ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: イノベーション

さてせっかくタルギが再販されたのに転売ヤーの手に落ちたせいか、市場からはすっかりなくなり、誰も話題にしなくなりました(拡張は入手できますが……)←最近在庫が戻ってきましたね

で再販前にやたらとハードルを上げすぎたせいか

「これなんか地味じゃね?」

というマイナスな意見も、ちらほらみえる今日この頃です。
でも、もともとプレ値がついてハードルが高すぎただけですから、タルギ自体はこんなもんだと思いま
それに拡張日本語版発売後にも
「海外版と日本語版を混ぜることができる」という怪情報が流れました。

これは真っ赤なウソですね。

アークライトがよく不評を買うように、タルギのカードは、背中が海外版と日本語版で異なるので、混ぜるにはスリーブに入れるなどして工夫する必要があります。


このような怪情報も流れたせいか評価はウナギ下がりです。
でも安心してください。タルギは

何度もプレイすると面白くなる大変深みのあるゲームです。
そして直接攻撃要素や邪魔をする要素も殆どないので、快適にプレイすることができます。

さらにもしうっかり妻に勝ちそうになったら、勝利点トークンを左手に握り込むことで無理矢理負けることができます。これは、子供とプレイするときには重宝しそうです。

よくわからないフォトジェニックさだけを売りにする同人ゲームを買うくらいなら、タルギの方がよっぽどボードゲームの深淵に近づけることでしょう

まあ、近づいても、暇つぶしになるだけなんですが‥‥‥





 


呼んだ??(呼んでいない)

さてせっかくタルギが再販されたのに転売ヤーの手に落ちたせいか、市場からはすっかりなくなり、誰も話題にしなくなりました(拡張は入手できますが……)←最近在庫が戻ってきましたね

で再販前にやたらとハードルを上げすぎたせいか

「これなんか地味じゃね?」

というマイナスな意見も、ちらほらみえる今日この頃です。
でも、もともとプレ値がついてハードルが高すぎただけですから、タルギ自体はこんなもんだと思います。

それに拡張日本語版発売後にも
「海外版と日本語版を混ぜることができる」という怪情報が流れました。

これは真っ赤なウソですね。

アークライトがよく不評を買うように、タルギのカードは、背中が海外版と日本語版で異なるので、混ぜるにはスリーブに入れるなどして工夫する必要があります。


このような怪情報も流れたせいか評価はウナギ下がりです。
でも安心してください。タルギは

何度もプレイすると面白くなる大変深みのあるゲームです。
そして直接攻撃要素や邪魔をする要素も殆どないので、快適にプレイすることができます。

さらにもしうっかり妻に勝ちそうになったら、勝利点トークンを左手に握り込むことで無理矢理負けることができます。これは、子供とプレイするときには重宝しそうです。

よくわからないフォトジェニックさだけを売りにする同人ゲームを買うくらいなら、タルギの方がよっぽどボードゲームの深淵に近づけることでしょう

まあ、近づいても、暇つぶしになるだけなんですが‥‥‥





 


日比谷でスカっとする!!

休みがあける日曜日の午後って鬱っぽくなることもありますよね。
そこで、スカッと楽しめるゲームをまとめてみました。

○逃げゾンビ
➡サイコロを振り、ワラワラ湧いてくるゾンビを倒したり、逃げたりするゲーム。 ダイスによってイベントカードを引いたり場所カードを引いたり仲間カードを引いたりします。
半分くらいは悪いことしか起きないので、どこまでいっても確率のゲームだなぁという気がします。
しかし疲れ過ぎた脳を癒すのはバット以外にないでしょう。

○パンデミック
➡会社員などをしていると、もっとスカッと生きたいなあ、などと考えてしまいます。 そんな擬似体験を出来るのが、パンデミックでしょう。
世界を救うのは自分しかいない!!というわけです。
まあ、滅亡することが多いんですけど。

○イノベーション
➡考えてみると、ボードゲームって頭使うのが多いですよね。
こちらは出たカード勝負みたいなところがあるので、気軽にプレイできます。
勝っても負けてもどうでもいい、自分の仕事も歴史の前にはどうでもいいみたいな。









スルージエイジズ新版が出てずいぶん経ちました。

20P以上の説明書、数百枚以上のカードのシナジー。
かなりハードルが高いゲームですね。
そこで私はプレイするゲームを徐々にステップアップさせていくことを推奨します。 

