ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: サグラダ



組織票なんぼのもんじゃい!!

ゲームマーケットの投票でサグラダに不特定多数から最低得点がつけられたそうです。
まあ母数が少ないからそういう嫌がらせはあると思います。
ボードゲーマーもそうですけど日本のサイトは母数がすくないので情報操作がしやすいです。
そんな時はBGGがいいです。
母数が多いですからね、組織票が軽減されます。

サグラダがどういうゲームか調べてみました。

…………きれいなダイスゲームですね(小学生並の感想)
なるほど、サイコロを振って決められた並びで並べると勝利点がもらえる、ということですね、わかります。
BGGでの順位は高いですが、ダイスゲーにありがちな2人ベスト、ということは待ち時間が長い、ということです。

やっていることは結構地味なのですが、見た目で得をしているタイプのゲーム、ということでしょう。
アブストラクトのジャンルに入っていますが、サイコロ=運に身を委ねるゲームですからアブストラクトじゃないだろ、と思う反面、盤面を埋めるからアブストラクトっぽい、という感じもします。

このゲームが6,000円ということですか………まあ一概に高い安いは言えませんが、ダイスと盤面だけのコンポーネントにしてはお高いという感じはありますね、世界的に在庫不足ということで高騰しているのでしょう……ダイスが。

モテゲーかどうかはわかりませんが、個人的にはパッチワークのほうが見た目が女子受けしそうなので、モテゲーが欲しいのであれば、パッチワークをおすすめします。

ふつーの女子はダイス嫌いなんじゃないですかね←偏見 


 


実は毎年地味だった‥‥

なんか今年に限って地味かと思ったら、意外と地味なタイトルばかりなんですよね、ドイツゲーム大賞って。
Wikipediaによればマニアックなものを避けている傾向にあるそうですので、当然といえば当然です。

マニアックな内容を避けるのであれば、普通にアズールとサイコロのやつ(ガンシュンクレバー?)っぽいですけど、どうなるのでしょうか?

まあ私は安くなったら、ヘブンアンドエールとアズールくらいは買ってもよいと思っていますが、ちょっと家ではプレイしにくい感じがするんですよね。

特にヘブンアンドエールは妻がいきなり5点とか叩き出して「もう二度とプレイしない」コンボまで目に浮かぶようなので、細心の注意が必要ですね。

アズール 日本語版

ホビージャパン
2018-02-24


来冬にまた会いましょう〜

さて一瞬盛り上がって、あっというまにアズールに飲み込まれていったサグラダです。
結局サグラダが良いサグラダだったか、よくわかりませんから、調べてみることにしましょう。

…………きれいなダイスゲームですね(小学生並の感想)
なるほど、サイコロを振って決められた並びで並べると勝利点がもらえる、ということですね、わかります。
BGGでの順位は高いですが、ダイスゲーにありがちな2人ベスト、ということは待ち時間が長い、ということです。

やっていることは結構地味なのですが、見た目で得をしているタイプのゲーム、ということでしょう。
アブストラクトのジャンルに入っていますが、サイコロ=運に身を委ねるゲームですからアブストラクトじゃないだろ、と思う反面、盤面を埋めるからアブストラクトっぽい、という感じもします。

このゲームが6,000円以上する、ということですか………まあ一概に高い安いは言えませんが、ダイスと盤面だけのコンポーネントにしてはお高いという感じはありますね、世界的に在庫不足ということで高騰しているのでしょう……ダイスが。

モテゲーかどうかはわかりませんが、個人的にはパッチワークのほうが見た目が女子受けしそうなので、モテゲーが欲しいのであれば、パッチワークをおすすめします。

ふつーの女子はダイス嫌いなんじゃないですかね←偏見 




妻に踏まれた(私が

さて、冬休みに突入しました!!
というわけで、なにか買うタイトルがないだろうか、イエサブやCUBEを見てみましたが………

買いたいのが全然なくて絶望した!!!
個人的にはペロポネソス拡張第2弾が気になりますが、どこにも売っていないんですよね。

あとはアマゾンで注文すると、なぜか洋書が届くと有名なマイルストンでしょうか?(原題失念)
でもCV持っているし、いらないかなぁ???

というわけで、この冬はラグランハ、1812、チケットトゥライド北欧の国々を攻めつつ、イスタンブールで守りを固めようと思います



冬休みが楽しみすぎて文章がおかしくなっています。









Honshu Board Game
Renegade Game Studios
2017-05-17




妻に踏まれた(私が

さて、監査も終わったので、さっそくストレスから解消された勢いで買いたいボードゲームを挙げていこうと思います。

○アクワイア新版
→3人でもまあまあ楽しめるのであればプレイしたいです。
でもBGGをみると微妙かもしれません……
4人集まるのであれば紛れもなく名作でしょう(そういう作品は結構あります)



○ロビンソンクルーソー2ndエディション
→ゲームとしては間違いなく面白そうですが、和訳が面倒くさいですね。
ちょっと小さい子供には早いかもしれません……







Honshu
→トリックテイクでカードを集めて、効率よく並べるタイル配置ゲーム?
人数は4〜5人がベストですが、少人数でもイケそうです。
もうちょっと安くなったらなぁ〜

Honshu Board Game
Renegade Game Studios
2017-05-17


やっぱりメンタルポイントが削られているせいかイマイチ物欲が湧きません。
監査式物欲ダイエット、流行ると思います(無理)
そいじゃまた〜 


買えなくても気にしない

さて、ゲームマーケット1日目が終わりました。
お気に入りのゲームを見つけた方もいれば、売り切れてがっかりした方もいるでしょう。
というわけで、1日目が終わったので、2日目を迎えるにあたって大切なことをまとめました。

①ボトルインプは一般発売される
→ゲームマーケット専売ではないので、気にする必要はありません。
その間はトランプでユーコンでもプレイしましょう(←かなり違う)

②モダンアートのルールは調べることができる
→和訳説明書が無くても、ネットで調べると幾らでも出てきます。
安心してください!!

