ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: フルーツジュース



ジュースよりも焼きそば!!

さてフルーツジュースというボードゲームがアークライトから日本語化されました。
ぱっとみた感じは普通のワーカープレイスですが、中身がレガシーシステムということで、まあ単にどんどん新しいアクションカードが出てくるだけ、とも言えます。でもランダムに切ったカードが出てくるイノベーションは雑とか言われて、順番に出てくるとレガシーシステムになる、っていうのもへんな感じですよね。
イノベーション好きとしては、是非レガシーシステムを導入したいところです(それって単なる積みこみじゃないですか?)
ところでレガシーって聞くといつもこの曲を思い出します。




ボードゲームの話に戻ります。

フルーツジュースはフリーゼの「ボードゲーマーよ、もっと何度も同じゲームをプレイしよう」というアンチテーゼじゃぁないか?と思うわけです。
504は似たコンセプトで見事にコケたわけですけど、今回はうまくいったようですね。

まあゲーム内容が子供向けワーカープレイスなので、レガシーシステムを搭載しなくても子供はなんども遊びたがるんじゃない?とか思うわけですが、楽しければ問題はないわけで、BGGで600位ですからこれはもうマストバイというしかないでしょう。




 
最近アークライトの作品はすぐ品切れになってしまうので、手に入れたい方は早めに買うと良いです。
ただアークライトの場合、品切れは一時的なものですので、時間が経てばいずれ入荷されます。

というわけで、待っている間は気長にマンションオブマッドネスでもプレイすれば良いのではないでしょうか?




【追記】
なるほど、フルーツジュースは結構わかりやすいゲームですね。
というのも「カードを多くもらえる動物が強い」というゲームですから、アクションを選ぶのが楽です。

まだ数回しかプレイしていないので、どんどん内容が変わっていくと思いますが、1日2~3プレイで地道に家族で進めていくのが楽しいゲームですね。

子供と一緒にプレイを楽しむコツとしては

「最初の数プレイはわざと負ける」

ではないでしょうか?笑

 



ジュースよりも焼きそば!!

さてフルーツジュースというボードゲームがアークライトから日本語化されました。
ぱっとみた感じは普通のワーカープレイスですが、中身がレガシーシステムということで、まあ単にどんどん新しいアクションカードが出てくるだけ、とも言えます。でもランダムに切ったカードが出てくるイノベーションは雑とか言われて、順番に出てくるとレガシーシステムになる、っていうのもへんな感じですよね。
イノベーション好きとしては、是非レガシーシステムを導入したいところです(それって単なる積みこみじゃないですか?)
ところでレガシーって聞くといつもこの曲を思い出します。




ボードゲームの話に戻ります。

フルーツジュースはフリーゼの「ボードゲーマーよ、もっと何度も同じゲームをプレイしよう」というアンチテーゼじゃぁないか?と思うわけです。
504は似たコンセプトで見事にコケたわけですけど、今回はうまくいったようですね。

まあゲーム内容が子供向けワーカープレイスなので、レガシーシステムを搭載しなくても子供はなんども遊びたがるんじゃない?とか思うわけですが、楽しければ問題はないわけで、BGGで600位ですからこれはもうマストバイというしかないでしょう。




 
最近アークライトの作品はすぐ品切れになってしまうので、手に入れたい方は早めに買うと良いです。
ただアークライトの場合、品切れは一時的なものですので、時間が経てばいずれ入荷されます。

というわけで、待っている間は気長にマンションオブマッドネスでもプレイすれば良いのではないでしょうか?




【追記】
なるほど、フルーツジュースは結構わかりやすいゲームですね。
というのも「カードを多くもらえる動物が強い」というゲームですから、アクションを選ぶのが楽です。

まだ数回しかプレイしていないので、どんどん内容が変わっていくと思いますが、1日2~3プレイで地道に家族で進めていくのが楽しいゲームですね。

子供と一緒にプレイを楽しむコツとしては

「最初の数プレイはわざと負ける」

ではないでしょうか?笑

 



見た目以上にエ〇い‥‥‥

はいはい
マスタープリントエディションかっこいいね
はいはい


さて、フルーツジュースの話です。

フルーツジュースはぱっとプレイしてみると、確かに地味なゲームです。
確かに私も家族でプレイをして7~8プレイまでは全員が同じターンで規定本数のジュースを作れるので

なんだかヌルいゲームだなぁ

と思っていました。

しかしターンがすすみ、サルやサソリが出てくるとだんだん1手の差が大きくなるゲームになります。
フルーツジュースは動物カード(地域カード)自体がネタバレですから、詳細を書いてしまうと面白さがスポイルされる恐れがあるので、書きませんけど。

というわけで、家族でプレイする場合はえぐいカードを使うのはやめておいたほうが良いでしょう。


誰でもプレイ可!!