スルージエイジズは文明発展型ゲームです。
というわけで、似たテーマのゲームで簡単なものから徐々にステップアップさせていくことで、スムーズにプレイを出来るようになる、という方法でず。

この方法の利点は適性がなければ、途中でプレイしなくなるため無駄な出費が減る、という点です。

最近のボードゲーム、特に重ゲーは戦略的高難易度、長時間化が進み、初心者が上級者に勝つ事は不可能な作りになっています。
じゃあ最近のボードゲームが、昔のゲームよりレベルが高いか?といえばそんなことはなく、

ゲーム性が異なるだけという

一点に集約されます。

このようなゲームを楽しむには、いきなり目的のゲームをプレイしても勿論良いのですが、

プレイする

3時間座っている間、上級者にボコられる

NFM!!

という不幸な結末しかありません。

勿論、たかがゲームですし、幾らでも他のゲームはありますから、それで良いという方はいるでしょう。
しかし私はスルージエイジズとそんな形で別れるのは、一種の悲劇だと思っています。
スルージエイジズは奥深く(そしてルールとプレイ時間が多い)素晴らしい作品ですから、もっと広まればよいと思います。








The 運ゲー

運要素が強いゲームって、ボードゲーマーでも嫌いな方が多いです。
その原因について考えてみると圧倒的一位は

運で勝負が決まる

という点だと思います。

例えば運要素強めのカードゲーム、イノベーションを考えてみます。
強いカードが散見されるゲームですから、

強いカードを取る=勝ち

となっています。

確かにそのような側面は否めませんが、「それもまた一局」という気もします。
次にプレイするときは自分が強いカードを引くかも?と考えることもできるんじゃないでしょうか?

【運要素が強いゲームこそ何度もプレイしたい】
ポーカーやブラックジャックのプレイヤーで一回プレイして「運が強いので、ク○ゲー」という人はいないと思います。
これらのゲームは運が強いゲームですが、何回も繰り返しプレイすることによって運は平準化され実力が出てくるからです。

まあイノベーションは運の要素が強い割に1時間かかるから、きっと嫌われるんでしょう。
これがジャイプルみたいに30分だったら、良かったんじゃないかなぁ〜と思ったりもします。



相手に花を持たせることも重要

WIREDのボードゲーム記事で取り上げられていたイノベーションですが、やはりカード運以外にも熟練度はあるような気がします。
というわけで、初心者がいやにならない程度に、そして手を抜いていると相手にバレない方法を考えてみました。

①強いカードは使わないでずっと手札にしておく
⇨基本ですね

②カードを引いてすぐに出す
⇨このゲームは1ターン2手ですから、カードを引いてすぐに出せば、次の手順なの発動まで相手に1ターン猶予があります。
手加減しない場合は、手札からカードを出して発動します。

③ 場に出しても起動しない
⇨大人は気を使うので大変なんです 

④全員が使える教義を使う
⇨攻撃型の教義は極力避ける

2人プレイのイノベーションでは一方的に負けることは少ないので、やられても

(大げさに)くっそお!!やりやがったな!

とやられた方がリアクションをとった方がうまくいくと思います。
つまり一流のレスラーは技の受け方が一流、ということですね

⬆︎

イノベーションはプロレスなの? 




 


知的な風貌?


イノベーション紹介はこちら

日本では数少ない

ボロカスにレビューしても誰も嫌な気分にならないゲーム

じゃないでしょうか?
しかしBGGだとかなり高い順位です。

さてどちらの評価が正しいのでしょうか?


【外観】
一見すると文明発展系ゲームの知的な雰囲気を醸し出しています。
これがゲーム内容との乖離の始まりです。
数多くの文明では、支配する国、される国が明確に分かれおり、そこに知的さなどなく一方的で暴力的な場合がほとんどです(ローマ帝国のように例外はありますが)

【コンポーネント】
さて肝心の中身ですが、実体は(ほぼ)カードのみという潔さです。
しかし同じカードは1枚も無いので、次はどんなカードが出るか?楽しみになります

【ゲーム内容】
実際にプレイしてみましょう。
このゲームは1の時代(原始時代)から10の時代(現代)までのカードをプレイし、文明を発展させていくゲームです。

5種類の属性があり、それぞれのジャンル毎にカードを発展させ、各時代を制圧することで勝利を目指します。
最大の特徴は複雑な勝利条件と、特殊な日本語、そして

”人類の歴史は闘争の歴史だ!!"

