ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: ワイナリーの四季



3位
チェスって意外と面白い、どころかすごく面白いので、見直しました。
将棋はどちらかというと展開が遅いので、途中で間違えるとどうしようもないですが、チェスは間違えると

すぱっと首を切られる←結局負けるんですね

ので気持ちよくなります(ドMです)。


2位
ドキ!?転売ヤーだらけのワイナリーの四季トスカーナが、ゲームマーケットではダダ余り
(サイズ拡張もたくさんあるよ)

1位
アンドロイドネットランナー展開終息


次点

(ボードゲームで)遊ぶときは

(しっかり)ゴム(紐)をつけて

(ボードゲームで)遊ぼう!!

上半期はアズールにはじまり、トスカーナが中継ぎをして、最後はサイズの抜きが甘い問題で閉める、というアークライト様一色でしたね(そう?)

この調子で下期にはテラフォーミングマーズの再販をよろしくお願いします。


 


不自然さを感じる

まあボードゲームカフェがどんなゲームを大賞に選んでも、別に興味はないのですが、やはり人が選んだ賞にはあまり価値はない、そんな気がします。

結局自分が選んだものが一番良いわけで、それに加えて一緒にプレイした人が同じものを選べば、ボードゲーマー冥利につきるのではないでしょうか?

さてサイズが大賞?という気持ちはやはり否めません。

①万人受けするとは思えない世界観

②フィギュアを塗ってこそ愛着が沸く

③価格が一般向けとは言えない

④多人数ではじめて真価を発揮

ここら辺が「ボードゲームをはじめる人には敷居が高く感じる」ところでしょうか?
そういう意味でいえば、アズールや宝石の煌めき(スプレンダー)あたりを選んでおくのが無難じゃない?
という気はしないでもありません。

私だったら何を選ぶか?

そうですね‥‥‥‥‥やっぱりGWTかグランドオーストリアホテル(二人限定)ですかね??

グランドオーストリアホテルは結構お高いと思いますけど‥‥‥


駿河屋とAmazonは瞬殺だし〜

さて、アフィリエイターは当然アフィリエイトできるサイトに群がります。
これは明かりに虫が集まるのと同じで、習性です。

アフィリエイターはSNSを利用して情報を拡散しますから、転売ヤーだろうが誰だろうが一瞬で情報が伝達されて、瞬殺されるわけです。

というわけで、おすすめしたいのが、ヨドバシカメラのサイトです。

ヨドバシカメラにアフィリエイトはありませんから、アフィリエイターは近寄りません。
ここにチャンスが生まれます。

そしてヨドバシカメラは発売前にすぐ予約終了と出ますが、実際はかなりの在庫を販売しているようです。
実際ワイナリーの四季トスカーナも21時頃までは在庫があり、幾らでも買える状態でした。
店舗でも買えましたし。

是非どうしても入手したいタイトルがあったらヨドバシカメラを調べてみましょう。



 


23時。在庫なし、なぜなのか

 世の中転売ヤー天国です。
21時過ぎにあった在庫がわずか2時間で空っぽって異常ですよね。
しかも拡張だけ。

これはアークライト様も売り方を考えたほうが良いですね。
完全受注生産にするとよいですね。 


ワシを買うがよい……


Amazonでサイズが再販ですね、こちらから買うといいですよ







そいじゃあまた〜

















「そいじゃまた〜」じゃねぇよ!!
転売ヤーしかいねぇし!! 

なんでアークライト様の商品に転売ヤーが群がっていんだよ!!
みんな「エラッタ」嫌いだろ、「アプリを日本語化しない」からアークライト嫌い、っていってるじゃん!!!
とばっちりで、トスカーナもなんで定価以上になってるんだよ、買えねぇじゃん!!!!

ハァハァ…………せっかくの休日なのに興奮してしまいました


転売ヤーに悪態をついてストレス物質を脳内に発生させても、良いことはありませんから、ものは考えようです。

サイズを買わない理由を考えてみると……

①ベスト人数が4人以上なので、稼働率が低い
⇒クローズで4人以上集めるのは結構大変です。 
また流石のひとり上手でも、1人4役はかなり辛いので、ひとりプレイもしにくいです。

②フィギュアがついているので、塗るのが面倒
⇒これは逆転の発想で、普通は塗るのが楽しいと考えるわけですが、塗るのが面倒と考えると途端に欲しくなくなります(そう?)

