ふたりでボードゲーム

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

カテゴリ: 自腹でこそ初めて本音で語ることができる

39190117 - Bueckelaer A
週末があまりに暇すぎるのでまあいろいろとダイスゲームをプレイしていましたが、殆どのダイスゲームは引き直し前提ですから、なんとなく骨子は似ています。

となると個性の出し方はやはりストーリや設定です。
ぜひホビージャパン様には再生産していただきたいタイトルです。

ちなみに一番簡単にしてもかなり難しいので(1手差で勝てました)、これを高難易度で勝てる方はよほどダイスの神様に愛されていることでしょう。





こっちはダイスなしなので奉行問題がいつも取り上げられます。






西フランクル王国の建築家も出るのか!!これは開幕ダッシュするしかないな!!!

さてケンビルのゲームマーケットラインナップが出ましたね。
大して期待もせずにみていたらなんと!西フランク王国の建築家がリリースされます。
BGG100位以内ですから、これは紛れもない名作でしょう、プレイしなくてもわかります

わかりません。

というわけで、さっそくBGGで調べてみるとなかなかの王道ワーカープレイスのようです。
邪魔をする要素も少ないので、初心者と混ぜても良いかもしれません。

私は2日目しかいけないので(まだ行くことも確定していませんが)、買えないかもしれませんが、まぁ残っていたら買ってもいいですかね?

さすがにBGG100位以内で大きく外すことはないでしょう。

そいじゃぁまた~♪



そりゃサンプルを貰って、本音レビューができるのか??
といえば

忖度

せざろうえません。
というわけでプレイした所感としては

○グレンモア2はグレンモアがあればいらない

○この値段を出すのであればブラスを買ったほうがよい





こんなところでしょう。

↑このページのトップヘ