ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: ボードゲーム新作



クラクラのクランで追放される

久し振りにクラクラで、クランに入るか〜と
ダークチェリーというクランに入ってみたのですが

1週間で追放される無能ぶり

を発揮しました。 

バスターを使わなかった
チャットを確認しなかった

等が原因らしいです。

すまん、働きながら7時間おきのチャットを確認するのは辛いのだよ、せいぜいクラロワの宝箱を開けるのが限界なのだ

仕事中になにやってるんだか………



閑話休題、そしてなによりも大きいのは

2年以上野良なので、クランゲームやクラン戦の勝手がわからない


という見事なウラシマ太郎ぶりです。

でもクラクラが嫌いになるか?というとそうはならないわけですが、たかがクランでも


オレ、悪いことしたかな?

となるくらいですから、対面で「出禁です」とか人格全否定のボードゲーム会出禁あたりをされたら、

そりゃあ人格も歪むわ

となります。

ですから、安易に出禁という処置は考えた方がいいかも知れませんね。最近は自暴自棄になる若者も多いと聞きますし、いきなりグサリとやられたら元も子もありません。ボードゲーマーは戦闘力低そうですからね笑


ところでみなさん、キャッチーですか?ケンビルです(掴みはOK??)
最近ボードゲーム成分は足りていますか??

私はどちらかというと重ゲーが好きなんですが、最近軽ゲーのエルガウチョがお気に入りです。
これなら小学校低学年でも遊べますしね。

そういえばこの間、川沿いを走っていたら、意外とアベックが多くて「まだまだ楽しめますなぁ~」とか思っていたら、目の前から女子高生の制服を着たひげ面の若い男が段ボール箱を持って現れました(実話)。

世の中意外と奥が深いので、安易に他人を出禁にするのは良くないな、って思いました。







私の研究によれば、最近の日本では核家族化が進んでいるそうだ……

昨年のサイズやクトゥルフウォーズあたりからなんとなく感じていたのですが、ちょっと最近のアークライト様は多人数ベストなゲームが多すぎる気がします。いや、ほんと、雑感ですけどね。

トワイライトインペリウムに至っては

6人!!

こんなに人を集めるなんて、会社でボードゲーム部を立ち上げるしかないじゃないですか!!

………!!!!!!!!!!!


なるほどアークライト様は

会社でボードゲーム部を立ち上げて、無理矢理「スイスイ水曜日あらため、スイスイボードゲーム日」を作り、「ボードゲームをプレイすると残業も減って、(そして業績も下がって)給料が減る」ということを実践させたいわけですね、わかります(わかりません)

まあトワイライトインペリウムはBGGで調べるとルール難易度も4以上あるようですから、簡単にいえば「ガイアプロジェクト並に難しいゲームを理解できるボードゲーマーを6人用意する」という、テストプレイなんてしていないよ、でこんなお題が出たらまずクリアできない難題を解決することからスタートしなくてはいけませんね







 


1D771450-FFB2-41EA-94F1-8ADBBAC8E311
今更感がハンパない件について

ヘブンアンドエール日本語版がとうとう発売になりました。
私は安さにつられて、うっかり日本語ルール無し版を買ってしまったのでルールを各サイトで勉強中です。
というわけで、日本で一番アクセス数があるだろうニコボドを参考にすると………

特殊カードの使い方が書いてないので使い物になりませんねぇ~

史上最悪の発言

さてこういう時は落ち着いてググったり、

〇〇(ゲームタイトル)+サマリー

とかで検索すると良いのでおススメです。
ルールをソラで言えるように一人で何度も回すのも重要です。

さてこのヘブンアンドエールの骨子についてですが、




クラクラのクランで追放される

久し振りにクラクラで、クランに入るか〜と
ダークチェリーというクランに入ってみたのですが

1週間で追放される無能ぶり

を発揮しました。 

バスターを使わなかった
チャットを確認しなかった

等が原因らしいです。

すまん、働きながら7時間おきのチャットを確認するのは辛いのだよ、せいぜいクラロワの宝箱を開けるのが限界なのだ

仕事中になにやってるんだか………



閑話休題、そしてなによりも大きいのは

2年以上野良なので、クランゲームやクラン戦の勝手がわからない


という見事なウラシマ太郎ぶりです。

でもクラクラが嫌いになるか?というとそうはならないわけですが、たかがクランでも


オレ、悪いことしたかな?