③買い逃してもイエサブで買える可能性がある
→大手ですとイエサブで販売する可能性があります。
諦める必要はありません。

④仮に買えなくても、次回までにもっと面白いゲームが必ず出てくる
→クリエイターの方は日夜ボードゲームのことを考えているわけで、次回はもっと良いゲームがリリースされます。おそらく、間違いありません。

ほらチケットトゥライド北欧の国々もいきなり日本語化されましたし(根拠がそれ?)

というわけで、仮にお目当てのゲームが買えなくても、次のゲームマーケットまで首を長くして待つのが吉でしょう。

ホトトギスが鳴くまで待ったほうが良い場合もあります。




検品も兼ねて…

いよいよゲームマーケット開幕です!!
私は昨日の夜間作業の疲労で身動きできないので(年を取ると夜間作業は辛いんです)、草場の陰で見守ることにします。

さて、新しいゲームを買って何が一番楽しいか?と言われたら実は

「買った瞬間が一番楽しい」

ってことはないでしょうか?

入手した瞬間が一番楽しくて、実はプレイしてもしなくてもどうでもいい、なんてことがあったりします。
特にレアゲーだとそうです。

でも入手してから日数が経てば経つほど、どんどん魅力が落ちていきますから、やっぱりすぐにでも開けてプレイするのが理想でしょう。検品も一緒にできますからね 

というわけで、明日ゲームマーケットに行かれるかたは是非レジャーシートなどを持参し、その場でプレイするといいと臨場感が味わえて良いと思います(迷惑です)

 


インペリアル(コンソメ)ボードゲーム

さてもうすぐゲームマーケットですね。
今回のゲームマーケットにも幾つか同人ではなく和訳付きボードゲームを売るようですので、そちらをチェックします。

○サグラダ
→見た目が派手なサイコロでステンドグラスを作るアブストラクト。
結局アブストラクトなので好き嫌いが別れるのと、実質サイコロだけのコンポーネントで6000円は高い気もします。

○インプボトル
→プレ値がついているトリックテイク。
個人的にはトリックテイクは子供が小さくてトランプで充分なのですが、気になる方はチェックしても良いでしょう。

○ キャピタル(マイルストーン)
→Amazonで謎の洋書ブームを巻き起こした怪作。
ゲーム内容としては意外と普通らしいので、別に買わなくてもいいような気がするようなしないような…

まだまだ時間はあるので色々調べてみるといいですよ〜 


寒さ対策に!!

さて、あと1週間でゲームマーケットですね。
というわけで、注意点をまとめてみました。

①下調べしたもの以外は基本買わない
→お祭り気分だとなんとなく開拓したくなりますが、殆どの同人ゲームは○○です(好きな単語を入れよう!!)
というわけで、下調べしたもの以外は買わなくても問題ありません。

②ボトルインプが売り切れていても絶望して無駄なものを買わない
→ボトルインプは一般販売されるので、かりにゲームマーケットで買えなくても買うチャンスはあります。
というわけで、やけになっていらないものを買わないようにしましょう

③始発で乗り込む必要は多分ない
→始発で並ぶ方もいるかと思いますが、中古目的であればやめておいたほうがいいです。
なぜなら良いボードゲームは始発以前に並ぶ方にあらかた買われてしまうからです。
ですので、ボードゲーム争奪戦に参加して買えなかったら、やけになっていらないものを買ってしまうかもしれません。
うっかりオーティスなんて買ったら末代までの恥でしょう(それは言い過ぎ)

というわけで、無駄な争いに参加しないためにサグラダを予約して心の平静を保つのがよいでしょう。

④どうしても欲しければ予約しておく
→基本です。

⑤寒さ対策をする
→基本です。


 
よいゲームマーケットライフをインジョイしてください!!
 


祝カルヴァドス発売!!(関係ない)

さてゲームマーケットも近くなりましたが、私は残念ながら家族と一緒に過ごしているので、行くことができません。というわけで、情報を集めると……おおっ、サグラダが発売になりますね。

そこでサグラダがどういうゲームか調べてみました。

…………きれいなダイスゲームですね(小学生並の感想)
なるほど、サイコロを振って決められた並びで並べると勝利点がもらえる、ということですね、わかります。
BGGでの順位は高いですが、ダイスゲーにありがちな2人ベスト、ということは待ち時間が長い、ということです。

やっていることは結構地味なのですが、見た目で得をしているタイプのゲーム、ということでしょう。
アブストラクトのジャンルに入っていますが、サイコロ=運に身を委ねるゲームですからアブストラクトじゃないだろ、と思う反面、盤面を埋めるからアブストラクトっぽい、という感じもします。

このゲームが6,000円ということですか………まあ一概に高い安いは言えませんが、ダイスと盤面だけのコンポーネントにしてはお高いという感じはありますね、世界的に在庫不足ということで高騰しているのでしょう……ダイスが。

モテゲーかどうかはわかりませんが、個人的にはパッチワークのほうが見た目が女子受けしそうなので、モテゲーが欲しいのであれば、パッチワークをおすすめします。

ふつーの女子はダイス嫌いなんじゃないですかね←偏見 


 

↑このページのトップヘ