)、実際にプレイしてみないと、この素晴らしさはわかりません。

グレートウェスタントレイルは、場を読むことができるプレイヤーが勝つゲームです。
つまり労働者タイルや災害タイル、インディアンタイルがランダム、公共建物の配置や駅タイルがランダムですから、ゲームによってプレイしやすいスタイルが変わってくるのです。

毎回変化するタイルをいかに読むか?が重要になってくるので、環境対応型ゲームといえるでしょう。
その点においてはグランドオーストリアホテルに似ているともいえます。
でもグランドオーストリアホテルはリソースが4種類あり、陣取り要素もあり、かなり要素を詰め込んでいますが、グレートウェスタントレイルはリソースを金、プレイヤーに要求するのは牛ハンドリングなので、かなり要素を減らしています。

減らした要素で楽しませる点においては、コンコルディアに似ているかもしれません。
結局コンコルディアはリソースこそ5種類ありますが、やっていることは自分の町のネットワークを広げる、という1点においてはかなりシンプルですからね。

というわけで、おそらくグレートウェスタントレイルは、コンコルディアやグランドオーストリアホテルに匹敵する、環境対応型ゲームなので、是非プレイしてみてください。





 



牛降臨!!(象です)

BGGでグレートウェスタントレイルが神ゲーであることは証明されています。
なぜ神か?といえば、すなわち牛を買うという一点に絞られるゲーム性だからです。

といっても言語を圧縮しすぎてわからないので、簡単に説明します。

【ここが神だよグレートウェスタントレイル】

①リソースは1つ、金のみ!!
⇒いまどき潔いです。いちいち考える必要がないのでラクチンです。
金ですべてを解決するアメリカっぽいね!!

②金を集めるエコノミックアニマルになれ!!
⇒いまどき金を中心に生きることができるのはボードゲームの上くらいです。
グレートウェスタントレイルは結局金を効率的に集めることを考えるゲームともいえます。

③牛がかわいい!!
⇒テキサスロングホーンが尋常ではない、かわいらしさです。
ホルスタインなんて目じゃないです。

さて、すっかり魅力を語りつくしたところですが(どこがぁ?)、実際にプレイしてみないと、この素晴らしさはわかりません。

グレートウェスタントレイルは、場を読むことができるプレイヤーが勝つゲームです。
つまり労働者タイルや災害タイル、インディアンタイルがランダム、公共建物の配置や駅タイルがランダムですから、ゲームによってプレイしやすいスタイルが変わってくるのです。

毎回変化するタイルをいかに読むか?が重要になってくるので、環境対応型ゲームといえるでしょう。
その点においてはグランドオーストリアホテルに似ているともいえます。
でもグランドオーストリアホテルはリソースが4種類あり、陣取り要素もあり、かなり要素を詰め込んでいますが、グレートウェスタントレイルはリソースを金、プレイヤーに要求するのは牛ハンドリングなので、かなり要素を減らしています。

減らした要素で楽しませる点においては、コンコルディアに似ているかもしれません。
結局コンコルディアはリソースこそ5種類ありますが、やっていることは自分の町のネットワークを広げる、という1点においてはかなりシンプルですからね。

というわけで、おそらくグレートウェスタントレイルは、コンコルディアやグランドオーストリアホテルに匹敵する、環境対応型ゲームなので、是非プレイしてみてください。

 


こうみえてもガチ勢

ちょっと定石を教わったり、アドバイスを受けただけで

○ゲームの面白みがなくなった

○攻略法は1から10まで自分で見つけてなんぼ

○(他人に迷惑をかけたとしても)自分の好きなようにプレイさせろ

とおっしゃるボードゲーマーの方がいるんですが、きっとそういう方々はいわゆるノンリプレイ派で、ほとんどが

1度抱いた女は抱かない
👆
風俗で常にフリーで入る友人に似ていて漢らしい

的な認識の方々なのでしょう。
性豪ですね。

個人の考え方の是非は抜きにして、ほとんどのボードゲームは

一言アドバイスをもらったくらいではマスターできない

と思います(○×ゲームくらい「最善手をお互いに打つと引き分け」と決まっているものならまだしも)
実際、かなりシンプルなスプレンダー(宝石のきらめき)でさえ、

カードの分類や、どのカードが価値が高いか?

を知ったところで、上級者には言語化できないプレイスタイルがあり(それはしばしば運とも呼ばれますが)、そのプレイスタイルを習得する過程が楽しいといえるでしょう。

まあアドバイスをくれるのはボードゲーマーの優しさからだと思います。
後ろで

興味深い

と言われても具体性がないので、どうプレイしてよいかわかりませんからね





自己紹介がてら!!