となるくらいですから、対面で「出禁です」とか人格全否定のボードゲーム会出禁あたりをされたら、

そりゃあ人格も歪むわ

となります。

ですから、安易に出禁という処置は考えた方がいいかも知れませんね。最近は自暴自棄になる若者も多いと聞きますし、いきなりグサリとやられたら元も子もありません。ボードゲーマーは戦闘力低そうですからね笑


ところでみなさん、キャッチーですか?ケンビルです(掴みはOK??)
最近ボードゲーム成分は足りていますか??

私はどちらかというと重ゲーが好きなんですが、最近軽ゲーのエルガウチョがお気に入りです。
これなら小学校低学年でも遊べますしね。

最近川沿いを走っていたら、意外とアベックが多くて「まだまだ楽しめますなぁ~」とか思っていたら、目の前から女子高生の制服を着たひげ面の若い男が段ボール箱を持って現れました(実話)。

世の中意外と奥が深いので、安易に他人を出禁にするのは良くないな、って思いました。






ゴミだったぞう‥‥‥‥

いやぁ、やはりシャハトはヘルヴィグを出してしまった時点で、もう終わったゲームデザイナーだったんですね。
ピザモンスターをプレイするくらいなら、10円3個でサッカーゲームをしたほうがマシですのでプレイしないほうが良いでしょう‥‥

しかも箱が意外と大きくて草!!
これならアズールを買ったほうがマシで草!!!
ピザーラでピザを買って食ったほうがマシで草!!!!

横浜ヨドバシカメラはまだアズールが5個くらい余っているので是非買いましょう!!

アズール紹介記事はこちら




アズール 日本語版


ホビージャパン
2018-02-24



ニコボドのアフィリエイトはちょっと酷くないですかね?
ピザモンスターみたいなゴミを初心者が買ったらもうボードゲームなんか二度とプレイしなくなるような気がします。
 

ごいたカード (Goita card) カードゲーム
アークライト
2017-06-24






心の中は、グーパンチ一色!!

結婚していると、相手の実家に帰る必要も出てくるわけです。
で見ず知らずの場所のお祭りなんかに参加させられて、ほとんど話したことがない人と

「今日はお休みですか?」

とか聞かれて

「いや、普通のサラリーマンだと土日は休みですが何か?」

と思いながらも

「そうですね」

とにこやかに答えるしかない、というまあしょうもない

「お仕事」

をしなければならないときがあるわけです。
まあ、ボードゲームの「お仕事」もこんな感じかもしれませんね。

そして、そういうお仕事は、なぜか妻だけ

「しない」

わけです。

じゃあ「お仕事」をしないプレイヤー(=妻)に「なんでお仕事しないの?」とは言えないわけで、つまり、相手はお仕事をしなくても自分はするというのが、ボードゲーマーとしての心意気だ!!なんて考えだすと、勝率が下がってしまう感じがするのです。

さてボードゲームではない、「お仕事」の話です。

そんなどうでもいい祭りに出ることになった時には

盆踊り

に限ります。
何しろ踊っている間は踊りに集中できますからね。

誰も

話しかけてきませんから。
ヴィヴァ盆踊り!!

追伸:今年も一心不乱に盆踊っていたところ、見知らぬおばあさんから
「おどり上手ね」
と褒められました。炭坑節最高ですね!!




ヘッドショットした瞬間がタマらないのです(病気?)