さてフルーツジュースというボードゲームがアークライトから日本語化されました。
ぱっとみた感じは普通のワーカープレイスですが、中身がレガシーシステムということで、まあ単にどんどん新しいアクションカードが出てくるだけ、とも言えます。でもランダムに切ったカードが出てくるイノベーションは雑とか言われて、順番に出てくるとレガシーシステムになる、っていうのもへんな感じですよね。
イノベーション好きとしては、是非レガシーシステムを導入したいところです(それって単なる積みこみじゃないですか?)
ところでレガシーって聞くといつもこの曲を思い出します。




ボードゲームの話に戻ります。

フルーツジュースはフリーゼの「ボードゲーマーよ、もっと何度も同じゲームをプレイしよう」というアンチテーゼじゃぁないか?と思うわけです。
504は似たコンセプトで見事にコケたわけですけど、今回はうまくいったようですね。

まあゲーム内容が子供向けワーカープレイスなので、レガシーシステムを搭載しなくても子供はなんども遊びたがるんじゃない?とか思うわけですが、楽しければ問題はないわけで、BGGで600位ですからこれはもうマストバイというしかないでしょう。




 
最近アークライトの作品はすぐ品切れになってしまうので、手に入れたい方は早めに買うと良いです。
ただアークライトの場合、品切れは一時的なものですので、時間が経てばいずれ入荷されます。

というわけで、待っている間は気長にマンションオブマッドネスでもプレイすれば良いのではないでしょうか?



 


ルナが買えるといいにゃ~(ネコ科)

さて、すっかりGWも終盤に差し掛かり、悪い汗がだらだらと流れています。
すでに終わったときの喪失感で倒れそうです。

しかしそんなことに気にすることなく、オススメ中古ボードゲームをあげていきます。

○ルナ
→痛みに負けLuna。で有名な作品です(違う)
フェルド作品の中ではかなり上位だとおもいますが、ちょっと古いので入手しにくいです。
ここはゲームマーケットで探して見ましょう、駄目モトで

○マカオ
→こちらもフェルドの中では、レアゲー化している作品ですね。 

○トロワ
→再販がかかり入手しやすくなったのにあまり見かけないのは旧作だからでしょうか?
名作、と呼ぶにはかなりクセが強い作品ですので、注意が必要です(特に見通しの悪さが)

○チケットトゥライドメルクリン
→最強のチケットトゥライド

○レースフォーザギャラクシー日本語版
→日本語版が絶版になって久しいです


 
ちなみにファミコンなんてしらないよって方にアタリショックがなにか?と説明すると、

むかしアタリというメーカーがハードを出したんですが、大量の粗悪なソフトが出回って結局アタリはその後つぶれたり復活したりを繰り返して、テンゲンという会社になりました、めでたしめでたし

という話です(一部脚色)
ちなみにアタリもテンゲンも囲碁用語です(ATARIの語源がアタリなんですかね?教えてえらい人!!)


村の人生 日本語版








やんわり邪魔をするくらい?

まあ相手の邪魔をしつつも、自分の意思を盤面に反映することを主題としたアブストラクトはいいと思うんですよ、囲碁とか将棋とかチェスとか。

でも相手を邪魔するばかりのゲームだと、ひねくれた人間になるんじゃないか?と不安になるわけです。
まあ多少ひねくれていたほうが人生は楽しいのかもしれませんが(オイ)

というわけで、相手の邪魔をしにくいゲームを考えてみました。

○コンコルディア(少人数)
⇨広いマップを使うとお互いに別々の道に行くことができます。

○村の人生
⇨やれることがいろいろあるので、市場以外は取り合いになりません

○グラスロード
⇨カードの種類が多いので序盤をバッティングさせるのは難しいです。







アズールめがけて開幕ダッシュかけようと思ったら……

さて今年のキャブスはどうやら迷走したチーム作りをしているようです。
まあBSで見れなくなったから、試合は見てないので、成績しかわかりませんが。

ウェイド、ローズ、まあここら辺は出されても仕方ないとして、ビック3の一角であるカイリーアービンとトレードして獲得したアイザイアトーマス、シャンパートまで出すのかぁ、調子悪かったのかなぁ?
誰がシャンパートのかわりにディフェンスして、誰がトーマスのかわりに点取るんだ?とか色々妄想するのが楽しいわけです。

見ることができないNBAと積みゲーに似ています。
どんなクソゲーもプレイするまでは色々妄想できますからね。

さて、キャブスの話に戻すと、明らかにチーム作りに失敗しています。
せっかく取ったアイザイアトーマスを手放すのが早すぎるし、 レブロンがこのようなチーム作りを望んでいるとは到底思えませんが……今年はウォリアーズどころかイーストも制覇できないかもしれません。