さて、いきなりアクセス数がちょっとだけ上がったので(原因はとりま不明ですが)、自己紹介がてらおすすめボードゲームを挙げてみました。

HOF:囲碁、チグユー

…………(すぐ超えられる壁)………

1位 グレートウェスタントレイル
→少人数で面白いボードゲームといえばグレートウェスタントレイル一択でしょう。
なにが楽しいって「牛を買うのが楽しい」(妻談)
そして目的も「いかに効率的に出荷するか?」の一点に集約されるので、説明しやすくて良いですね。

2位 グランドオーストリアホテル
→もともとノーマークだったので、反動でよけい面白く感じますね。
拡張が出ないのは、すでに完成されているからです。

3位 コンコルディア
→毎年マップがでる、ということは無限にプレイできる?ってことでしょうか…
私は塩抜きが好きです、純粋に販路を拡大していくこととカードハンドリングに集中できますから。

正直、上位3つはどれも素晴らしいので、あまり順位は決められません。
グランドオーストリアホテルは入手しにくいのですが、GP様が定期的に販売されているようなので、お願いしてみるとよいです。
私もヴィアネビュラをお願いしたいです。

以下はこんな感じです。
便宜上、順位はついていますが、あまり差はありません。


4位 村の人生
→最近拡張は売り切れていますが、本体のみでも結構楽しいです。

5位 砂漠を越えて
→複数人でプレイ可能なアブストラクトとしては、かなり良い出来です。

6位 トラヤヌス
→フェルトの中では一番箱絵がカッコイイですね。
面白いか?といわれるとアクアスフィアの方が深い気はしますが、アクアスフィアは実力差がでやすいからなぁ〜それに海の中って閉塞感があるんですよね。というわけでトラヤヌスのほうが好きです。

7位 スプレンダー(宝石の煌めき)
→家族が好きですね。

8位 ダイアモンド
→同上

9位 インペリアルセトラーズ
→クレオパトラが好きです。

10位 CV
→家族が好きですね。







お仕事は放棄!!

一昔前であれば とりあえず初心者にはカタンを勧めとけ!!的な風潮があったかもしれませんが、 いまはカタンよりも遥かにボードゲームの楽しさを直感的に感じられるタイトルが多いので、とても良い時代になったということでしょう。

カタンは何がいやか?といえばやっぱりマルチ色が強いので、自分の得にはあまりならないけど、一人を独走させないためのお仕事を強要されたりキングメーカーになったりしてしまうことが、ひとことで言えば

面倒

ということです。

いや悪手を打つのは個人の勝手だからいいんですけど、それを他のプレイヤー、あるいは外野に野次られようものなら、盤面をひっくり返して

もう僕帰る!!

となるわけです(もちろん良い大人なのでしませんが……)

まあお仕事が好きな方も勿論いるわけで、そこらへんはマスゲームの快感とでも申しましょうか、つまり日本人的な「行列に並ぶとストレスを感じるけど、何故か安心する」といった一体感なのかもしれません。

でも私は普段充分「お仕事」をやらされているので、ボードゲームくらいは好き勝手にプレイしたいなあ〜と思う次第であります。
 



人生を体験できるところですかね(あと多額の借金をしても現実の社会と違い、問題ないところとか?)

さて、ボードゲームというコンテンツの良いところを挙げてみることにします。

①説明書を読むだけで、時間が潰せる

②戦術を研究するだけで、時間が潰せる

③PDCAサイクルをまわす練習になる

④コレクション性

ここら辺ですかね?






牛降臨!!(象です)

BGGでグレートウェスタントレイルが神ゲーであることは証明されています。
なぜ神か?といえば、すなわち牛を買うという一点に絞られるゲーム性だからです。

といっても言語を圧縮しすぎてわからないので、簡単に説明します。

【ここが神だよグレートウェスタントレイル】

①リソースは1つ、金のみ!!
⇒いまどき潔いです。いちいち考える必要がないのでラクチンです。
金ですべてを解決するアメリカっぽいね!!

②金を集めるエコノミックアニマルになれ!!
⇒いまどき金を中心に生きることができるのはボードゲームの上くらいです。
グレートウェスタントレイルは結局金を効率的に集めることを考えるゲームともいえます。

③牛がかわいい!!
⇒テキサスロングホーンが尋常ではない、かわいらしさです。
ホルスタインなんて目じゃないです。

さて、すっかり魅力を語りつくしたところですが(どこがぁ?)、実際にプレイしてみないと、この素晴らしさはわかりません。

グレートウェスタントレイルは、場を読むことができるプレイヤーが勝つゲームです。
つまり労働者タイルや災害タイル、インディアンタイルがランダム、公共建物の配置や駅タイルがランダムですから、ゲームによってプレイしやすいスタイルが変わってくるのです。

毎回変化するタイルをいかに読むか?が重要になってくるので、環境対応型ゲームといえるでしょう。
その点においてはグランドオーストリアホテルに似ているともいえます。
でもグランドオーストリアホテルはリソースが4種類あり、陣取り要素もあり、かなり要素を詰め込んでいますが、グレートウェスタントレイルはリソースを金、プレイヤーに要求するのは牛ハンドリングなので、かなり要素を減らしています。