FallOutボードゲームは案の定再販もされ、きっと大した評価もされないまま、フェードアウトしていきそうです。
ヨドバシカメラでも何度か見ましたが、特に欲しいとは思いませんでした。
だって



レイダーをハンティングライフルでヘッドショットできない




じゃないですか!!
私は「FallOutのどこが好きか?」と聞かれたら、「ヘッドショットが3度の飯より好き」なのです

なのです!

なのです!!

なのです!!!








ちなみにレイダーとは「ならず者」で、北斗の拳に出てくるヒャッハーな方々なんですが、生意気にもレベルが上がってくるとロケットランチャーを使ったりするので、意外と侮れません。

そんな完全武装した悪党にハンティングライフル一本で立ち向かうなんて、かっこいいじゃないですか!!
もちろん科学の力(VATS)の力をフル活用してヘッドショットするわけですが……

さて、そんなFallOutですが、意外と原作を知らないのに買う方も多いみたいです。
本当に楽しめるのだろうか?と首をかしげざろうえません。
それって適当に「面白そう!」とか言っていませんか?

そりゃぁ、そうですよ、原作もしらない、ボードゲームしか知らない人間が「レイダーをヘッドショット」することに楽しみを見いだせるか?といえば

None!!

と言いたくなります。(←FallOutの魅力はヘッドショットだけなの?)

まあFallOutのメインシナリオは特に面白くもないので(オイ)、ここら辺はボードゲーム向けに、ライターが変われば変わると思いますが‥

最近、家族が全くボードゲームをプレイしてくれなくなったので、一人でもプレイできるFallOutボードゲームもいいのか……まあそれならFallOut4をプレイするためにPS4を買えばいいんじゃないか?という気がしますが……


Fallout 4: Game of the Year Edition 【CEROレーティング「Z」】 - PS4 

ベセスダ・ソフトワークス
2017-09-28


まずは落ち着いてBGG!!

ボードゲームを購入するとき、迷ったら…私の場合、BGGを参考にすることが多いです。

こんなゲームはBGGで評価が高かったゲームです。

グラスロード紹介はこちら

ジャイプル紹介はこちら

ファイブトライブス紹介はこちら

ポリス紹介はこちら

BGGとはBoard Game Geekの略で、殆どすべてのボードゲームを網羅しているサイトです。

英語のサイトなので、ちょっと抵抗がありますが、簡単です。

TOPページにアクセスしてBrowse⇒database⇒gamesを選ぶだけで、投稿者によるレビューランキングが確認できます。

またベストなプレイ人数なども確認することができるので便利です。 

【なぜBGGなのか?】
日本語のゲームブログやツイッターでの評判が参考にならない理由は、プレイ回数不足に原因があります。

昨今のゲームはシステムが複雑化しており、1回や2回のプレイではとてもシステムを理解できません。

将棋や囲碁のルールは簡単ですが、ルールだけではプレイできないのと同じです。
昨今の流行りのゲームは、悪く言えば一見さんお断りなゲームが多いのです。

私はやり込みがいのあるゲームが好きなので、プレイ回数の母数が少ないゲームレビューでは参考にならないです。 

というわけで投稿者が多いBGGを利用するのが一番手っ取り早いのです。


【BGGを利用する注意点】
・アメリカバイアスがかかっている
⇒トワイライトストラグル(冷戦がモチーフ)が1位を取る時点で、アメリカバイアスが かかっています。
これは、ボードゲームという遊びにおける評価が、テーマと密接に関係しているからです。

2015年度の国際ゲーマーズ賞で”我ら人民”が投票で大賞を獲得しました。
我ら人民は良いゲームですが、 冷戦下の西ドイツと東ドイツをテーマにしている時点でドイツ人には高評価をつけやすい作品になっていることは間違いありません。
逆に日本人が見ても、イベントカードの殆どを理解できないので、魅力は半減してしまうでしょう。

また明らかに日本人の好みと異なる点もあることは考慮したほうが良いでしょう。

パッと思いつくところで、
①長時間ゲームがマイナス要素にならない

②英語表記がマイナス要素にならない

③直接攻撃がマイナス要素にならない

④SF(特にスターウォーズ)やファンタジーをテーマにすると評価が上がる

などは考慮した方が良いでしょう。

しかしこのような欠点は些細なものです。
何故なら自分で①〜④のフィルタをかけた上で、レビューを確認すればいいからです。

また書いてあるレビューは英語ですが、ヨーロッパ人の書いた英語は読みやすいので、勉強がてら参考にするのは如何でしょうか?