一方ウェストに目を向けると、ウォリアーズとロケッツの2強になっています。
スパーズはクワイレナードの無期限休養が痛すぎますね。
昨年唯一ウォリアーズを苦しめたプレイヤーだったので、残念すぎます。
まあチームとしてのスパーズを応援しているわけではないのですが…

ウォリアーズはスタッツだけみるとディフェンスが悪すぎるのが気がかりでしょうか?
まあここら辺はプレーオフまでには修正してくるでしょうね。

ロケッツはハーデンとクリスポールの活躍でウォリアーズを脅かす存在にはなるでしょうけど、選手層の薄さが気になります。昨年同様、プレーオフでハーデンがガス欠する懸念がありますね。

というわけで、今年ウォリーアーズを脅かす唯一の存在は、サンダーですね。
サンダーもはっきり言えばウェストブルックとポールジョージだけのチームですけど、カーメロの頑張り次第で対抗することができるでしょう。




ワシ、大活躍?

さていまさらながら2017年度の日本のボードゲームシーンを振り返ってみると、やはり一番大きいのはアークライトの躍進、というかホビージャパンの凋落でしょうか?

たしかにアークライトは誤植も多いですが、2017は大作の日本語版が目白押しでした。
一方でホビージャパンのリリースした、というか和訳つきを出した作品は、パンデミックレガシー2、チケットトゥライド北欧の国々、アイルオブスカイニホンゴ版はありましたが、ドミニオンやアグリコラはすでに第2版で目新しさはありませんし、

バニーキングダム

狂気山脈

キーパー(1万円でボードゲームを買うほど、日本のボードゲーム文化は根付いていない)

リワールド(は間に合わなかった)

などなど比較的初心者に与えたらトラウマになってボードゲームから離れていきそうな作品も多くありました。

今のご時世、ボードゲーム販売店がどうなっても、ボードゲームマニアは海外から買うから別に関係ないかもしれません。
しかしやはり初心者は和訳版なり、日本語版を買うわけですから、ある程度のクォリティの作品をリリースして欲しいと思います。たとえばTakとか(←イチオシ)



 
今年も楽しくボードゲームをプレイしていきたいですね、そいじゃまたー 


品質とマッチングしていない

さて最近はインフレ傾向ですが、懐具合から考えると望ましくないです。
駿河屋も最近はあんまり安くない感じがしますが、気のせいでしょうか??

ダンジョンラッシュも冗談枠で買うならまだしも、カードのみでほぼ4000円の定価はいただけません。
というわけであまり財布に痛くないおすすめゲームを挙げていきます。

○カルタヘナ新版
→古いゲームなんですけど、実売価格3000円いかないですから、いいですね。


○古代ローマの新しいゲーム
→Theコストパフォーマンス。
一つ一つのゲームはMP(メンタルポイント)を削られるゲームが多いです。

○ファーストクラス
→カード中心のコンポーネントですが、内容から考えれば実売4,500円であれば結構お得だと思います。モジュールの組み合わせにより幾つかのパターンにゲーム性を変えることができるのも好印象です。







絶滅危惧種

初めてボードゲームをプレイする人にボードゲームの面白さを伝えるのって難しくないですか?
子供、あるいは学生くらいだったらパーティーゲームで

ウェ〜イ!!

ってなるタイトルを適当に出していればいいのかなぁ?とも思うわけですが、自我もすっかり固まった成人に魅力を伝えるのって難しい気がします。

まあ自我が確立しているほど、新しいものには興味がなくなりますから、なおさら難しいわけです。
そんな時はやはり2人専用ゲームで、相手に合わせて出すゲームを変えるのが有効ではないでしょうか?

タイプ1:他人と競いあうことが好きな方向け
→オススメはバベルです。
ウヴェ作品とは思えない豪快な調整ですが、ドンフライVS高山のような殴り合いが楽しめます。



タイプ2:頭を使うことが好きなインテリ向け
→オススメはパッチワークです。
ガチガチのアブストラクトでもいいですが、インテリの方は大概プライドが高いので、アブストラクトで負けると「もうやらない!!」となってしまうかもしれません。
ですので、勝ち負けを曖昧な感じでぼやかす(ヌル)パッチワークがオススメです。




タイプ3:駆け引き上手なジゴロ向け(←古い表現)
→オススメはクニチー作品全般です。
クニチー作品はメンタルポイントを削るようなジリジリとした駆け引きが特徴です。
アンギャルド、バトルライン、ブルームーンレジェンド、ここら辺で入手しやすいところを出すのが良いでしょう。

 

↑このページのトップヘ