という作者のメッセージが伝わってくるような攻撃性です。

しかし実際にプレイしてみると、時代が進む度に凄まじいインフレ&リセットが起きるため、一方的に攻撃される事は稀です。

やったらやり返される、ということですね。

【拡張性】
拡張はいくつか出ていますが、日本語化されているエコーズに触れましょう。
なんか追加されているカードが妙に庶民的だったりします。
タイプライターとかカラオケとかMP3とか

ジミヘンとか

火薬と人工知能と核分裂とジミヘンが同じ土俵で競い合うって、ちょっと凄くないですか?

Experience Hendrix: the Best of Jimi Hendrix
Jimi Hendrix
Sony Legacy
2010-03-09



こんなカオスなゲームは他に無いですし、(多少破綻していますが)ゲームの体裁を成しているところが凄いです

タイトルがイノベーションなんて気取ったタイトル名なので、中身を誤解されやすいのかも?
「スーパー文明大戦〜アインシュタインとナポレオンがカラオケでジミヘン歌ったら、核分裂してドリー爆誕!?」とかにした方がわかりやすいと思います

評価が低い理由は、プレイ回数の少なさが原因でしょう。

4人でプレイしたら、全カードの1/4しか自分でプレイしません。
このゲームは同じカードは1枚だけなので、全容を把握しないまま評価しているのでしょう。
またカードの巡り合わせが悪かった場合も評価が下がります。
これはラと同じです。

熱い展開としては

原始から中世にかけて一方的に攻撃されていたのに、なんとか耐えていたら近代で逆転勝利

とかでしょう。

それも人類の歴史ということです。





 


勿論私ですよね!!

一番好きなゲームは何ですか?と聞かれたら、やっぱりパッと答えたいです。

まあ一番って言われると難しいんですけどね。
食べ物でも音楽でもタレントでも映画でも小説とかでもそうじゃないですか?
一番を決めるわけですから。

でも斜めに構えて、

「自分は一番を決めるために趣味しているわけじゃないんで」

とか答えられても聞いた方は困るわけですよ。

(いやいや、謎々しても仕方ないし、空気が重いから軽く聞いてみたのに…)

話題がないから無理矢理話を振ったのに、禅問答みたいになってますからね。
完全にこじらせ系の回答です。
ますますボードゲーマーが気難しい人ばかりに見られかねません。

さて、私にとっての1位はやっぱり囲碁で、囲碁以上のボードゲームはないと思っています。
じゃあBGGで囲碁より上のランクのゲームは?となると、そこはそれ、全て神ゲーといわざろうえないわけです

(雑な分類)

 


戦争カードがヤバすぎない?

値段もこなれてきたスルージエイジズですが、戦争カードでは随分大味だなぁというのがちらほら出てきます。
軍事差分だけ勝利点強奪とか、下手したら一発で投了だと思うんですけど、気のせいですかね?
4時間プレイしていて、カード1枚で投了させられたら普通だったら

クソゲー

ってなるかと思うんですけど、スルージエイジズにはそれを言わせない風格があるのでしょう…多分


一方で似たような文明構築ゲームで時間も15%程度で終わるイノベーションときたら

カードのバランスが悪い
クソゲー
チャデク嫌い

と散々な言われようです。

というわけで、本当にカードがヤバイか検証してみます。
あまりカードの中身を見ると楽しみが減るので、時代1〜3まで見てみます。

【時代1のプチやばいカード】
さすがに時代1は大したカードはありません。

○弓
⇒相手に時代1のカードを引かせて、一番高いカードを奪う
相手の手札に時代2や3がある場合に奪えますね

【時代2のプチやばいカード】
時代2も大したカードはまだありません。序盤ですから、当然です
○暦
⇒影響カードの枚数が手札より多い場合、時代3から2枚引く

【時代3のやばいカード】
ここからが本番です
○工学
⇒石を生み出す相手のアクティブなカードを全て自分の影響下における
石を生み出すカードは時代3までですが、実際のダメージよりも精神的ダメージが大きいです。

○機械
⇒手札を全交換
普通のゲームだったら、最大級の嫌がらせですね。
イノベーションだと序の口ということでしょう。

○医術
⇒相手の一番影響力が高いカードと、自分の一番影響力の低いカードを交換する
嫌がらせ以外の何ものでもありません。

時代3まで確認した限りですが、結構ヒドいカードが多いです。
特に手札強制交換はボードゲーマーが一番嫌うんじゃないでしょうか?
 
なるほど勝利点を奪われるのは我慢できるけど、手札交換は我慢できないということですね、わかります。



 

↑このページのトップヘ