カミハインドニイマシタ

ガンジスの藩王はカーリー(←シヴァじゃなかった笑)が箱絵になっているだけあって、神ゲーでしたね!!
そいじゃぁまた~♪




ガンジスの藩王はかなり不思議なゲームですね。
有識者の感想をググってみると

〇フラグを切った次のターンまでできないので、不完全燃焼

〇一気に緑に勝利点とお金を稼がれて、捲られたので、モヤった

などのネガティブな感想があります。
しかし、これらの感想は

ガンジスの藩王がどういうゲームか?

を理解していない。
これに尽きると思います。


ガンジスの藩王は

①名誉点とお金を交差させてから最大に広げたプレイヤーが勝者

という他に類を見ない勝利条件です。
そして

②名誉点とお金を交差させたら、残りプレイヤーがプレイして終わり

という他に類を見ない勝利条件です。
これはルールブックに書いてあります。

②はスピードレースの要素ですが、①の要素があるために名誉点とお金を稼ぐ「量」も必要になります。

つまり

②になる前に、最大限に名誉点とお金を稼げる状態にして、一気に①を達成してゲームを達成する。

という瞬間風速的な量を稼ぐ準備を求められるゲーム、といっても過言ではありません。

そして、いつゲームを終わらせるか、そして誰が終わらせることができるのか?を周到に組み立てる必要があります。これは勝利点を稼ぐゲームでは味わえない楽しさですね。

スプレンダー(宝石の煌めき)に無理やりあてはめるのであれば

15点とったらゲーム終了、でも勝利者は15点+余剰点

みたいな感じでしょうか?(雑駁)

というわけで、ガンジスの藩王はスピードレースにありがちなスピード重視だけではなく、ヨセをうまくプレイしないと勝てない、という見た目のちゃらんぽらんさとは裏腹に(山盛りダイスだし)独特なプレイ感といえます(そもそもダイスというランダム条件があるため、スピードは運次第といえますが‥)。

盤石な拡大再生産を目指すとお金がかかるので、スピードレースに負ける。
でもスピードばかり重視すると途中で息切れする。

かなり中途半端なプレイが必要ともいえます。

ということで、普通のワーカープレイスがしたい、普通の拡大再生産がしたい方には向かない作品といえます。
そういうゲームはウヴェ様でもサンクトペテルブルクでも、プレイするゲームはいくらでもあります。

しかし普通のワーカープレイス、拡大再生産、タイル並べ、ダイスプレイスに飽きた方には良いゲームといえます。
何が良いか?って

ヨセ以外の最善手があいまい

ってところが、アドバイスされにくそうですからね。
ダイスが絡んでいるところもありますから、外野という名の有識者が

次のアクションは◯◯です

いえ、ダイス次第です

と立ち回ることができますからね。


Brand, I: Rajas of the Ganges



Inka Brand
Huch & Friends
2018-05-01


異常な量

サイズ拡張第2版がとうとう発売になりましたね。


なんかボードゲームの知識がなくても

①とりまボドゲで、に登録

②通知がきたタイトルを片っ端から予約

③すぐに売り切れになったら、実際に仕入れて高値でリリース。
もし売り切れにならなかったら、すぐに注文取り消し。

これで一人前のボードゲーム転売ヤーになれそうです。

まあアフィリエイターにとっては相手が転売ヤーだろうが、関係ないですし。











 

↑このページのトップヘ