③結局マルチゲームでしょ?
⇒①と関係していますが、3人で1人を止めようとすれば幾らでも止める手段があるゲームです。
つまりマルチってことです。

ほらだんだん欲しくなくなってきたでしょ?えっまだ欲しい?じゃあ転売ヤーから買うしかありませんね

結局買うんですね


まあどうしても欲しければ転売ヤーから買えばいいと思うんですよ。
確かに転売ヤーから買うとアークライト様の売り上げにはなりませんが、中古商品全般にいえることです。それに相手が転売ヤーとはいえ、サイズが完売すればアークライト様の売り上げにつながります。

サイズのおかげでアークライト様が過去最高収益になったら、リリースされるラインナップが増えて、諦めていたインペリアルセトラーズ拡張が出るかもしれませんし(それより先にリリースすべきものがあるのでは……)





そして

ボードゲームはサイズだけじゃありません

当然ですけど。

そして

ボードゲームはトスカーナだけでもありません 

当然です。

というわけで、転売価格になっていないおすすめ作品を挙げていきたいと思います。

○コンコルディア
⇒「コマたくさん、カードほどほど、ボード綺麗」という、名作のお手本のようなボードゲームです。
全体的に安心の供給量で転売ヤーが発生していない点も素晴らしい。
ゲームの内容は、アクションをカードで行う簡易さと、初期ランダムマップから最適な販路を考察する複雑さを併せ持っている点が、初心者と上級者の共存を可能にしており、素晴らしいです。
勿論勝利点でゲタを履かせるのは言うまでもありません
 
他にも多数のマップ拡張が出ており、このマップの選択により2〜5人まで楽しめる点もサイズにはない魅力といってもよいでしょう。

○スルージエイジズ
⇒超重量級歴史ボードゲーム。ボードゲームとは名ばかりのカードゲームです。
数少ないBGGでサイズよりランクの高いゲームです。
他に類をみない圧倒的なボリュームとプレイ時間がかかり、3人が適正人数とされています。
ゲームの内容は歴史上の有名な人物や建造物を使って勝利点を稼ぐ、というざっくりとした流れになっています(適当)


まあこれらのゲームを両方買っても転売価格を下回りますから、安心して(?)買えますね!!










 


「トマトジュースがない!!」

コーヒーがない!!と暴れる気持ち、とてもよくわかります。
昼休みにのむ缶コーヒーは最高ですからね。

しかしボードゲーマーたるもの「○○がない」と暴れる際には、ボードゲームのタイトルを叫びたいところです。

電車では騒がないと子供の時にならいませんでしたか?

○ダイスエイジがない!!
⇒大丈夫です、ダイスゲームがしたければダイスシティをプレイすればよいですし、原始人ゲームがプレイしたければストーンエイジで無問題です。


○タルギがない!!
⇒大丈夫です、拡張はたくさん余っていますからね(プレイできませんが……)

○インディアンサマーがない!!
⇒大丈夫です、パッチワークもクマ牧場もコテージガーデンもありますから……


ボードゲームは代替可能なゲームばかりでした。
やはり暴れるにはコーヒーが必要みたいです……






 


即完売(大げさ)

最近、再販されたボードゲームがすぐに売り切れているような気がします。
ワイナリーの四季も半年程度でなくなりましたし、あっでもいつまでたってもエルドリッチホラーが残っているのは……ま、まあクトゥルフ神話は特殊な素材なので、なかなかメジャーどころと比較するのは酷というものです。
 
これだけ早く売り切れる、ということは、結構多めに刷っても大丈夫だと思いますよ、アークライト様!!
というわけで、再販されたら、テラフォーミングマーズとフルーツジュースあたり買いたいと思います。

勿論カードのエラッタは修正されるんですよね??





 

↑このページのトップヘ