減らした要素で楽しませる点においては、コンコルディアに似ているかもしれません。
結局コンコルディアはリソースこそ5種類ありますが、やっていることは自分の町のネットワークを広げる、という1点においてはかなりシンプルですからね。

というわけで、おそらくグレートウェスタントレイルは、コンコルディアやグランドオーストリアホテルに匹敵する、環境対応型ゲームなので、是非プレイしてみてください。

 


牛降臨!!(天龍)

BGGでグレートウェスタントレイルが神ゲーであることは証明されています。
なぜ神か?といえば、すなわち牛を買うという一点に絞られるゲーム性だからです。

といっても言語を圧縮しすぎてわからないので、簡単に説明します。

【ここが神だよグレートウェスタントレイル】

①リソースは1つ、金のみ!!
⇒いまどき潔いです。いちいち考える必要がないのでラクチンです。
金ですべてを解決するアメリカっぽいね!!

②金を集めるエコノミックアニマルになれ!!
⇒いまどき金を中心に生きることができるのはボードゲームの上くらいです。
グレートウェスタントレイルは結局金を効率的に集めることを考えるゲームともいえます。

③牛がかわいい!!
⇒テキサスロングホーンが尋常ではない、かわいらしさです。
ホルスタインなんて目じゃないです。

さて、すっかり魅力を語りつくしたところですが(どこがぁ?)、実際にプレイしてみないと、この素晴らしさはわかりません。

グレートウェスタントレイルは、場を読むことができるプレイヤーが勝つゲームです。
つまり労働者タイルや災害タイル、インディアンタイルがランダム、公共建物の配置や駅タイルがランダムですから、ゲームによってプレイしやすいスタイルが変わってくるのです。

毎回変化するタイルをいかに読むか?が重要になってくるので、環境対応型ゲームといえるでしょう。
その点においてはグランドオーストリアホテルに似ているともいえます。
でもグランドオーストリアホテルはリソースが4種類あり、パズル要素もあり、かなり要素を詰め込んでいますが、グレートウェスタントレイルはリソースを金、プレイヤーに要求するのは牛ハンドリングなので、かなり要素を減らしています。

減らした要素で楽しませる点においては、コンコルディアに似ているかもしれません。
コンコルディアはリソースこそ5種類ありますが、やっていることは自分の町のネットワークを広げる、という1点においてはかなりシンプルですからね。

というわけで、おそらくグレートウェスタントレイルは、コンコルディアやグランドオーストリアホテルに匹敵する、環境対応型ゲームなので、是非プレイしてみてください。

 




お仕事は放棄!!

一昔前であれば とりあえず初心者にはカタンを勧めとけ!!的な風潮があったかもしれませんが、 いまはカタンよりも遥かにボードゲームの楽しさを直感的に感じられるタイトルが多いので、とても良い時代になったということでしょう。

カタンは何がいやか?といえばやっぱりマルチ色が強いので、自分の得にはあまりならないけど、一人を独走させないためのお仕事を強要されたりキングメーカーになったりしてしまうことが、ひとことで言えば

面倒

ということです。

いや悪手を打つのは個人の勝手だからいいんですけど、それを他のプレイヤー、あるいは外野に野次られようものなら、盤面をひっくり返して

もう僕帰る!!

となるわけです(もちろん良い大人なのでしませんが……)

まあお仕事が好きな方も勿論いるわけで、そこらへんはマスゲームの快感とでも申しましょうか、つまり日本人的な「行列に並ぶとストレスを感じるけど、何故か安心する」といった一体感なのかもしれません。

でも私は普段充分「お仕事」をやらされているので、ボードゲームくらいは好き勝手にプレイしたいなあ〜と思う次第であります。
 



こうみえてもガチ勢

さてちょっと定石を教わったり、アドバイスを受けただけで

○ゲームの面白みがなくなった

○攻略法は1から10まで自分で見つけてなんぼ

○(他人に迷惑をかけたとしても)自分の好きなようにプレイさせろ

とおっしゃるボードゲーマーの方がいるんですが、きっとそういう方々はいわゆるノンリプレイ派で、ほとんどが

1度抱いた女は抱かない

的な認識の方々なのでしょう。
豪勢ですね。

個人の考え方の是非は抜きにして、ほとんどのゲームは

一言アドバイスをもらったくらいではマスターできない

と思います(○×ゲームくらい「最善手をお互いに打つと引き分け」と決まっているものならまだしも)
実際、かなりシンプルなスプレンダー(宝石のきらめき)でさえ、

カードの分類や、どのカードが価値が高いか?

を知ったところで、上級者には言語化できないプレイスタイルがあり(それはしばしば運とも呼ばれますが)、そのプレイスタイルを習得する過程が楽しいともいえるでしょう。

まあアドバイスをくれるだけボードゲーマーは優しいと思います。
クラロワだったら、単に蹂躙されるだけですから笑




↑このページのトップヘ